フリーターから正社員に就職して良かったこと。やっぱり正社員であることにメリットは大きい?

フリーターから正社員に就職して良かったこと。やっぱり正社員であることにメリットは大きい?

学生時代に就職活動を行わず、就職先が決まらないまま学校を卒業してしまったり、一度は就職したもののすぐに辞めてしまったりと、様々な理由からフリーターになる人がいます。

ただそういった人でも、特別な理由がない限りはいずれ正社員として就職する人がほとんど。やっぱり正社員として働くメリットは大きいです。

ただ若い頃は正社員として働くことに対してネガティブに考えてしまいがち。その為、フリーターからでも正社員に就職しやすい20代という貴重な時代を潰してしまっている人というのも少なくありません。

そこで今回は実際にフリーターから正社員に就職した人が感じた正社員になって良かったことを紹介します。正社員になろうかどうか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

関連:やりたい仕事がないからフリーターやニートを選択することが大きな間違いである理由

関連:正社員からフリーターになった人は早めに正社員に再就職すべき理由。

フリーターから正社員、就職して良かったと感じる人が多い

フリーターにはフリーターのメリットもあります。

働く時間、曜日、勤務地の自由度は高いし、仕事も難しくはなく責任もかるい。何か問題があれば仕事を変えることだって容易です。

上下関係や人間関係もバイトにだってありますが、正社員ほど厳しいものでもないでしょう。

しかしそれ以上にデメリットも大きいのがフリーター。

いくら仕事が気楽でも、様々なことで悩むことも年齢が高くなるに連れてどんどん高くなっていきます。

それ故、実際にフリーターから正社員に就職した人のほとんどは就職して良かったと感じます。

時間の自由度はなくなり、仕事での責任は増え、仕事は難しくなり、簡単に辞めることもできなくなった。それでも正社員に就職して良かった、フリーターには戻りたくないと感じていいます。

フリーターから正社員になって良かったこと

ではフリーターから正社員に就職して良かったことはどう行ったことが挙げられるのでしょうか。

給料がアップした、昇給してフリーターでは無理な金額を貰えるようになった

やはり第一は給与面。就職することで給料がアップし生活に余裕ができたことが最も良かったと感じている人が多いです。

フリーターとして1日8時間、週5日勤務した場合だと時給1000円でも1ヶ月の給料は17万円程度。

正社員の場合だと同様の勤務時間でこれ以上貰える場合が多いし、さらにボーナスもあると年収ではかなり大きな差が生まれることになります。

もちろんフリーターでもバイトを掛け持ちして25万円以上稼ぐ人もいます。

ただそこらへんが上限。

正社員には昇給があるので、最初はフリーターの頃より給料が少なくなってもすぐに追い抜かすことができます。

実際就職してすぐではなく、3年目、4年目あたりで昇給して就職して良かったと感じる人も多いですね。

ちなみに4年目にもなると約70%の人がフリーター時代より月給が5万円以上増えています。ボーナス分も考えると年収では全く違うのです。

ちなみに就職してから年数が経てば経つほどに給料の差は開いていき、生涯収入では2億円もの差がついてしまうそうです。

仕事自体が面白いと感じることができるようになった

仕事が難しく責任が増えるというのは一見正社員として働くデメリットのように感じますが、あながちそうとは言い切れません。

仕事で楽であれば肉体的、精神的疲労は少なくなるかもしれませんが、その反面達成感ややりがいは感じにくいです。

一方で仕事の難しかったり責任が重くなると、達成感ややりがいを感じることができるようになり、そしてそれが仕事が面白いと感じることに繋がります。

もちろん責任が重すぎることが大きなストレスになってしまうことも少なくはありませんからバランスは大切。

ただどちらが仕事での面白みを感じることができるのかで言えばやっぱり正社員です。

プライベートな時間が増えた

フリーターから正社員になってむしろプライベートの時間が増えたという人も実は意外に多いです。

もちろん月10万円程度でよくて週3から4日程度しか働いていなかった人が正社員に就職すれば仕事の時間は増えるでしょう。

ただ稼ごうと思って正社員として働く以上の時間をアルバイトの時間に費やしているという人も多いですよね。

時給で考えればやっぱりバイトよりは正社員の方が高い。それ故に正社員と同程度を稼ごうと思うと労働時間がどうしても増えてしまいます。

人の目を気にしなくてよくなった

どんな理由であれ、世間から見たフリーターに対する視線は厳しいものがあります。

これを実感したことがあるフリーターの人は多いのではないでしょうか。

両親からあれこれ言われるという人も多いでしょうし、友人ともなんとなく会いたくなくなっている人も多いでしょう。

別に誰かに迷惑をかけることでないなら自分の好きにやるのは問題ないはず。でもやっぱり気にしてしまいますよね。

実際、就職して良かったという人のうち、周りの目を気にしなくなった、周りからあれこれと言われなくなったということを挙げている人は多いです。

生活が安定した

正社員で働くと毎月貰える給料は残業時間で多少前後するくらい。風邪等で休んでも有給休暇のおかげで減給されることもありません。

しかしフリーターだと風邪で休むとその分給料は減ってしまうし、閑散期にあまりシフトを入れて貰えないなんてこともあって予想通りの給料を稼ぐことができない場合も少なくありません。

毎月一定以上の給料を貰え生活が安定する。これも正社員にメリットですね。

福利厚生の恩恵に授かることができるようになった

就職することで利用できる福利厚生の存在はやっぱり大きいですよね。

例えば住宅手当や社宅のおかげで家賃を抑えることができます。

退職金もすぐに恩恵に授かれるわけではありませんが、あるかないかの差はかなり大きいです。

ブラック企業を当たり前と考えてはだめ

このように正社員として就職するメリットは実際かなり大きいです。

ただ中にはブラック企業もあり、残業は多いけれど全てサービス残業、仕事はとにかくきついだけ、何年働こうか昇給せず時給換算すると最低賃金以下なんて場合もあります。

こんな会社に就職するくらいならフリーターの方がましだなんて考える人も少なくはないでしょう。

しかしこんな会社を当たり前と考えて就職するかどうかの基準にしてはいけません。まともな会社は山ほどありますから。

フリーターから正社員に就職して良かったと感じている人は9割程度。

世の中ブラック企業ばかりであれば、こんなに良かったと感じる人が多いわけがありません。

いつかは正社員に就職するだろうと考えている人はぜひこの機会に就職活動を始めてください。年齢が高くなればなるほどに就職が難しくなっていきます。

就職活動を進めるにあたり、社会人経験がない人でも利用可能な転職エージェントがありますからぜひ使ってみてください。

転職エージェントは敷居が高いと思っている人も多いですが、全ての会社がそういうわけではなく、ハタラクティブは社会人として未経験の既卒、フリーターも利用できる転職エージェントサービスになっています。

この転職エージェントは転職内定率が8割を超え、カウンセリングやサポートもかなり充実していますから、自分ひとりでなんとかしようとせずぜひ使ってみて下さい。

■公式サイト:ハタラクティブ

また転職サイトもフリーターを対象とした求人は掲載されていますし、何より情報収集に最適ですのでとりあえず登録はしておきましょう。

リクナビネクストは国内最大規模で求人数も多く、情報量も多いのでとりあえず登録しておくのであれば一番良いと思います。

■公式サイト:リクナビネクスト

転職エージェントで有名どころのDODAリクルートエージェントも利用できないわけではありません。実際そこ経由でフリーターから正社員に就職を成功させた人もいます。

また他のおすすめのサイトは以下の記事で紹介していますので参考にしてみて下さい。

参考:正社員に就職したいフリーターが就活で利用できるおすすめ転職サイト、転職エージェント



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ