前の会社に戻りたい?出戻りできる可能性や、出戻り後の現実

前の会社に戻りたい?出戻りできる可能性や、出戻り後の現実

転職に失敗したから、離れることで前の会社の良さが見えてきたからなど、理由は色々とありますが、

あれだけ仕事を辞めたくて転職したにも関わらず、実際に転職した後に前の会社に戻りたいと考える人も少なくありません。

今回はそんな出戻り転職の実態について紹介します。

関連:転職で失敗したらどうなる?実際に転職で失敗した後の体験談

関連:公務員に転職して失敗した人は意外に多い。後悔しない為にもよく考えておこう。

転職後の出戻りは可能?不可能?

一度辞めた会社に戻りたい。

本人はそう希望していても、会社が受け入れてくれなければ、まず不可能です。

そもそも出戻り転職が可能なのでしょうか、不可能なのでしょうか。

基本的にできないことが多い

出戻り転職は、基本的にできないと考えておいたほうがいいのが実際のところ。

会社にとってみれば、一度は辞めた人間を再度雇うなんてことは、特別な理由がない限りはしませんね。

特に大手企業だとその傾向は強くなります。募集をかければたくさんの応募者が来る大手企業にとってみれば、わざわざ1度辞めた人間を雇いません。

会社にとって、一度その会社で経験した人材は再度教育する必要もないし、入社後すぐに活躍してくれるといった点を考えればメリットのある採用なはずです。

しかし、出戻り転職の実例を作ってしまうと、転職に失敗してもまた戻れるということを現在の社員に思わせることになってしまい、優秀な社員が流出してしまう危険性があるので避ける傾向にあるのです。

できる場合はどんな時?

ただ、出戻り転職は絶対に不可能だというわけではなく、中には実現することができたという場合もあるのは事実です。

出戻り転職できた人は、以下の特徴があります。

影響力の強い元上司と関係が強い

出戻りする際に、内部の人間から人事への口利きはかなり重要。

人事に一度辞めたという事実がある人を再度雇うことを決める上で、そこそこの影響力の強い人からの提言があるかないかでは全然違います。

それどこか、そういうのがなければ応募したところで履歴書を見て即落とされるなんてことも多いです。

業界自体が出戻り転職を許容している

業界によっては出戻り転職自体が一般的に行われているなんて場合もあります。

また、外資系企業ではよくあることなので、出戻り転職できる可能性は高くなります。

自分が戻ろうとしている会社で働いていた時、周りに出戻りした人がいれば、自分も戻れる可能性は決してゼロではありません。

特別に優秀

なんだかんだ、特別に優秀な人って出戻り転職することが許されることも多いです。

一度辞めた人であっても、再度雇う価値がある人材だと認められれば採用される可能性は高くなります。

そう思われるかどうかは、在職中の評価がかなり重要となります。

顕著な人手不足

求人を出しても、希望している人材が全然集まらずに顕著な人手不足に陥っている企業も出戻り転職を受け入れる要因になりますね。

そうなると一度辞めたとか言ってられませんからね。

現在はそんな会社も増えています。およそ7割の企業は人手不足に陥っているそうです。

出戻り転職ができたとしても・・・

出戻り転職は、できたからと言って元の状態に戻ることができないということは覚悟しておいたほうがいいです。

転職して失敗し、出戻りしたけどそれも失敗なんてことは絶対に避けたいことですから、本当に出戻りするかどうかは、よく考えてからにしましょう。

社内での居心地はこれまで通りといかない

一度辞めたという事実を、職場の人全てが受け入れられるわけではありません。

辞めた時の状況がどうだったかにもよりますが、忙しい時期、プロジェクトが中途半端な時期に辞めていれば、そのことによって多少なりとも迷惑をかけたことになっていて恨みを買っている可能性もあります。

以前は居心地が良かった職場も、一度辞めて戻ってきた頃には変わっているものだと考えたほうがいいですし、それ以上に不利な状況に追い込まれてしまう場合もあるえるのです。

給与面、出世面では不利になる場合が多い

給料が同年代から比較して少ないだとかは当たり前、それどころかその会社で以前働いていた頃よりも減ってしまったなんて人も数多くいます。

出世に関しても、期待はできません。

そうなった時に、同期が次々に転職するのを見て、あの時転職なんてしなければという思いを強く抱くことになるでしょう。

出戻り転職か、それとも普通の転職か

私個人的な意見としては、極力出戻り転職するのではなく、普通の転職をすることをおすすめします。

誰でも過去は美化して考えてしまうもの。

出戻り転職しても比較対象はその美化されたものになってしまう為、ギャップを感じて後悔することになる可能性が高くなります

まずは今の現状の不満、そして自分がどうなりたいのかをしっかり整理した上でどうするのか考えてみましょう。

今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:転職先が決まったけど不安で迷いが生じているならどうすればいいか

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ