営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

営業の仕事が辛い、もう営業職を辞めたい、そう思いながら仕事をしていませんか?

営業職は確かに辛いことも多く、学生からの人気も低い仕事ですし、実際に自分は営業に向いていないと辞めてしまう人も少なくはありません。

そこで、今回は営業が辛いと感じる理由や、そう思ってしまった時の対処法を紹介します。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:仕事が辛いと感じたらチェック、うつ病になる前に行動しよう

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

スポンサーリンク

営業職が辛い、辞めたいと感じる原因は?

営業職が辛い。もう辞めたい。

多くの人がそう思う理由にはどういうものがあるでしょうか。

飛び込み営業が辛い

まず営業職が辛いという理由の代表例が、飛び込み営業。

営業の種類によって、飛び込み営業がある場合、ない場合がありますが、飛び込み営業があることで辛いと感じやすくなる傾向があります。

新規顧客を獲得する為に行う飛び込み営業は、初めての家、会社にアポなしで訪問します。

飛び込み営業を行うと、単に断られるだけでなく、怒られたり、罵声を浴びせられるということもあり、多大なストレスを感じることになります。

新規で獲得できた時の喜びはあるものの、それ以上に苦痛を感じる人のほうが多いのではないでしょうか。

ノルマがある

営業職の場合、ノルマがあり、これに苦しんでいる人も少なくはありません。

ノルマは数字ではっきりわかる為、あまり売ることができていない時は、焦りを感じ、職場にも居づらくなってしまいます。

また、給料が歩合制だと著しく低くなる場合もあります。

ノルマが正当なものであればいいのですが、理不尽であることも多々あります。

顧客を獲得しにくい地域に割り当てられているにも関わらず、ほかの人とノルマが変わらなかったり、

そもそも達成できないノルマを設定され、達成できないことで常に暴言を言われたりすることもあります。

ノルマがあることによって、他の人と比較してしまい、自分はだめだと自分を追い込んでしまう人もいます。

顧客と一番近い立場にいる

顧客と一番近い立場にいることもまた、営業職の辛い部分です。

最も近い立場であるが故、何か問題があるとすぐに対応する必要があり、時間が不規則になりがちです。

また、怒られるのも営業の人であり、上司と顧客の板挟みになるという辛い立場におかれることも少なくありません。

売りたくもない商品も売らなければならない

営業職だと、時に会社の利益の為に売りたくもない商品も売っていかなくてはならないこともあるでしょう。

このことで、仕事にやりがいを感じることができなくなり、辞めたいと思う人もいます。

もちろん、他の職種であっても、やりたくもない仕事をしなくてはいけなかったり、納得のいかない仕事をしなくてはいけないことは多々あります。

ただ、営業職の場合は顧客に売るという最後の立場である為、罪悪感を感じてしまったりし、仕事をやりたくないと感じることが強くなる傾向があります。

責任が重い

営業は、会社の看板を背負っています。

ふとした発言、対応によって、会社自体の信用が低下してしまうこともあります。

そのことに強いプレッシャーを感じてしまっている人も少なくありません。

スポンサーリンク

営業職が辛い、辞めたいと感じたら

営業職が辛い、もう辞めたい。毎日そう思い、会社に行きたくないと思いながらも、行くしかないから行く。

そんな生活を続けてしまっていませんか?

それは決して幸せな状態ではありませんから、なんとかその状態を脱しなくてはなりません。

成功体験を積み上げる

もし営業職を続けるならば、営業職としてのやりがいを感じるようになるか、仕事として割り切るかのどちらかが必要です。

まず、やりがいを感じる為には、成功体験を積み上げていくことが必要となります。

大変な営業職ですが、顧客を獲得できた喜び、顧客に感謝される喜びを感じることができます。

営業職として成功するんだという意思を持って、なぜ上手くいかないか、上手くいっている人とはどう違うかということを考えながら仕事を行うようにしてみましょう。

営業は、経験によって売るためのコツ、会話の仕方もわかってきて、仕事もやりやすくなってきます。

生活の為だと割り切る

達成感、売ることができた喜びなんて気にならないくらい辛いと感じてしまっている人もいます。

そんな時には、仕事だからと割り切ることも必要になるでしょう。

どうせ仕事だから、経験が増えればなんとかなる、そのうち売れるようになる。

割と時間が解決してくれることもありますから、例え今が上手くいっていなくても仕事だからと割り切ってしまうことも一つの手です。

部署異動を希望する

営業職が嫌ならば、いっそのこと部署異動を希望して違う職種に変わるという手があります。

結果がだせない、精神的に辛いという状態で続けることは、自分にとってはもちろん、会社にとっても不利益です。

部署異動を希望することは、今の仕事から逃げることだ、出世に影響してしまうと、やりたくない人もいるかもしれません。

ただ、そんな状態で続けても出世できる可能性は低いし、何より幸せではありません。

違う職種に転職する

部署異動を希望しても、それが叶わないということは多々あります。

特に営業職はあまり人気がない為、営業職に部署異動を希望する人は少なく、営業職の人員が不足してしまうことになってしまいます。

であれば、いっそのこと転職してしまうということも一つの手です。

営業の人は、営業にしか転職できないというイメージもありがちですが、十分他の職種に転職することも可能です。

もっと楽な営業職に転職する

営業職であっても、会社や仕事内容によってはもっと楽な場合も多々あります。

営業=辛いというイメージが元々ある為、転職しても営業だったら変わらないということを思いがちですが、

転職することで楽になったという人はたくさんいます。

営業職が転職するには

営業職から違う職種に転職することは不可能と思われがちですが、実際は違う職種に転職した人もたくさんいます。

営業職は、コミュニケーション力だけでなく、様々なスキルが必要になりますから、違う職種であってもその能力を買われることがあります。

もし営業職でもいいのであれば、転職することはよりしやすくなります。

営業職の場合、経験者を優先的にとることがほとんどですから、これまでの結果がどうであれ、営業としての経験が武器になります。

まずは、様々な会社を見てみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

関連:未経験でMRに転職する場合の注意点、MRのメリット、デメリットとは。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ