未経験者が営業に転職する場合の転職事情や気を付けるべきこと。

未経験者が営業する場合の転職事情や気を付けるべきこと。

未経験者が営業への転職を希望する場合、いくつか気を付けなくてはいけないことがあります。

キャリアチェンジする際には非常にしやすい職種ではあるものの、仕事を甘くみていたり、会社選びを間違うとかなり厳しい結果が待っている可能性がある為です。

今回は未経験から営業への転職事情や転職時の注意点を紹介します。これから転職を考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

関連:転職時に知っておくべき未経験可、未経験者歓迎の求人の目的と難易度、評価される為にすべきこと

関連:不動産業界に転職。未経験の営業職に就いてみた32歳、36歳男性の感想

未経験から営業への転職事情

まずは未経験から営業へ転職する場合の転職事情を紹介します。

他の職種に比べると転職はしやすい

営業は他の職種に比べるとかなり未経験者が転職しやすい職種です。

他の職種では経験年数やスキルを応募条件と課していることが多く、研究職や企画などの人気職種だと未経験者可の求人はごくわずかです。

しかし営業職の場合だと未経験可となっている場合が多く、選択肢自体がかなり多くなっています。

営業はほとんどの会社において必須な仕事でかつ人数もそれなりに必要となる仕事。その為、社会全体として営業マンへの需要は高いです。

一方で営業職に対するのイメージが悪かったり、性格的に向いていないと感じる人も多い為、あまり人気がない職種となっています。

需要が高いけれど人気はない。そうなれば自然と転職はしやすくなりますね。

また営業という仕事、未経験者でもとりあえず形になるまでは早いというのも未経験者を受け入れることができる要因です。

営業の仕事は決して簡単なものではなく、経験やスキルは必要だし上をその道でスペシャリストになりたい思えばかなり努力しなくてはなりません。

ただそこそこできるようになるまでは、もちろん向き不向きによってかなり変わるものの他の職種に比べると早い為、企業としても未経験に限定しなくても良いと考えている場合が多いです。

専門知識、業界知識があるとさらに転職はしやすい

営業の仕事を行うにあたり、専門知識や業界知識は身につけていく必要があります。

これは入社後に身につけていけば良いのですが、すでに同業界で働いてきてある程度知識を持っていてくれた方が企業としてはありがたいです。

もちろん売る製品、サービス等は変わってくる為、同業界で働いていたとしてもそれだけで知識が十分というわけではありません。

営業の種類

一言で営業と言っても種類は様々です。

一般の顧客に対して個人営業と企業を相手にする法人営業。

飛び込み等を行い新規の顧客を獲得する新規顧客営業と既に顧客になっている相手を対象に行うルート営業。

それぞれの仕事で仕事はだいぶ変わります。

転職する際は営業でも実際にどんな営業を行うことになるのかはしっかり確認しなくてはならない項目です。

未経験から営業へ転職する際に気を付けなくてはいけないこと

では次に未経験から営業へ転職する際に気を付けなくてはいけないことについていくつか紹介していきます。

ノルマの厳しい会社はかなり辛い

営業にとって避けることができないのはノルマです。毎月最低限達成すべき目標が定められています。

このノルマは会社によってかなり差がありますが、厳しいところは本当に厳しいです。

どんなに頑張っても時間内で達成することは困難で残業を余儀なくされる場合があったり、目標を達成できなかった時にかなり強く当たられてしまう場合があります。

ノルマが厳しいは合いは本当に大変です。

精神的にも追い詰められてしまいますし、長時間労働も当たり前になってしまいます。

歩合制でも基本給は必ずチェック

営業の場合、どれだけ売ったか、どれだけ仕事を取ってきたか次第で給料が変わる歩合制の制度を取っている場合が少なくありません。

頑張れば頑張るほど給料が上がるわけですから、これ自体は決して悪くない制度だと思います。

ただ歩合の部分だけではなく、基本となる部分の給料もしっかり確認するようにしましょう。

歩合部分も含めて書かれている月収○○円程度という曖昧な数字だけを見てはいけません。

確かに成果を上げることができれば高い給料を手に入れるかもできませんが、成果を上げることができない可能性だってあるのです。

ましてやまだ営業未経験。適性があるのかないのか、それもよくわかっていないのに自分の力を過信するのは辞めましょう。

しばらく営業としての経験を積み実力が備わった段階で歩合部分が強い仕事に転職しても決して遅くはありません。

モデル年収は信じない

求人票を見ると、それぞれの年齢でモデル年収が書かれています。

ただほとんどの場合だとこのモデル年収どおりの金額を貰えることはできず、場合によっては大幅に下がります。

企業側はできるだけ多くの優秀な人材を集めたいと考える為、可能なかぎり良い会社だというように見せます。

その為、未経験者を中途で採用した場合の実態に即したものではなく、新卒から入社してなおかつトップクラスの成果を上げている人を例に挙げている場合があります。

特に歩合によって給料が大きく変わる営業だと、差が大きくなるので特に注意しなくてはいけない部分です。

固定残業代、みなし残業制に要注意

営業の場合、実際に行った残業時間通りに残業代を支給するのではなく、あらかじめ一定時間の残業があると見込んで一定額を支払う固定残業代、みなし残業制を取り入れられている場合があります。

そしてこの制度のせいで、本来残業している時間よりも少ない残業代しか貰えない、かなり長時間働くことになってしまっているなんて人も少なくありません。

本当はこの制度を取り入れていたとしても、あらかじめ決められた残業時間以上に残業したらその分を上乗せされなければならないのですが、それが守られていない場合が多いです。

転職成功に向けて

もしこれから転職活動を始めようとしているならば、転職サイトはもちろん転職エージェントは必ず利用するようにしてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ