仕事の不安、悩み。どうすれば解消出来る?

仕事の不安、悩み。どうすれば解消出来る?

仕事をしていると、仕事に対して不安を持っていたり、仕事の悩みを抱えるなんてことはよくあります。

おそらく誰にでもあることではないでしょうか。

そういった仕事に不安、悩みをうまく解消できたり、モチベーションに繋げることができればいいのですが、

そう上手くは行かず、不安を持ち続け、悩み続けてしまう人もたくさんいます。

ただ、そうなってしまうと仕事だけでなく人生そのものがつまらない、辛いものとなってしまいます。

今回は、仕事の不安、悩みを解消する方法を紹介していきます。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:社内ニート、窓際族、社内失業。仕事がない状態から脱出するには?

スポンサーリンク

仕事の不安や悩み、どんなものがある?

仕事の不安、悩みにはどんなものがあるのでしょうか。

よくあるものに以下のものがあげられるでしょう。

こういった仕事の不安や悩みは誰もが抱えているものです。

もちろん、そのこと自体を解消することが一番の解決策ではありますよね。

例えば、

人間関係がうまくいかないなら、うまくいくように変える。だとか

出世できるかわからないなら、間違いなく出世できるように評価をあげる。だとか。

ただ、こういったことは、自分一人の力ではなかなか解決することができないことばかりです。

ですから、そのこと自体を解決するのではなく、自分の中でその不安や悩みを消化しでいくことが必要となるわけです。

スポンサーリンク

仕事の不安や悩みを解消するには

ではどのように仕事の不安や悩みを解消することができるでしょうか。

不安、悩みの理由を明らかにする

不安や悩みがある場合、何に悩んでいるかはすぐに答えることができるものの、

なぜそこまで悩むのかということまでは考えておらず、よくわかっていない場合が多いです。

そうなると、自分の中でどう消化すればいいかは見えてきません。

その不安、悩みの事柄がなくなることしか解決策がなくなるのです。

しかし、なかなかなくなりませんし、上記でも述べたように自分の力では解決もできません。

ですから、まずはなぜそこまで悩んでいるのかが大事なこととなります。

例えば、

失敗することを不安と感じている場合、なぜ失敗することが不安と感じるのかを考えてみましょう。

失敗すると、周囲から責められる、出世ができなくなるといったことにつながります。

そうなると、会社にいずらくなる、給料があがらなくなる、自身にプライドが傷つくなんてことに繋がるでしょう。

なぜを繰り返し、結論に至ることができれば、自然とどう動けばいいか、どう消化すればいいかが見えてきます。

自分のことをよく知る

自分はどのようなことに不安や悩みを感じるのかということや、自分はた他の人からどう思われているのかだとか、

世間では自分はどういった位置づけなのかをあらためて考えてみましょう。

リクナビNEXT ではあなたの転職市場価値がわかるので、これを利用して客観的に知っておくのも手です。

自分のことを知っておけば、不安や悩みを感じた時に客観的に見て対策を打つことができるようになります。

人に話す

仕事の不安や悩みというのは、自分一人で抱えがち。

特に、男性の場合、プライドもありますからなかなか人には言わないということが多いのではないでしょうか。

ただ、人に話すということは、自分の中で不安や悩みをしっかり認識することに繋がったり、

同じ悩みを持っていれば、共感することで心強くなったり、といったように、

解決策までは見つからなくとも、気持ちが楽になることが多いです。

いつも愚痴ばっかり言っている人も、愚痴ではなく不安や悩みを話してみませんか。

ちなみに、多く人は自分の不安や悩みといった弱みを見せたがらないかもしれません。

しかし、弱みを見せると、相手はあなたに対してより親密感を覚えますし、信用が増します。

悪いことなんてないんですよね。

他の道があることを知る

仕事に対する不安、悩みを自分のなかで気にしないものにする為の最大の方法は、

「他の道があることを知る」

ことであると思っています。

他の道というのは、違う会社であるとか、違う稼ぎ方だとか。

つの会社に限られてしまうと、そこでうまくできないことが死活問題となってしまい、

不安や悩みを抱えた時に、そのことがあなた自身大きなものとなってしまいます。

しかし、「もしだめでもなんとかなる」ということを知っておくだけで、全然大きなものにならないんですよね。

私自身、一度転職活動を経験します。

その経験は「もし今の会社で上手くやれなくても、他の会社がある」ということを自分の中で認識させ、

悩み、不安もまあいいかと思うような状態でいることができています。

実際に転職活動をすることでそうではないことに気づくことができました。

私の中ではこれが一番の対策であると思っています。

まずは転職活動を実際にしてみて、自分にはどういった道があるのかを知ってみてください。

転職サイトを見てみる

転職サイトを見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

スポンサーリンク

最後に

仕事の不安、悩みは誰もが抱えるもの。

なんでもないような顔している人でも多かれ少なかれ誰もがもっていることだと思います。

まずはどう解決するかではなく、どう解消するかに焦点を当ててみてください。

関連:仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

関連:異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

関連:仕事を辞めたい、会社に行きたくないならチェック。理由と対処法。

関連:嫌いな上司、嫌いな先輩と上手く付き合う方法

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ