将来に不安を感じて転職。いつすべき?面接で転職理由はどうする?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

将来に不安を感じて転職。いつすべき?面接で転職理由はどうする?

今の会社で今の仕事を続けるのは不安、あまり良い将来が想像できない。

そんな悩みを抱えてる人は少なくないと思います。

およそ40年にも及ぶ会社生活。会社がずっと安定してくれて、仕事にも恵まれて安心かつ満足して働くことができればもちろんベスト。

ただ多くの人はそんな風に会社生活を送ることはできません。

だからこそ時には早い段階で決断しなくてはいけない転職。

少しでも将来のリスクを下げる為、満足行く仕事生活を送る為、転職という選択は常に持っておく必要があります。

関連:中小企業から大企業に転職を成功させた人の体験談、安定、高年収を手に入れた方法とは?

関連:仕事を辞めたいけど勇気がでないという人は注意。その先の後悔が見えていますか?

今の会社で今の仕事を続けることに不安を感じていませんか?

まだまだ先の長い会社生活。

多くの人が今の会社で今の仕事を続けることに不安を感じている人がいるでしょう。

大手企業ですら経営不振によるリストラを行うような状況。今の会社が今から10年後、20年後まで続いているかなんてわかりません。

そして中小企業の場合だとさらにリストラ、倒産のリスクは高くなります。

実際、全転職者のうち倒産やリストラといった会社都合を理由に仕事を辞めることになった人の割合はおよそ6%にものぼります。

だからこそ不安になるのも当然。

若いうちならまだなんとかなるとしても、例えば50代になってから倒産、リストラされたら転職できるかもわからないし、できたとしても大幅な給料減を余儀なくなってしまいますから。

また業界自体が衰退してしまうことに不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

まだ業界が衰退していなければ経験を活かして転職することができるかもしれませんが、業界自体が衰退してしまうと未経験者として転職せざるを得なくなります。

会社の将来に不安を感じて転職する人は非常に多い

人間関係が上手くいかない、年収が低い、休みが少ない、仕事にやりがいがない。

こういった理由で転職する人は確かに多いのですが、同様に会社の将来に不安を感じて転職を決断する人は非常に多いのが現実。

厚生労働省の「雇用動向調査結果の概況」によると、男性転職者が前職を辞めた理由の上位5つは以下の通りになています。

  1. 給料等収入が少なかった・・・12.2%
  2. 労働時間、休日等の労働条件が悪かった・・・9.5%
  3. 会社の将来が不安だった・・・8.4%
  4. 職場の人間関係が好ましくなかった・・・7.2%
  5. 仕事の内容に興味を持てなかった・・・5.1%

転職理由として第3位、11人に1人程度が会社への将来への不安から転職に踏み切っているのです。

転職はいつするべき?

ただ多くの人は転職はいつするべきなのか、今転職してしまって大丈夫なのかと悩む人は少なくないと思います。

今の会社がここ数年赤字続きだったとしても、もしかしたら画期的な商品がでて黒字になり会社も成長していくかもしれません。

現在安定していて将来性もあると思っていた会社に転職できたとしても、不祥事などで一気に会社が落ち込んでしまう可能性もあります。

将来どうなるかなんて確実にわかるわけがありません。ですから100%の確証を持って行動を起こすなんてできません。

ただどちらの方がリスクが高いか、どんな会社であればリスクが低いかというのはある程度予測することはできるはず。だったらリスクの低い方をとるべきです。

だからこそ不安を感じているならまずは今すぐ転職活動をしてみるべき。

転職活動を行い、今の会社と比較して将来的に安心できると思える会社に転職できるならすれば良いし、リスクが変わらなそうな会社に転職できなさそうなら今の仕事を続ければ良い。

転職するかどうかを決断するのはそれからでも遅くはないはずです。

転職活動に向けてすべきこと

では最後に転職活動に向けてすべきことをいくつか紹介します。

転職サイト、転職エージェントへの登録

転職活動においてまずすべきは転職サイト、転職エージェントへの登録です。

有効活用すればこれだけで転職すべきか今の仕事を続けるべきか判断することができます。

転職サイトのスカウト機能や市場価値診断を使えば自分がどういった会社に転職できる可能性があるかをある程度知ることができるし、転職エージェントを使えばどういった会社を紹介して貰えるかによって見極めることができるからです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

面接での転職理由について

面接では必ずと言っていいほど転職理由について尋ねられます。

今回のように将来が不安だからという場合、伝え方については気をつけなくてはなりません。

現在の仕事に対する批判は避けるべき

転職理由を伝える際、現在の仕事に対して批判的な発言は良い印象を与えません。

ですから会社の将来が不安、会社の先行きが不透明、赤字が続いている、新しい取り組みをしていないなどと言ったことだけをストレートに言うことは避けましょう。

前向きなものへと切り替える

勘違いしてはいけないのは、会社の将来に対する不安という理由をのものが悪いわけではありません。

ただ伝える際に工夫し、批判的な発言とはならないようにした上で、転職自体が前向きなものとして捉えられるように何がしたい、どうなりたいかという点も加えることが必要です。

最後に

転職したら後悔するのではないかという不安な気持ちがあるのもわかります。

ただ現在の会社に対して将来の不安を感じながらも転職せず、結局その不安が的中してしまえば、その時には転職しておけばよかったと後悔するということも忘れてはいけません。

だからこそ、ぜひこの機会に転職活動をスタートさせてください。



このページの先頭へ