転職が難しい人、転職しやすい人、その違いは?

転職が難しい人、転職しやすい人、その違いは?

転職することが難しい人もいれば、転職しやすい人もいます。

それはその人自身の持っている色々な面に影響します。

今回はどのような人が転職が難しく、どのような人が転職しやすいのかを解説していきます。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:初めての転職を成功する為にやるべきことや注意点

スポンサーリンク

転職が難しい人、転職しやすい人

様々な面で転職が難しい、簡単は変わってきます。

年齢が高いと転職は難しい

転職のしやすさの要因として、年齢があげられます。

最も転職がしやすい年齢は25歳~35歳と言われています。

35歳以降、徐々に求人数は減っていくなど、転職は難しくなっていく傾向があります。

採用する側としては、長く働いてもらいたかい、前職からの変化に対応しやすいなどの理由から、年齢が若い人を採用したい傾向があります。

中高年の転職はやはり難しいのが現状です。

転職回数が多いと転職が難しい

以前の記事、転職回数は多いと不利?一回目の転職は気にしなくていい!の中でも紹介していますが、

転職回数は1,2回程度であれば問題ありませんが、それ以上になると、転職回数が多いほど転職が難しくなっていきます。

転職回数が多いと、すぐ辞めるのではないかと思われてしまいます。

経験年数

経験年数は長いほうがいいです。

長ければ、長いほど、採用したあとに即戦力として、働いてくれる見込みがあるからです。

ただ、上記で述べているように年齢も関係しますから、長ければ長いほうがいいというわけではありません。

大卒で転職0回の人であれば、30歳の時には経験年数は8年あるわけですから、それなりに有利に働きます。

一方、転職回数が多く、30歳でも1年程度の経験年数しかない場合には転職は難しいとなります。

また、未経験の職種への転職ですが、これは若ければ若い方が有利です。

特に35歳以降の未経験職種への転職は難しいのが現状です。

職種、業界

職種、業界によっても転職のしやすさ、難しさは変わってきます。

当然、需要が多い職種、業界であれば、転職はしやすく、需要が少ない職種、業界であれば転職は難しくなります

人手不足の業界ランキング。就職するかしないかはあなた次第。でも紹介していますが、

情報サービス業や建設業は人手不足の傾向が強く、転職がしやすい業界となっています。

職種は技術系のほうが、転職はしやすいと言われています。特有のスキルが必要となる為です。

前職の雇用形態

前職が正社員であれば、正社員に転職することは難しくないとされています。

一方、前職が派遣社員など、非正規社員である場合には、正社員に転職することが難しいとされています。

その理由葉、派遣社員の場合、正社員と同様の責任を負った仕事をしておらず、また教育も正社員ほど受けていないと思われてしまう為です。

同じ経験年数だとしても、濃密度が違うと思われてしまいます。

また、派遣社員の場合3年ほどで転々とする場合も多い為、キャリアに一貫性がないということも理由としてあげられます。

転職が難しいとしてもできないわけではない

転職がしやすい場合、難しい場合について紹介してきました。

実際、人によって転職しやすい、難しいというのがあります。

しかし、注意しなくてはいけないのは、難しいからといって、転職ができないわけではないということです。

上記で紹介したのは、あくまで相対的なことですから、もし転職したいと考えているなら、難しいとしても挑戦してみることは必要であると考えます。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:中途採用の筆記試験、一般常識問題や適性検査、論文はどう対策すればい?

関連:転職する自信がない、自分に自信を持てない時に考えるべきこと

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ