休日に仕事の電話、無視したいけれど・・・

休日に仕事の電話、無視したいけれど・・・

休日に仕事の電話がかかってくることは、ビジネスマンにとってよくある話です。

携帯電話が普及した為、いつ、どこにいても簡単に連絡がつくようになってしまった為です。

たまにであればいいかもしれませんが、あまりに続くようだと休日にも関わらず心は休まらずに辛いものになってしまいます。

そこで、今回は休日にかかってくる仕事の電話の対策を紹介していきます。

関連:残業代ゼロ!サービス残業が当たり前?それは大きな間違い!

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

スポンサーリンク

休日の電話はでる?でない?

休日に仕事の電話がかかってきた時、あなたはでますか?

休日に仕事の電話したら、賃金を貰う権利がある

休日に仕事の電話をする場合、ほとんどの人が無償で行っているでしょう。

しかし、これはサービス残業と同じことであり、本来であれば賃金を貰うことができます。

とはいえ、なかなか請求できないですが。

基本的には休日に電話をでる必要はありませんし、そもそも連絡先を教える必要もありません。

休日でも電話できる状態にさせること、電話をかけた際にでさせることを強要することが労働基準法違反となります。

電話にでてしまう人がほとんど

休日に仕事の電話をでることが必要ないし、労働基準法で守られているとはいっても、実態としては出ざるをえないという人が多いのではないでしょうか。

仕事の電話にでないことによって、上司に怒られるだとか、自分が担当している仕事が遅れてしまうだとか、理由は様々だと思いますが、完全に無視できる人もなかなかいないでしょう。

スポンサーリンク

休日の仕事の電話が苦痛、どう対処する?

休日に仕事の電話がかかってくることは、誰にとってもあまり嬉しくはないこと。

あまりに頻度が高いとかなり苦痛なことになってしまいますね。

とはいえ、次の休日からは完全に無視をするなんてことは難しいのが実態です。

そこで、いくつか対処法を紹介します。

仕事用とプライベート用で携帯を分ける

仕事用とプライベート用で一つの携帯電話を使用していると、休日にどうしても電話に気づいてしまい、気になってしまいます。

上司から電話がかかってきた場合でも着信履歴が残る為、無視したことがわかってしまいます。

もし、仕事用とプライベート用で携帯電話を分けていれば、休日は見なくていい状況を作れますし、電源を切っておけば無視したことにもなりません。

留守電の応答に休日であることが伝わる伝言を入れておけばいいです。

留守電を活用

仕事とプライベートを完全に割り切れる人であればいいですが、そうもいかない人もいるでしょう。

休日の電話に対して、もしかしたら大変なことかもしれないと気になってしまうこともあります。

そんな時には留守電を活用しましょう。

急な用件であれば、留守電に伝言を入れるはずです。

逆に言うと、留守電に伝言が入っていない場合は気にしなくていいのです。

かける側にも配慮は必要

あなたは、休日、特に有給休暇をとっている同僚に対して、電話をかけたことはありませんか?

休日には、しっかり休ませてあげることを考え、電話はかけないようにしなくてはありません。

とはいえ、どうしても聞きたいことがでることもあるでしょう。

しかし、そんな場合にはメールで聞く等の配慮も必要です。

相手の休暇を妨げるような行為はしてはいけないのです。

最近は、たいしたことでなくても電話をかける人が増えてきたような気がします。

休日は休日として、全員が休む意識をもたなくてはいけません。

もしも電話を強制させられたら

休日でも仕事に電話をでることが当然という人は、残念ながらたくさんいます。

少しなら我慢もできるでしょうが、あまりにもひどく、休日にも関わらず全然。休めない状況が続くのであらば、会社を辞めることも考えましょう。

しっかりと心しを休める時間を作れないことは、うつ病などの精神的な病気にもつながってしまいます。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:過労死ラインの基準は?過労死の原因、前兆を知って対策

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ