再就職することが不安で怖い。ブランクが長い時に仕事復帰に向けてどうすればいい?

再就職することが不安で怖い。ブランクが長い時に仕事復帰に向けてどうすればいい?

出産、子育て、介護、病気などの理由から仕事を辞めて、しばらく時間がたってから仕事に復帰することを考える人も少なくはないでしょう。

仕事のブランクが長いことによって、中々仕事を見つけにくくなるという問題もありますが、それより何より自分の仕事への不安が一番の問題かもしれません。

関連:無職期間が長い場合に転職は不利になる。空白期間の理由はなんて言う??

関連:仕事がないというのは本当か。自分にも原因がないかも考えてみよう。

仕事のブランクが長ければ長いほど復帰することが不安になる

いざ復帰となる時、こんなことを考えてしまうのではないでしょうか。

  • 上手く仕事ができるだろうか
  • 前のように働けるだろうか
  • 体力がついていくだろうか
  • 年齢相応の仕事ができるだろうか

ただでさえ新たな環境に飛び込むというのは不安な中で、仕事から離れていれば離れているほど、ブランクが長ければ長くなるほど、復帰に対する不安で怖い気持ちはさらに強くなってきてしまいます。

その気持ちを抱くのはいたって普通のこと。何もあなた自身の問題ではありません。

とは言え、その気持ちに打ち勝たなくては実際に復帰することはできません。

仕事復帰に向けて

仕事復帰に向けて、不安な気持ちから解放されたいと思うのは当然のこと。

ただ、その不安から完全に解放されるのは実際に仕事を始めてみてからであり、幾分かは不安を受け入れなくてはなりません。

とは言えあまりに不安になりすぎて、夜も眠れないくらい悩んでしまったり、せっかく働くチャンスがあるのに棒に振ったりというのはやっぱり避けたいこと。

できる限り不安な気持ちを軽減するにはどうすればいいでしょうか。

大変なのは最初の1ヶ月

仕事に復帰した人は誰だって最初は不安な気持ちを抱えているものですが、実際に働きだした人に聞いてみると、やっぱり最初の1ヶ月は大変だったみたいです。

ただ、1ヶ月もたてば慣れてくるという人がほとんど。

5年以上もブランクがある人でも、意外に仕事のやり方などは体が覚えていて、なんだかんだでしっかり仕事ができるようになるものなんです。

ですから最初の1ヶ月は大変だということは覚悟しなくてはなりませんが、なんだかんだで慣れるものだという割り切り方も重要かなと思います。

すぐに辞めることになったってかまわない

仕事を始めることに対して、非常に強い覚悟を持つ人もいますが、そんなぎりぎりのことを考えなくたっていいんです。

無理なら無理で辞めたっていいんです。

もちろん、ちょっとは耐えることも必要になる時はありますし、社会人としてせっかく採用してくれた会社をすぐ辞めることに対して申し訳ないと思う気持ちを持つことは大事。けれど退職することは権利としてあるわけで、無理なら無理で辞めるという選択肢は常に持っているのです。

とりあえずフルタイムで働いてみて、無理だったら辞めて派遣社員なり契約社員としてちょっと勤務時間を減らした働き方をすることすればいいし、

逆にフルタイムで働く自信がないなら最初は緩やかに働くなんて方法でもいいんです。

いずれにしろ何もしないよりは一歩前進。

結局働いて良かったと思う人も多い

ブランクが長い人にとって、仕事をすることはかなり勇気のいることかもしれませんが、実際に働いてみると働き出して良かったという人が非常に多いんです。

生活にはりがでたり、人生が充実したりと、収入を得られること以外のメリットも多々あります。

働くことをネガティブなことと捉えるのではなく、むしろ楽しみにするということを意識することも大切です。

まずはやってみる

まあ何はともあれ、とにかくやってみることです。

最初は不安だったけど、慣れたら大丈夫だったということがほとんど。

上述したようにすぐに辞めることになっても構わないというくらいの気持ちでとりあえずやってみればいいんです。

別にだめだったからと言って、何か大変な目に合うわけではありません。

子育てとの両立がやっぱり難しかった、仕事をするのが辛くて仕方がなかった、そんな風に感じたら、また仕事と生活を考え直してみればいいだけのことです。

結局は働く前から考えに考えたって、全てを解決することなんてできることではありません。

だめな可能性もあることを受け入れて、とりあえずやってみることが必要です。

まずは就職活動から

何はともあれ、働き出すには仕事を探す必要があります。

不安になるのは仕事が決まってから。決まる前に不安になってもどうしようもありません。

仕事のブランクが長くなってしまうと、一般的には仕事を見つけるのは大変となるといわれています。

確かにそれは事実ではあるんですが、最近は超売り手市場になっていてブランクがある中でも割と仕事は見つけやすく、正社員として働きたいのに最初からあきらめてしまう必要なんてありません。

就職活動をするにあたり、転職サイト、転職エージェントは上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利であるといえるでしょう。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

もし緩やかに働きたいと考えているなら、それにあった働き方ができる契約社員の仕事も紹介してもらうことが可能です。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。私の中で利用してみて満足度が高かったサイトは以下の4つです。

業界内で上位3位以内の転職支援サービスです。

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:中小企業への転職は不安になるほどリスクは高くない。優良中小を見つけ出そう。

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ