転職に失敗したが出戻りを成功させた人はどんな人?無理なら潔く諦めることも大切

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

転職に失敗したが出戻りを成功させた人はどんな人?無理なら潔く諦めることも大切

どうせ転職するなら誰もがその転職を成功させたいもの。しかし残念なことに転職した人全員が成功をおさめることができるわけではなく、中には失敗して転職したことを後悔してしまう人もいます。

ではもし失敗してしまったらどうすればいいのでしょうか。

その一つの選択肢として、転職前の会社に戻る出戻り転職があります。

関連:転職後1年たったタイミングで再転職する場合の心構え

関連:前の会社に戻りたい?出戻りできる可能性や、出戻り後の現実

転職で失敗、そんな時あなたならどうする?

転職先がイメージと違った、ブラック企業だった、前の会社の方が良かった。そんな風に転職に失敗してしまった時、あなたならどうしますか?

失敗後にとることができる手段としては3つあります。

すぐに再転職か、我慢して働くか、前の会社に出戻りするか。その3つのどれかを選ばなくてはなりません。

すぐに再転職

まず一つ目がすぐに再転職して、自分に合った会社を見つけるという手段。

我慢して働き続ける必要がないというメリットがある反面、短期離職することによって転職活動で不利になってしまったり、次の転職先でもまた同様の過ちを犯してしまう可能性があるというデメリットがあります。

ただ仕事を辞めずに転職活動を行うとともに、前回の転職での反省を生かして転職後のギャップを減らすことでかなり失敗のリスクを下げ確実な転職を行うことができるので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

我慢して働く

おそらく転職に失敗した人の多くの人は、辞めるに辞められずに我慢して働くことを選んでいると思います。

短期離職によって職歴を傷つけることを避けることが主な目的。とりあえず数年働いてからまた転職するチャレンジを伺うことになるでしょう。

もちろん我慢して働くことは苦痛。3年も耐え続けるというのは中々大変なことです。

ただ最初は我慢していても、働き続けることによってなんだかんだで慣れていき、転職して良かったと思えるようになってくる可能性もあるメリットもあります。

出戻り転職

そして今回注目する出戻り転職。

転職した後で転職前の会社の方が良かったと感じるようになり、戻ることを希望する人は少なくありません。

前の職場ならどういった環境なのか、どういった仕事をするのかということもわかるし、人間関係もゼロからというわけではないので、そういう気持ちを持つのは当然のことなのかもしれません。

出戻り転職は正直難しい?実際の実情

転職で失敗してしまった時に多くの人が希望する出戻り転職。

もしこれが容易にできるならば、転職の失敗に対する怖さも少なくなり、もっともっと多くの人がチャレンジすることができるようになるのかもしれません。

では出戻り転職は実際のところどれほどの企業で行われているのでしょうか。

転職サイトエン・ジャパンの「出戻り社員について」という記事によると、一度退職した社員を再雇用したことがある会社の割合は67%。3社に2社が再雇用した経験があると回答しています。

特に大企業ほどその傾向は強くなり、従業員数501~1000名の会社では89%、従業員数1001名以上の会社では90%の会社が再雇用した経験があるそうです。

再雇用された人の年代は30代、40代の即戦力となりうる人材が多いようです。

出戻り転職する手段

では実際に出戻り転職をするとなると、どういった手段をとることになるのでしょうか。

約7割程度の会社が退職した社員を再雇用した経験がありますが、実際に制度として設けているのはごくわずか。たったの12%しかありません。

それ故に企業が行っている中途採用枠に応募するか、自ら戻りたいことを進言しなくてはなりません。

さらにそこから、戻るべき人材であるかどうかの根拠も必要。

実際、企業側が再雇用することになったきっかけとしても、以下の通り推薦があったことが上位になっています(複数回答可)。

  1. 在職時の上司からの推薦・・・59%
  2. 在職時の同僚からの推薦・・・33%
  3. 社長・経営陣からの推薦・・・31%
  4. 再雇用制度を使用した応募・・・8%

上司もしくは同僚から推薦されることが出戻り転職をすることの条件と言えるでしょう。

働いた経験があるということはあなたがその会社についてよく知っていると同時に、会社側もあなたがどういった人材かを知っています。

それが出戻り転職を許可するかどうかの判断基準になるのは間違いなく事実です。

出戻り転職できる可能性はある。ただそれでもやっぱり難しい。

企業にとって中途採用で能力が未知数の人を取るより、一度働いていてどういった人材かを知っている方が安心できます。

またどんな経験者でも会社によって仕事のやり方は違いますから、即戦力という観点でも見ても有利。

だからこそこれだけ多くの会社が出戻り転職を許可しています。

しかしメリットだけではありません。

出戻り転職の事例を作ることによって他の社員にそのチャンスがあると思わせてしまうことがあったり、他の社員のモチベーション低下につながる可能性もあります。また戻ってきた時の役職、待遇なども難しい部分があります。

それ故に出戻り転職することが可能となるのは、相当優秀な人材であることが条件となるでしょう。

そもそも企業によっては一度退職した社員は採用したくないと思っている企業も多いですし、推薦されなければいくら本人が戻りたくても不可能。

出戻り転職を許可した会社が多くても、実際に希望して戻ることができた人というのはごくわずかなのです。

また上手いこと出戻り転職することができたとしても、必ずしも前と同様に働くこととは限らりません。

出世競争からは外れることにもなるし、他の社員から嫌がられる可能性だってあります。

戻ってきてくれて良かったと思ってくれる人もいるでしょうが、一度離れたことに対して嫌悪感を抱く人というのは必ずいるものです。

出戻り転職を成功させた人はどんな人?

実際に出戻り転職する人はいます。ただ決して簡単なものではありません。

ではどういった人が出戻り転職を成功させることができているのでしょうか。

上司からの打診で出戻り転職

私が出戻り転職したのは、転職して1年後のこと。

自分の力を試したい、違う場所でチャレンジしたいと考えて踏み切った転職でしたが思い通りにはいかず悩んでいた時に上司から戻ってこないかという打診があって出戻り転職することができました。

上司とは転職してからもたまに飲みに行く機会があったので、転職後の仕事で悩んでいることも知ってくれていたことがその打診につながりました。

また中途採用で中々良い人材が集まらなかった、仕事が増えて人手不足だった、自分の能力を高く評価してくれていたという理由もあったみたいです。

給料は前に働いていた時と同じ。1年分の昇給がなくなり同期とも差がついてはしまったものの、昇格に関しては実力で評価してくれたので良かったです。

出戻り転職することになるカギは前職での上司。

退職時に円満退職をし、上司と良い関係を築いたまま転職することが出戻り転職をする一つの条件と言えるでしょう。

今回の事例のように退職後も元上司と連絡をとりあうことができているなら、

また人手不足など、前の会社の社内の状況やタイミングも出戻り転職できるかに大きくかかわってくると言えますね。

実例があったので中途採用に応募

私の場合は前の会社が中途採用の募集をかけていたので思い切って応募したことが出戻り転職をしたきっかけです。

元々職場に出戻り転職した人が2人いて、しかも上司がその経験あった人だったし、退職時も変なトラブルはなく、会社に在籍していた時はそれなりの結果を出していたという自負もあったので、それなりに可能性はあると思ってチャレンジしました。

中途採用時は上司もぜひにと言ってくれたらしく、無事採用されました。

中途採用枠から応募するのは一つの手段。大企業の場合だと実例があるかないかわからない場合もあるので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

会社自体が採用する気がないのであれば、履歴書の職歴を見て不採用とするだけのことですから、特にリスクはありませんしね。

ただこちらも円満退職で、かつ在籍時には上司からの評価が高かったからこそ。出戻り転職ではそれが必須と言えるでしょう。

離れたからこそアピールした

私は転職した2年後に前の会社に戻りました。

ダメ元で前の上司に戻りたいと連絡したところ、人事には話をしておくからと言っていただき、通常の中途採用と同様の流れで採用活動に臨むことになりました。

面接では2年離れたことによって学んだこと、特にその会社にい続けるだけでは学べなかったことでその会社にメリットになることを重視してアピール。

無事採用され、前の職場に戻ることになりました。

出戻り転職できるかは会社次第であるとともに本人次第。

特にどうしても戻ってきてほしいと思わせることができるくらいの結果を残していない場合は、離れたからこそ学んだことは一つの武器になるでしょう。

出戻り転職ができない場合

出戻り転職するには、前の会社を辞める際にどういった辞め方をしたかや、その会社でどういった成果を出してきたかが非常に重要。

トラブルになって辞めていたり、中程度の成果しか残せていないようならば、出戻り転職することはかなり困難、ほぼ不可能でしょう。

ですので無理なら無理ですっぱりと諦めることも必要です。無理にこだわり続けることは決して良いことではありません。

短期離職は確かに不利になりますが、転職は決して不可能なことではなく、転職前の会社よりも良い会社を見つけることは十分に可能なことです。

再転職成功に向けて

転職活動を行う場合は転職サイト、転職エージェントを利用するようにしてください。かなり転職活動を優位に進めることが可能となります。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ