土曜出勤は当たり前?完全土日休みの会社って少ないから転職は難しい?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

土曜出勤は当たり前?完全土日休みの会社って少ないから転職は難しい?

仕事をする上で休日がしっかりあることはとても大切なこと。

できることなら土日の二日間はしっかり休みたいですよね。

ただ現実としては毎週もしくは隔週で土曜日が出勤、1日しか休みがない週もある人は少なくないと思います。

しかしそれって当たり前のことなのでしょうか?土日をしっかり休むことができる会社は少ないのでしょうか。

関連:祝日や土曜日などの会社休日に出勤した場合の手当はどうなる?

関連:年間休日107日の内訳。祝日や土曜日は全て休みではなくかなり少ない方。

土曜出勤は正直しんどい

毎週であればもちろん、隔週であっても土曜日は出勤で休みが日曜日しかないという働き方は正直しんどいと感じている人は多いはず。

たった1日しか休みがないので普段できない家事をして後は体を休めるだけ。遊びに行くこともできず仕事しかしていない人生という感覚に陥っている人もいるでしょう。

中にはその生活を続けることが慣れたなんて人もいるかもしれませんが、そんな人ばかりではありません。

隔週で土曜出勤なら2週間に1度は2連休。でも2週間という時間は長すぎます。

やっぱり土日はしっかり休める会社が良い。そう思っている人は多いでしょう。

土曜出勤は当たり前?それは勘違い。

ただ周りを見ると土曜出勤している人も多いし、条件の良い大企業ならまだしも中小企業なら土曜に出勤するのは当たり前ではないのかと思っている人もいるのではないでしょうか。

でもそれは勘違い。

もっとも一般的で当たり前と言えるのは土日が完全に休みである会社なんです。

半数以上は完全週休二日制

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によると、休みの形態の割合は以下の通りになっています。

  • 完全週休二日制より多い制度・・・5.8%
  • 完全週休二日制・・・49.0%
  • 週休二日制・・・39.6%
  • 週休1日制もしくは週休1日半制・・・5.6%

完全週休二日制とは週に二日必ず休みがある制度、週休二日制とは週二日休みと週一日休みが混ざっている制度のことを言います。

また完全週休二日制より多い制度は月に1回以上週3日の休みがある週休三日制、3勤3休などが該当します。

毎週二日以上の休みが必ずある会社は合わせて54.8%、半数以上にのぼるのです。

土曜出勤の週があって日曜日しか休みがないのは当たり前のことだなんていうのは大きな間違いです。

中小企業は仕方がないと思うのは大きな間違い

では中小企業に限定するとどうでしょう。

企業規模別(従業員数別)に見た場合は以下の通りとなっています。

【1,000人以上】

  • 完全週休二日制より多い制度・・・8.8%
  • 完全週休二日制・・・69.1%
  • 週休二日制・・・20.5%
  • 週休1日制もしくは週休1日半制・・・1.6%

【300~900人以上】

  • 完全週休二日制より多い制度・・・8.1%
  • 完全週休二日制・・・60.0%
  • 週休二日制・・・29.8%
  • 週休1日制もしくは週休1日半制・・・6.5%

【100~299人以上】

  • 完全週休二日制より多い制度・・・8.3%
  • 完全週休二日制・・・49.6%
  • 週休二日制・・・38.1%
  • 週休1日制もしくは週休1日半制・・・6.4%

【30~99人以上】

  • 完全週休二日制より多い制度・・・4.8%
  • 完全週休二日制・・・47.2%
  • 週休二日制・・・41.5%
  • 週休1日制もしくは週休1日半制・・・6.5%

確かに企業規模が多い方が休みが充実しているのがわかります。

ただ企業規模が小さくても半数の会社は週二日の休みがしっかり確保されているのです。

業種間の差は大きい

ちなみに休日に関する業種間の格差は大きいです。

業種別に見た完全週休二日制以上の休日形態をとっている会社の割合は以下の通り。

  • 建設業:31.7%
  • 製造業:57.4%
  • 電気・ガス・水道業:73.0%
  • 情報通信業:91.1%
  • 運輸業:27.3%
  • 卸売業、小売業:48.8%
  • 金融業、保険業:92.4%
  • 不動産業:51.0%
  • 宿泊業、飲食サービス業:36.7%
  • 生活関連サービス業、娯楽業:44.0%
  • 教育、学習支援業:55.7%
  • 医療、福祉:72.3%

情報通信業、金融業は9割超えであるのに対し運輸業は3割未満。業種によってこんなにも違います。

休みが少ないなら転職を、土曜に出勤しなくて良い会社はたくさんある

データを見れば土曜はしっかり休める会社は多数あることがわかります。

土曜出勤は決して当たり前ではないんですよね。

ですからもし休みが少ないことが不満、土曜日に出勤はしたくないと思っているなら、その希望に合った会社に転職を検討するべき。

今の売り手市場の状況なら、条件の良い会社への転職も決して不可能なことではありません。

土曜出勤したくないなら年間休日の目安は110日以上

もし土曜に出勤したくないなら、求人票に書かれている年間休日の目安は110日以上。

1年間は52週、土日どちらも完全に休みだとすると104日。

夏季休暇や年末年始に長期連休があると考えれば、110日は必要です。

祝日も休みたいなら年間休日数は120日以上

年間休日が120日以上あれば安心。土日に限らず祝日も休むことができます。できればこの日数を目指したいところ。

ホワイト企業の一つの条件とされることの多い日数ですが、決して少ないわけではありません。

休日出勤にも要注意

転職先を選ぶ際に注意したいのが休日出勤。

会社の所定休日が完全に土日休みとなっていても、頻繁に休日出勤があるとあまり意味はありませんからね。

会社、職種によっては年間40日以上休日出勤せざるを得ない会社もあるので要注意です。

また有給休暇取得率もできることなら気にしたいポイントですね。

転職に向けて

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ