正社員に就職したいけど何すればいいかわからないフリーターの就職活動の進め方

正社員に就職したいけど何すればいいかわからないフリーターの就職活動の進め方

フリーターとして働いている人の中で、そろそろ正社員にならないとと思っている人は少なくないと思いますが、いざ就職活動を始めようにも何から始めれば良いのかわからないという人も多いでしょう。

特にフリーター経験が長かったり、学生時代に就職活動を経験することなく卒業後すぐにフリーターになった人は完全に未知の世界です。

そこで今回はフリーターから正社員への就職活動への進め方を紹介していくことにしましょう。

関連:このままフリーターを続けていると将来どうなる?予想される悲しい末路

関連:20代でフリーターから正社員就職体験談。厳しい現実の中で正社員になれたのは?

就職活動前に知っておきたいこと

まずはフリーターが就職活動を始める前に知っておきたいことをいくつか紹介していきます。

アルバイトからの正社員登用に期待してはだめ

アルバイトの中には正社員登用ありとなっているものがあり、実際にアルバイトから正社員になれた人というのもいないわけではありません。

ただその確率はかなり低く、運の要素もかなり大きいもの。時間もかかってしまうので正社員になりたいと考えているなら決してそうなることに期待はしないでください。

正社員になりたいなら必ず就職活動を行うこと、たとえ最初は上手く行かなくても決まるまで何度も応募を続けることが大切で、それができなければ正社員にはなれないと覚悟を持ってください。

フリーターでの経験は職歴として見て貰えない

これまで様々なアルバイトを長い間経験してきた人も多いでしょうが、就職活動ではそれまでのアルバイト経験が職歴として認められません。

学校を卒業後からすぐフリーターになった人は社会人未経験者、一度社会人になってから辞めてフリーターになった人はブランクの長い人として認識され、当然マイナスポイントになってしまいます。

その為、新卒で就職したり、経験者が転職するよりもフリーターを脱却して正社員に就職するということは難しいことなのです。

そしてこれは年齢が高くなるにつれて顕著に現われます。

職歴がないまま年齢だけを重ねていけばいくほどに正社員に雇用される機会、チャンスは失われていってしまうのです。

フリーターから就職する場合、就職活動では未経験者可の求人に申し込むことになります。

この未経験者可の求人ですが、多くの場合年齢制限が課されており、30歳を超えると急激に応募可能な求人がなくなり、35歳を超えるとさらに求人がなくなります。

年齢が高くなるにつれて応募すらできなくなってしまうのです。

だからこそ正社員になりたいと考えているなら先延ばしせずにすぐに就職活動を始めることが大切です。

就職活動にかかる費用

就職活動ではある程度の出費が必要となることも覚悟しておかなくてはなりません。

まず最もお金がかかるのは服装面。

スーツやかばん、靴等、中途採用に適したものを準備しなくてはなりません。

決して高価なものである必要はありませんが、第一印象というのはかなり大事な選考要素であり自分体に合っており、清潔感があるものを準備しなくてはなりません。

次が交通費。現在住んでいる所から近い場所で受けるのであればそれほどかかりませんが、遠い会社を受ける場合は交通費がかさんでしまいますし、場合によっては宿泊費もかかります。

何をすればいいかわからないフリーターの就職活動の進め方

ではここから就職活動の具体的な進め方を紹介していきましょう。

まずは流れを確認

まずは就職活動の流れを確認するところから。大まかの流れは以下の通りになっています。

  1. 求人を探す
  2. 履歴書を書き応募する
  3. 面接
  4. 内定

フリーターであっても中途採用の基本的な流れに特別違うことはありません。基本的にはこの流れを頭にさえ入れておけば、就職活動は進めていくことができます。

もちろん細かいことはもっと色々とあります。

どうやってフリーターでも応募可能な求人を探すことができるか、履歴書はどのように書けばよいのか、面接対策はどう行えば良いのか、ブラック企業を避ける為にはどうすれば良いのか、そもそもビジネスマナーがわからないなど悩むことも多いですよね。

ただこれらのことは就職活動を始める前にあれこれと一人で悩むような必要はないので、とりあえずスタートさせることが大切です。

フリーターでも転職サイトや転職エージェントへ登録する

就職活動をスタートさせる第一歩がは、転職サイトや転職エージェントへの登録です。

フリーターでも利用可能なサービスはたくさんありますので必ず利用してください。

特に転職エージェントへの登録は必須です。

キャリアカウンセリングから希望条件等を決め、それにマッチしている求人を紹介して貰う。

履歴書作成のポイントを教えてもらう、添削して貰う。

面接対策のポイントを教えて貰う、実際に練習してみて指摘して貰う。

内定後も入社までのフォローを行って貰う。

転職エージェントを利用すれば就活を徹底的にサポートして貰えるので、これまで就活の経験もなく全く未知の状態でもスムーズに就職活動を進めることができます。

始める前はわからないことが多いのは当たり前。ただそれでも進めることができる環境は整っているのです。

フリーターの人が就職活動に使うならハタラクティブがおすすめ。未経験転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超え。カウンセリングやサポート体制の評判も良好。紹介している会社は実際にチェックしてブラック企業も除外しています。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職サイトはリクナビネクスト。国内最大規模で求人数の多く、診断テスト系やノウハウやコラムの充実度しており、気軽に使えるのが一番のメリット。

ちなみに登録はとても簡単。入力はメールアドレス、名前、性別、生年月日だけです。応募するとなったらもっと詳細情報が必要になりますが。

■公式サイト:リクナビネクスト

最初にやりたいことを決めなくても良い

どうしてもやりたいことがあるならそれはそれで良いのですが、もしやりたいことが決まっていなくても就職活動を進めてください。

現時点でやりたいことがない人が、このままフリーターを続けていても何か見つかる可能性はほとんどありません。

しかし就職活動を通して色々な仕事を知るとやってみたいと思える仕事が見つかるかもしれませんし、とりあえずやってみたら仕事が楽しくなるということもあります。

何もせずにただぼーっと変わらない毎日を過ごすよりは前進です。

バイトは辞めなくても問題ない

就職活動を進めるにあたり、バイトを全て辞める必要はありません。就職活動と言ってもバイトをする時間が一切ないなんてことはありませんからね。

十分両立できると思います。

ただし優先すべきは就職活動であることを忘れないでください。

面接を優先するのは当たり前ですし、バイトを理由に履歴書を書く暇がなく期限に間に合わなかったなんてことがないようにバランスは考えてください。

先に学べることは学んでおく

ビジネスマナーやパソコンスキルなど正社員として働くことを想定して必要なものは、就職活動と平行してできる範囲で勉強しておきましょう。

もちろん実践しなくては一人前にできるようにはならないことが多いのですが、知識として知っておくかどうかでも全然違います。

同じ年齢の人は自分がフリーターをしている間に正社員としての経験をしてきているわけですから、かなり差がついてしまっています。その差を少しでも詰めるできる限りの努力は初めておきましょう。

身近に頼れる人がいればなお良し

できることなら身近に頼れる人を作っておくといいでしょう。

就職活動や転職活動を経験した人、正社員として働いてきた人などは周りに少なくないはずです。

就職活動の話では色々と相談できるし、 正社員としての仕事について聞くことは就職活動だけではなく就職後についてイメージするのにも役立ちます。

やはりバイトと正社員では仕事が違います。だからこそあらかじめ具体的なイメージを抱いておくというのは大切です。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ