私の転職のきっかけは同期の退職。辞める同期に気づかされた私のやるべきこと

私の転職のきっかけは同期の退職。辞める同期に気づかされた私のやるべきこと

ふと転職サイトを見たこと、上司から怒られたこと、昇給があまりにも少なかったこと、昇給になったことなど、転職のきっかけは人それぞれ。

そして中には周りの人が転職したことがきっかけになったという人もいます。

今回紹介するのは会社の同期の退職がきっかけになった転職の事例。身近な人が退職したことによって気づかされることは多いのかもしれません。

関連:仕事を辞めたいと数年思い続けてきた私が最後の会社を辞めるきっかけになったこと

関連:転職するリスク、同じ会社で働き続けるリスク、どっちが高い?

流れに沿って働き続けた5年間

社会人になって5年。

それまで私は新卒で入社した会社で当たり前のように働いてきました。

入社した会社はまあまあの大手で待遇もそこそこ、特に辞める理由もなく退職、転職することは考えたこともありませんでした。

それなりの会社に入って定年まで働き続けることが、なんとなく当たり前のことだと思っていましたしね。

もちろんこの5年間で嫌なことがなかったわけではありません。いやむしろ山ほどありました。

配属先は全然希望のところではなかったし、仕事が上手くいかず怒られたこともあります。嫌な上司の元で苦労もしました。

ただそれでも私の中で選択肢としてあったのは異動希望を出すなど会社内でできること、そして我慢すること。

結局後者しかしてきませんでしたけどね。

突然仲が良かった同期から退職の相談

そんな感じで働いていたある日、突然同期の中で最も仲良かった友人から今の会社を退職するつもりだという相談を受けました。

相談というよりもほぼ報告でしたね。

密かに転職活動を進めていてすでに内定を貰っている状態。転職先も今よりさらに大手で待遇も良い会社。

それまで身近に会社を辞める人がいなかったこともあったし、同期から退職を報告されたのでかなり衝撃でした。

そしてその同期は約1ヶ月後に次の会社に転職していきました。

同期の退職によって気づかされたこと

この同期が退職したことは、私の中でかなりのインパクトを残すことになりました。

そしてそれまで同じ会社で定年まで働き続けることを当たり前と考えていた私に新たな気づきを与えてくれました。

同期の転職に羨ましさを覚えてしまっている自分

私は転職に対してどこかネガティブなイメージをもっていました。

就職で失敗してしまったならまだしも、そこそこの会社に入れたなら定年まで働き続けることが当たり前、そんな風に考えていたのです。

しかしいざ同期が転職するとなった時に感じたのは「羨ましい」という気持ちでした。

今よりも待遇が良い会社だったからという理由もありますが、ただ盲目的に働き続けることを良しとせずに自分の力で新しい道を切り開いたという事実が私にとって何よりも羨ましかったんです。

転職という選択肢は身近にある

それまで身近に転職した人がいなかったということもあって、転職はどこか遠い存在で私の中にはそもそも選択肢としてありませんでした。

しかし今回のことで転職という選択肢が意外なほど身近にあるものだと実感させられました。

仲良かったこともあって転職活動の話、転職を決めた理由など色々聞きましたが、聞けば聞くほど転職は遠いものではなく近いものであると感じるようになったのです。

同じ会社で働き続けることが理想的ではない

転職した同期に羨ましさを覚え、転職が身近なものであると気づいたことで、私の中では同じ会社で働き続けることが理想的な形ではないと感じるようになりました。

もちろん一つの会社で働き続けることにもメリットはあるでしょう。しかし転職することにもメリットはあり、最初からそれを選択肢から外してしまうのはかなりもったいない、そんな風に感じるようになったのです。

諦めていたことを実現できるかもしれない可能性

転職を意識すると、次に私が感じたことは諦めていたことが実現するできるのではないかという期待です。

就職したばかりはやりたいことがあったのに配属が希望通りに行かずにそれができていませんでした。

転職するという選択肢がなかったので諦め、ただ会社から与えられた範囲で我慢するしかなかったんです。

しかし転職という選択ができたことによって、諦めて我慢し続けることができなくなっていきました。

そして私は転職活動を始めた

結局私は同期が転職して3ヶ月後、転職活動を開始しました。

この時点で転職する決意が完全に固まっていたわけではありません。

なんだかんだ待遇は良いし、人間関係も良好、仕事自体もそれなり順調でしたから、簡単に転職を決意することはできませんでした。

ただかといってそれだけの理由で転職への思いは消えることがなかったので、とりあえず転職活動をやってみてその結果次第で考えようと思ったのです。

そして結果的には転職するに至りました。

希望の会社、希望の仕事から内定を貰うことができ、これならば転職しても後悔しないと思えたからです。

転職が気になるならとりあえず転職活動してみれば良い

転職は誰もがしようと思えばできるものです。

ただ先入観、恐怖心、現在の居心地の良さから最初からその選択をないものにしてみます。

ただそれは非常にもったいないこと。もしかしたら今よりもずっと良い環境に巡り合えるかもしれないのですから。

転職が気になるならまずは転職活動を始めてみましょう。最初から大きな決断をする必要はありません。

今は転職エージェント等の支援サービスが充実しており、在職中でも手間を極力少なくして転職活動を進めることができます。

ぜひ将来の為にやってみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ