未経験者が営業する場合の転職事情や気を付けるべきこと。

未経験者が営業する場合の転職事情や気を付けるべきこと。

未経験者が営業への転職を希望する場合、いくつか気を付けなくてはいけないことがあります。

キャリアチェンジする際には非常にしやすい職種ではあるものの、仕事を甘くみていたり、会社選びを間違うとかなり厳しい結果が待っている可能性がある為です。

今回は未経験から営業への転職事情や転職時の注意点を紹介します。これから転職を考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

関連:転職時に知っておくべき未経験可、未経験者歓迎の求人の目的と難易度、評価される為にすべきこと

関連:不動産業界に転職。未経験の営業職に就いてみた32歳、36歳男性の感想

未経験から営業への転職事情

まずは未経験から営業へ転職する場合の転職事情を紹介します。

他の職種に比べると転職はしやすい

営業は他の職種に比べるとかなり未経験者が転職しやすい職種です。

他の職種では経験年数やスキルを応募条件と課していることが多く、研究職や企画などの人気職種だと未経験者可の求人はごくわずかです。

しかし営業職の場合だと未経験可となっている場合が多く、選択肢自体がかなり多くなっています。

営業はほとんどの会社において必須な仕事でかつ人数もそれなりに必要となる仕事。その為、社会全体として営業マンへの需要は高いです。

一方で営業職に対するのイメージが悪かったり、性格的に向いていないと感じる人も多い為、あまり人気がない職種となっています。

需要が高いけれど人気はない。そうなれば自然と転職はしやすくなりますね。

また営業という仕事、未経験者でもとりあえず形になるまでは早いというのも未経験者を受け入れることができる要因です。

営業の仕事は決して簡単なものではなく、経験やスキルは必要だし上をその道でスペシャリストになりたい思えばかなり努力しなくてはなりません。

ただそこそこできるようになるまでは、もちろん向き不向きによってかなり変わるものの他の職種に比べると早い為、企業としても未経験に限定しなくても良いと考えている場合が多いです。

専門知識、業界知識があるとさらに転職はしやすい

営業の仕事を行うにあたり、専門知識や業界知識は身につけていく必要があります。

これは入社後に身につけていけば良いのですが、すでに同業界で働いてきてある程度知識を持っていてくれた方が企業としてはありがたいです。

もちろん売る製品、サービス等は変わってくる為、同業界で働いていたとしてもそれだけで知識が十分というわけではありません。

営業の種類

一言で営業と言っても種類は様々です。

一般の顧客に対して個人営業と企業を相手にする法人営業。

飛び込み等を行い新規の顧客を獲得する新規顧客営業と既に顧客になっている相手を対象に行うルート営業。

それぞれの仕事で仕事はだいぶ変わります。

転職する際は営業でも実際にどんな営業を行うことになるのかはしっかり確認しなくてはならない項目です。

未経験から営業へ転職する際に気を付けなくてはいけないこと

では次に未経験から営業へ転職する際に気を付けなくてはいけないことについていくつか紹介していきます。

ノルマの厳しい会社はかなり辛い

営業にとって避けることができないのはノルマです。毎月最低限達成すべき目標が定められています。

このノルマは会社によってかなり差がありますが、厳しいところは本当に厳しいです。

どんなに頑張っても時間内で達成することは困難で残業を余儀なくされる場合があったり、目標を達成できなかった時にかなり強く当たられてしまう場合があります。

ノルマが厳しいは合いは本当に大変です。

精神的にも追い詰められてしまいますし、長時間労働も当たり前になってしまいます。

歩合制でも基本給は必ずチェック

営業の場合、どれだけ売ったか、どれだけ仕事を取ってきたか次第で給料が変わる歩合制の制度を取っている場合が少なくありません。

頑張れば頑張るほど給料が上がるわけですから、これ自体は決して悪くない制度だと思います。

ただ歩合の部分だけではなく、基本となる部分の給料もしっかり確認するようにしましょう。

歩合部分も含めて書かれている月収○○円程度という曖昧な数字だけを見てはいけません。

確かに成果を上げることができれば高い給料を手に入れるかもできませんが、成果を上げることができない可能性だってあるのです。

ましてやまだ営業未経験。適性があるのかないのか、それもよくわかっていないのに自分の力を過信するのは辞めましょう。

しばらく営業としての経験を積み実力が備わった段階で歩合部分が強い仕事に転職しても決して遅くはありません。

モデル年収は信じない

求人票を見ると、それぞれの年齢でモデル年収が書かれています。

ただほとんどの場合だとこのモデル年収どおりの金額を貰えることはできず、場合によっては大幅に下がります。

企業側はできるだけ多くの優秀な人材を集めたいと考える為、可能なかぎり良い会社だというように見せます。

その為、未経験者を中途で採用した場合の実態に即したものではなく、新卒から入社してなおかつトップクラスの成果を上げている人を例に挙げている場合があります。

特に歩合によって給料が大きく変わる営業だと、差が大きくなるので特に注意しなくてはいけない部分です。

固定残業代、みなし残業制に要注意

営業の場合、実際に行った残業時間通りに残業代を支給するのではなく、あらかじめ一定時間の残業があると見込んで一定額を支払う固定残業代、みなし残業制を取り入れられている場合があります。

そしてこの制度のせいで、本来残業している時間よりも少ない残業代しか貰えない、かなり長時間働くことになってしまっているなんて人も少なくありません。

本当はこの制度を取り入れていたとしても、あらかじめ決められた残業時間以上に残業したらその分を上乗せされなければならないのですが、それが守られていない場合が多いです。

転職成功に向けて

もしこれから転職活動を始めようとしているならば、転職サイトはもちろん転職エージェントは必ず利用するようにしてください。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ