休日に仕事の電話、無視したいけれど・・・

休日に仕事の電話、無視したいけれど・・・

休日に仕事の電話がかかってくることは、ビジネスマンにとってよくある話です。

携帯電話が普及した為、いつ、どこにいても簡単に連絡がつくようになってしまった為です。

たまにであればいいかもしれませんが、あまりに続くようだと休日にも関わらず心は休まらずに辛いものになってしまいます。

そこで、今回は休日にかかってくる仕事の電話の対策を紹介していきます。

関連:残業代ゼロ!サービス残業が当たり前?それは大きな間違い!

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

スポンサーリンク

休日の電話はでる?でない?

休日に仕事の電話がかかってきた時、あなたはでますか?

休日に仕事の電話したら、賃金を貰う権利がある

休日に仕事の電話をする場合、ほとんどの人が無償で行っているでしょう。

しかし、これはサービス残業と同じことであり、本来であれば賃金を貰うことができます。

とはいえ、なかなか請求できないですが。

基本的には休日に電話をでる必要はありませんし、そもそも連絡先を教える必要もありません。

休日でも電話できる状態にさせること、電話をかけた際にでさせることを強要することが労働基準法違反となります。

電話にでてしまう人がほとんど

休日に仕事の電話をでることが必要ないし、労働基準法で守られているとはいっても、実態としては出ざるをえないという人が多いのではないでしょうか。

仕事の電話にでないことによって、上司に怒られるだとか、自分が担当している仕事が遅れてしまうだとか、理由は様々だと思いますが、完全に無視できる人もなかなかいないでしょう。

スポンサーリンク

休日の仕事の電話が苦痛、どう対処する?

休日に仕事の電話がかかってくることは、誰にとってもあまり嬉しくはないこと。

あまりに頻度が高いとかなり苦痛なことになってしまいますね。

とはいえ、次の休日からは完全に無視をするなんてことは難しいのが実態です。

そこで、いくつか対処法を紹介します。

仕事用とプライベート用で携帯を分ける

仕事用とプライベート用で一つの携帯電話を使用していると、休日にどうしても電話に気づいてしまい、気になってしまいます。

上司から電話がかかってきた場合でも着信履歴が残る為、無視したことがわかってしまいます。

もし、仕事用とプライベート用で携帯電話を分けていれば、休日は見なくていい状況を作れますし、電源を切っておけば無視したことにもなりません。

留守電の応答に休日であることが伝わる伝言を入れておけばいいです。

留守電を活用

仕事とプライベートを完全に割り切れる人であればいいですが、そうもいかない人もいるでしょう。

休日の電話に対して、もしかしたら大変なことかもしれないと気になってしまうこともあります。

そんな時には留守電を活用しましょう。

急な用件であれば、留守電に伝言を入れるはずです。

逆に言うと、留守電に伝言が入っていない場合は気にしなくていいのです。

かける側にも配慮は必要

あなたは、休日、特に有給休暇をとっている同僚に対して、電話をかけたことはありませんか?

休日には、しっかり休ませてあげることを考え、電話はかけないようにしなくてはありません。

とはいえ、どうしても聞きたいことがでることもあるでしょう。

しかし、そんな場合にはメールで聞く等の配慮も必要です。

相手の休暇を妨げるような行為はしてはいけないのです。

最近は、たいしたことでなくても電話をかける人が増えてきたような気がします。

休日は休日として、全員が休む意識をもたなくてはいけません。

もしも電話を強制させられたら

休日でも仕事に電話をでることが当然という人は、残念ながらたくさんいます。

少しなら我慢もできるでしょうが、あまりにもひどく、休日にも関わらず全然。休めない状況が続くのであらば、会社を辞めることも考えましょう。

しっかりと心しを休める時間を作れないことは、うつ病などの精神的な病気にもつながってしまいます。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:過労死ラインの基準は?過労死の原因、前兆を知って対策

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ