職場によくいる偉そうな人や態度がでかい人の特徴や付き合い方

職場によくいる偉そうな人や態度がでかい人の特徴や付き合い方

職場に偉そうな人、態度がでかい人っていませんか?本当に付き合いにくいですよね。

プライベートでは絶対に付き合いたくないけれど、仕事だからとしぶしぶ付き合わっている人が多いでしょう。

こういった人はなぜそういう態度をとるのでしょうか。

今回は職場の偉そうな人、態度がでかい人の特徴や付き合い方を紹介します。

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:仕事、会社生活で理不尽なことが多すぎる。それって当たり前なの?

関連:仕事を辞めたいならうつ病になる前に行動を!そんなに頑張って働く意味はない

偉そうな人、態度がでかい人の特徴

実は、偉そうな人や態度がでかい人というのは、心の中で正反対のことを考えている場合も少なくありません。

自分に自信がありすぎる

自分は仕事ができる。自分は間違っていない。そんな風にやたらと自分に自信があることで、偉そうな態度をとってしまう人がいます。

常に自分が周囲の人よりも上だと思い込んでいるせいで、周囲の人間を見下したり、馬鹿にしたりします。

中には後輩にもいるかもしれません。自分は特別な人間だと、たいして実績を挙げていないのに勘違いしている人もいます。

そういう人は、なんかミスをしてもそれは自分のせいだとは思わず、人のせいににばかりし、中々態度が柔らかくなることは少ないです。

自分に自信がなさすぎる

逆に、自分に自信がなさすぎる人も偉そうな態度をとったり、態度がでかくなりがちです。

自信がないことを周囲に悟られたくなかったり、周囲に偉そうな態度をとることで自分に自信をつけようとするのです。

自信を持つ方法は色々ありますが、誰かに褒められる、誰かに尊敬される、自分より下の人間を作ることも一つの方法です。

その為に、偉そうな態度をとる人も少なくはないでしょう。

プライドが高い

プライドが高い人は、自分の間違いを認めたくないし、周囲の人間に下に見られることを嫌います。

その為、常に上の立場に立ち続けたがります。さらにそれを示したがります。

怖がり、小心者

人にどう思われているんだろうかと、常に気にしてしまう小心者の人も、偉そうな態度をとりがち。

気にしすぎるあまりに、自分を必要以上に大きく見せたがるのです。

上下関係に厳しい

立場、役職、年齢など、会社という組織には上下関係があって当然。

ただ、必要以上にその上下関係に厳しい人もいます。

そういった人は、下の立場に人に対して偉そうな態度をとってしまいがち。

もちろん、上の立場の人に対しては必要以上に媚びへつらう傾向もあります。

職場で偉そうな人、態度がでかい人との付き合い方

だいたい一人くらいはいる偉そうな人、態度がでかい人。

嫌いだからといっても仕事である以上、付き合っていかなくてはなりません。

では、どのように付き合っていけば良いでしょうか。

とりあえず尊敬したふりをする

偉そうな人、態度がでかい人というのは、とりあえず褒めておけば勝手に満足してくれます。

そういった人は、だいたいが尊敬してほしい、褒めてほしいという理由から周囲の人に対してそういう態度になってしまうのです。

目的がそこにあるので、それをしなくてはどんどん悪化してしまう可能性が高いですから、とりあえず尊敬したふりをとってみましょう。

結果で示し、有無を言わせない

偉そうな人は、特に自分より下と認識した人間に対して強く言う傾向が強いです。

逆に、成果を上げている人間に対しては、ぼろがでるのを恐れたり、負けを意識してしまう可能性もある為、あまり近寄ってこなくなります。

反抗すると悪化する可能性も

偉そうな人、態度がでかい人に対してい反抗するのはNG。

反抗してくる人間に対して近寄ってこなくなる可能性もあるにはありますが、逆によりいっそう強く態度に表す可能性もあります。

こういった人ひゃ、プライドを傷つけられること、本心を悟られることを非常に嫌がります。

もし近寄ってこなくなったとしても、違う形で仕返しをしてくる場合もあるので注意が必要です。

心の中で笑っておく

偉そうな人がいたら、「この人は気が小さいんだな」「この人はプライドを保つ為に必死なんだな」って心の中で笑っておけばいいんです。

もちろん表にはだせませんが、心の中でそう思うだけでも、偉そうな態度をとられた時に気が楽になります。

パワハラにまでなったら、誰かに相談を

偉そうな態度があまりにも行き過ぎると、それはパワハラになってしまう可能性があります。

もしかしたら、中にはパワハラを受けている人も多いのではないでしょうか。

そこまで行っていたら、自分で解決しようとか我慢しようとかするのではなく、早めに誰かに相談するようにしてください。

場合によっては転職も考えてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:上司が嫌いで仕方ない、もう辞めたいと思った時の対処法

関連:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

関連:理不尽な上司にうんざり、どう対処し、どう付き合えばいい?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ