買う前に要注意!!電子書籍と紙の本のメリットとデメリット

電子書籍と紙の本のメリットとデメリットを解説

電子書籍と紙の本。

あたなたどっちを多く使っていますか?

どちらにも良い点、悪い点があります。

それぞれのメリット、デメリットを押さえておきましょう。

関連:私が電子書籍を使う理由と具体的な活用方法

スポンサーリンク

電子書籍のメリット、デメリット

電子書籍のメリット、デメリットを確認していきましょう。

電子書籍のメリット

電子書籍のメリットは以下の通り。

・大量の本を簡単に持ち歩ける

これが、電子書籍の最大のメリットではないうでしょうか。

スマホなり、タブレットなり、大量の本が持ち歩けます。

外出先にあれを読みたい!って思ったらすぐに読むことができるし、長期の旅行にいく時にも荷物は増えない。非常にありがたい。

 

・すぐ買える

暇だなーと思った時、本ですぐ調べたいと思った時、インターネットですぐ買える!深夜でも関係なし!

本屋に行くってコンビニ行くのとは違って、遠い場合も多いので行くのがめんどくさかったり。

 

・種類が豊富

専門書だと、相当大きな本やに行かないと売っていなかったり、取り寄せになったり・・・。

一般書であっても売り切れていたり・・・。

電子書籍なら、ストアによりますが、専門書を豊富に扱ってくれています。

 

・たまに値下げしている

専門書50%OFFだとか、日替わり40%OFFやってますね。

無料の本もちらほらあったり。

 

・本の劣化がない

コーヒーをこぼすとか、思わず破けるとか、電子書籍にはそのような心配は一切なし。

スマホやタブレットが壊れても、データとしているので心配なし。

 

・タイトル等をばれずに読める

私はあまり会社にはばれたくない本(副業等)を昼休みに読んでいますが、

紙の本で堂々とは読めませんね。

デメリット

・余白に書き込みができない

小説等であれば書き込むことはないですが、学術書、専門書等、書き込みをしたい時にできない。

 

・読みにくい

専門書、学術書等で絵、グラフを使用している本は特にですが、文字が非常に小さくて読みにくい。

スマホだとかなり拡大しなきゃならないし、タブレットでもきつい。

また、ふと戻りたいと思った時もやりにくい。

まあ慣れもあるとは思いますが。

 

・中古本を売ることができない

読み終わった本、もう読まない本を売りたいと思っても売れない。

データとして残るだけですね。

 

・中古本に比べて価格が高い

Amazonを見ると読みたい中古本が、超格安で売っていますが、

電子書籍には上記で述べたように中古というものがないのでちょっと高め。

 

・読みたい本が電子書籍化されていないこともある。

まだまだ、全ての本がされているわけではありません。

来年に100万作品突破するみたいです。

 

・複数のストアを利用する必要がある場合も

それぞれのストアで得意、不得意があります。

読みたい本がいつも使っているストアになければ、違うストアを使わなくてはなりません。

参照:ヨドバシカメラが電子書籍ストアをオープン。他との区別化は?

スポンサーリンク

紙の本のメリット、デメリット

紙の本のメリット、デメリットは以下の通り。

紙の本のメリット

・発売が早い

一般的に紙の本が発売された後に、電子書籍が発売されるので、発売直後にすぐ読みたいっていう人には紙の本ですね。

 

・読みやすい

慣れもあるでしょうが、本はそれぞれの種類に応じて、読みやすいサイズになっています。

見やすく、また簡単振り返ることができる。

 

・中古で売ることができる。

私はよく専門書を買いますが、読まなくなった本をAmazonで売っています。

かなり高値で売れることができるので非常に助かります。

 

・本屋で実際に中身を見ながら決めることができる

これと決まった本ではなく、ジャンルは決まっているんだけど・・・というう時には

本屋でパラパラ中身を決めることができます。

 

・電池の心配がない

電子書籍では、スマホやタブレットの電池がなくなれば読むことできませんが

そんな心配なし

 

・飛行機の発着時に読める

飛行機の発着時はオフラインであっても、電子機器の使用はNG。

紙の本は読むことができるので、いつも1冊必ず持ち込みます。

 

・インテリアにもなる。

本が綺麗に、かっこよく並んでいる部屋ってなんかかっこいいですよね。

紙の本のデメリット

・すぐ読めない

オンラインで買って届くのを待つか、本屋で買うか、電子書籍よりは手間になります。

 

・荷物になる

文庫本一冊であればいいですが、本って以外に重たいですよね。

何冊も持ち歩くのはなかなかつらい。

 

・劣化する

破れたり、濡れてしまったり・・・

 

・置き場所に困る

本が多くなってくると、家の中が本だらけ!って人もまあまあいるのでは?

スポンサーリンク

まとめ

Q.電子書籍と紙の本では、どちらが好き?

という質問の結果、

電子書籍…27.3%

紙の本…72.3%

という結果だそうです。

紙の本が圧倒的に多いですね。

 

それぞれメリット、デメリットがあるのでうまく利用するのがいいですね

私としては、

漫画、小説・・・電子書籍

専門書、学術書・・・紙の本

という形で利用しています。

詳細はこちら⇒私が電子書籍を使う理由と具体的な活用方法

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ