エンジニアの転職、未経験でも可能?年収アップは可能?

エンジニアの転職、未経験でも可能?年収アップは可能?

エンジニアになりたい。エンジニアとしてキャリアアップしたい。

そう考え、転職を考える人もいるでしょう。

そこで、今回はエンジニアの転職について紹介していきます。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

エンジニアってどんな仕事?

エンジニアと一言でいっても、様々に仕事があります。

まずはエンジニアとは何なのか簡単に説明していきましょう。

エンジニアとは

エンジニアと聞くと、IT関係の技術者をイメージする人が多いかもしれません。

しかし、エンジニアは別にITに限ることはなく、技術者全般を指します。

学問の分野で行くと、工学系でにあたります。

エンジニアの種類

エンジニアの種類は多岐にわたります。

まず、職種で言うと、開発、設計、生産準備、製造、品質管理、運用、保全といったものがあり、

分野で考えれば、機械、情報、土木などがあげられます。

種類は非常に多岐に渡りますが、いくつか有名なものを紹介しましょう。

ITエンジニア

エンジニアと聞いて、ITエンジニアをイメージする人も多いでしょう。

ITとは、インターネットやコンピューターを駆使する情報技術であり、それに関連するエンジニアを総称してITエンジニアと言います。

ITエンジニアにも様々な種類があり、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、ウェブエンジニアなどがあります。

機械系エンジニア

自動車や電気製品といった製造業を行っているメーカーに多いのが機械系エンジニアです。

ものづくりでは、製品の形状や機構を設計したり、製造方法、量産方法を考えたり、作った製品の品質の管理、改善をしていく必要があります。

上流工程では開発、設計、中流工程の生産技術、下流工程の製造、品質保証があり、仕事の内容も変わってきます。

電気系エンジニア

ものづくりには機械だけではなく、電気も同様に欠かせません。

自動車だろうが家電だろが、電気を扱うことは非常に多いです。

電気技術者には電気主任技術者という資格もあります。

エンジニアに求められる能力

エンジニアは仕事内容が多岐にわたり、求められるスキルも異なります。

しかし、どんなエンジニアであろうと共通の求められることもあります。

まず一つ目がコミュニケーションの能力。いくら技術力が高くても、周囲とのコミュニケーションがうまくとれないと、円滑に仕事を進めることができなくなってしまいます。

グローバル化が進んでいる今では、コミュニケーションの手段の一つとして英語の能力を求められる場合も多いです。

エンジニア同士の会話は、専門用語も多く、通訳がいたとしても上手くコミュニケーションをとることができないことが多々あります。

その為、自分で英語ができる人は重宝されるでしょう。

二つ目が、向上心。

技術は日々進歩します。常に新しいことを学んでいかなければ、確実において行かれます。

エンジニアとなる以上、常に新しい情報に敏感になり、新たなことをどんどん身につけていく必要があります。

三つ目が問題解決力。

エンジニアとしていると、日々様々な問題にぶつかります。

その問題を解決する能力は必要な能力です。

現状を把握し、問題のある部分を見つけ、仮説を立てながら問題を解決していく。

論理的に考え、解決する能力は求められるでしょう。

スポンサーリンク

エンジニアの転職

では次に、エンジニアの転職について紹介していきます。

年収アップは可能?

転職する理由に年収アップを希望する人も多いと思います。

エンジニアは転職する際、特にスキルを重視されます。

どんなスキルを持っているか、どんな経験があるか、どんな実績を残しているか。

技術者である以上、スキルの有無が仕事ができるかどうかということに直結してきます。

もし、企業が欲しがる高いスキルを持っているのであれば、大幅な年収アップにつながることもあります。

特にIT系のベンチャー企業はこの傾向が顕著です。

もちろん、年収は企業規模や業界にもよりますが、たとえ中小企業でもスキルが高い人に対して高年収を提示する場合は多々あります。

求められる能力は、年齢や職位によっても分かれます。

もし若いのであれば、何か一つに特化した特筆すべきスキルを持っていることが好まれ、ある程度年齢が高く管理職候補ならば、その分野での広い知識を持っていることが好まれる場合もあります。

未経験でも可能?

エンジニアは未経験だと転職が厳しいイメージもあながちそうでもありません。

特にIT関連は未経験者でもよく募集しています。

もちろん、企業は未経験者よりもすでにスキルを持っている経験者を採用したいですが、経験者のみとすると、なかなか人が集まりません。

特にIT関連は人手不足が顕著となっており、その傾向が強いです。

ただ、IT系に比べると機械系や電気系は厳しいです。

新卒者でも大学でその分野を専攻している人をとることがほとんどで、最低限の知識を持っていることが求められます。

大学の専攻も全く違い、前職も全然違うとなると厳しいでしょう。

もし、大学で同じ分野の勉強をしてきたならば、可能性はあがります。

ただし、年齢が高いとその学問から離れている為、あまり関係なくなります。

どちらにしろ、未経験で年齢が高いとIT系であっても転職が厳しくなってしまうのが現状であります。

スポンサーリンク

企業が欲しがるスキルを身につけることを意識しよう

エンジニアとして今後も働いていくことがあるならば、常にスキルを身につけていくことを意識しましょう。

技術の進歩が速い分、企業の衰退も早く、会社にいるということに安心していると痛い目を見ることになります。

また、スキルを身につけていけば、年収アップも含め、自分のキャリアアップにもつながっていきます。

スキルアップは自分自身の努力も必要ですが、環境にも大きく依存します。

今の会社ではスキルアップできないと感じていたら、まずは自分をスキルアップできる環境に置くために、違う会社に移ってみるのも一つの方法です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:IT業界になら転職しやすい?IT業界の実情や転職時の注意点

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ