円満退職が難しい、無理だとしてもそれは仕方ない。悩むなんて無駄だから割り切ろう。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

円満退職が難しい、無理だとしてもそれは仕方ない。悩むなんて無駄だから割り切ろう。

どうせ退職するなら無駄なトラブルなく、できる限り穏便に円満退職したいところ。

その為に退職する際は正しい手順で、できる限り迷惑をかけないようにしていかなくてはなりません。

ただどうにもこうにも円満退職ができない場合というのはあるもの。

時には仕方ないと割り切り、あまりこだわりすぎないことも必要です。

関連記事

 

円満退職は難しい、自分の力では無理な場合も多い

円満退職は誰もができるものではありません。

強引な引き止めがあったり、嫌みを言われたり無視をされるようになったりするなんてことは、誰にでも起こりうることです。

もちろん退職の際に適切な手順を踏むことで円満退職できる可能性を高くすることはできるでしょう。

ただそれでも無理な時は無理。円満退職ができない時はあるのが実情です。

どんなに誠意をもって正しい手順をしてもできない時はできない

私が以前いた会社ではこんな人がいました。

  • 退職の申し出は余裕を持って3ヶ月前
  • 退職時期はプロジェクトが終わるタイミング
  • 申し訳ないという理由で有給休暇もほぼ使わずじまい
  • 退職理由は家庭の事情
  • 仕事の引継ぎは完璧

普通に考えて円満退職できて当たり前だと思いますよね。

ただ残念ながら、円満退職とは言い難い形で退職することになりました。

上司からの強い引き止めにあい、拒否した結果、嫌がらせをされるようになったり、上司以外の人からも嫌味を言われたり、陰口を言われたり。

どれだけ誠意をもってできるだけ迷惑をかけないように立ち回っても、円満退職させないような行動をとる人は少なからずいます。

そしてもしそれが上司だったら面倒くさいことになってしまう可能性は非常に高いのです。

退職はポジティブなものではない

そもそも退職という行動はポジティブなものではありません。

あなたにとって退職すること、転職することはポジティブなことかもしれませんが、それはあなただけです。

あらためて他の人があなたの退職をどう感じるか考えてみましょう。

退職は誰かしらに迷惑がかかるもの

あなたが退職することによって、多かれ少なかれ迷惑を被ることになる人は誰かしらいます。

上司は仕事の割り振りを考え直さなくてはいけません。配置換えが必要になる場合もでてくるでしょう。

同僚の誰かはさらに仕事を負担しなくてはいけなくなるかもしれません。誰かしら仕事は増えるでしょう。

誰にも迷惑をかけない退職なんてないのです。

それがあるとしたら、会社に貢献するより迷惑をかけている人だけでしょう。

退職を裏切りだと思う人も少なからずいる

退職が裏切りだと思っている人は少なからず存在しています。

せっかく新入社員の全く使えない頃から育ててやったのに。

会社に隠れて転職活動していたなんて。

人手不足なのに、周りに迷惑をかけてなんとも思わないのか。

退職することをそんな風に考えるんです。

会社は辞めてほしくない

会社としても、あなたに辞めてほしくはありません。

一人辞めたら他の社員の負担が増える。

辞めた人を補う為、新しい人を採用するとなったら採用活動に多額の費用がかかる。

新たに採用したとしても、これまで何年もその仕事をしてきたあなたほどの人物を採用できるとは限らない。

会社としては、できる限り長く働いてほしい、できる限り辞めてほしくないと思うのが当たり前なんです。

感情任せに動いてしまう人は一定数いる

ただいくら退職がポジティブなことではないとしても、正しい手順で退職を申し出た人に対して、あれこれと嫌味を言ったり、妨害するようなことはしません。

辞めては欲しくないので多少の引き止めをすることはあっても、無理強いはせずに意思を尊重するものです。

ただそんな人ばかりではないんですよね。

退職という事実に腹を立て、その感情のまま態度に出すという人は一定数いるのが現実なんです。

問題はそれが誰かということ。

離れた職場の人がそうでもそこまで影響はありませんが、直属の上司がそういう人だったら円満退職できる可能性は低くなってしまいます。

悩むだけ無駄、仕方ないと割り切ることも大切

こういったことから円満退職が無理な場合というのはあるんです。

だからこそ仕方ないと割り切ってしまうことも大切です。

もちろん円満退職ができなかった場合の影響として、退職までの人間関係に苦労することになってしまうのは事実。

でもそんなことは気にすることではありません。

どうせ退職する企業。退職したらもうそこで関係は終わるわけですから、悩むだけ無駄。退職日が来るのを待ちましょう。

どうしても嫌がらせに耐えられないなら有給休暇をどんどん使って出社日を減らしたってOK。

有給休暇の申し出に会社側は原則拒否できません。

退職の正当性はあなたにある

そもそも退職の際に適切な手順を行っているなら、退職の正当性はあなたにあります。

退職は労働者の権利。民法第627条でも以下のように定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

法律でも権利として定めらていて、なおかつ迷惑をかけないようにできる範囲で退職しようとしている人に対して、あれこれ言うなんてお門違い。

全くもって気にする必要なんてないんです。

辞めたいなら辞める。退職時はやることさえやればいい。

円満退職はもちろんできるにこしたことはありませんから退職する際にやるべきことはやりましょう。

ただ辞める上で円満退職することは絶対条件ではありません。

それができないからという理由で辞めたいのに辞めないなんていうのはもってのほかです。

ぜひ会社のためや上司のためではなく、自分自身のことを考えるようにしていきましょう。

転職活動におすすめの転職支援サービス

退職と同時に考えなくてはいけないのが転職活動。

もしまだ転職活動を行っていない人はできるだけ早めに始めるようにしましょう。

転職活動では無料で使える便利な転職支援サービスもあるので、ぜひ活用してみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ