仕事ができない上司の下で働くリスク、ストレスはかなり大きいかも

仕事ができない上司の下で働くリスク、ストレスはかなり大きいかも

あまりに厳しすぎる上司も困りますが、あまりに仕事ができなさすぎる上司というのも困ったものです。

上司だどうであろうと自分の仕事に集中してこなしていくだけで済めば良いのですが、そうもいかないことも多いですよね。

仕事ができない上司で働くこと。実は多くのリスクがあることなのです。

関連:上司と喧嘩したらどうなる?辞めて転職した方が良い場合は?

関連:怒鳴る上司への対処法。パワハラの可能性もあり、場合によっては逃げることも必要

仕事ができない上司の下で働くのは一苦労

なんでこんな人が管理職になったんだろうかと不思議になることって多いですよね。

たまたまタイミングが良かったり、昔は仕事対するモチベーションが高かったり、さらに上の上司から評価されていたりと理由は色々とあるのだと思いますが、現時点ではその立場に見合っていない人というのも残念ながらいます。

ただ会社として一度管理職という立場に挙げた以上はめったに降格することなんてできないし、部下の立場として上司を選ぶことはできません。

もちろん上司がどういった人かだけが、仕事の全てを決定するわけではありません。

仕事ができない上司も元でも上手く立ち回っていくことができる優秀な人もいるでしょう。

ただやっぱり仕事ができない上司よりも仕事ができる上司の下で働く方がずっと楽。

無駄に大変な思いをすることも多く、他の課や係、グループ等の同僚に比べて大変な思いをしている人は多いかと思います。

仕事ができない上司の下で働くリスク

では仕事ができない上司の下で働くことには、具体的にどういったリスクがあるのでしょうか。

頼ることができず全てを自分で解決しなくてはならない

なんでもかんでも困ったらすぐに上司を頼るというのはやってはいけないこと。

報告は必要ですが、基本的には自分で解決策を絞りだしで仕事を進めていかなくてはなりません。

ただ仕事には時に管理職の立場、上司という立場だからこそ簡単に解決に繋がるということがあります。

特に入社数年しかたっていない人だと、どれだけ優秀でも単に若いという理由、役職がないという理由から話すら聞いて貰えないなんてことも多いのが現実です。

そういった時に上司が上手く手助けをしてくれると助かるのですが、一切頼ることができず全てを自分で解決しなくてはならなくなると本当に大変。

単に結果だけ見て仕事が遅れていると文句を言われ、ストレスはたまる一方です。

成果を上げにくい

上記のようなこともあり無駄なことに労力を使ってしまったり、仕事の割り振りが下手くそすぎる結果、成果を上げにくいという問題もあります。

良い上司に巡り合えてどんどん成果を挙げながら成長していく人もいれば、だめな上司にあたってしまい成長できずにいる人もいて、どんどん差が広がっていってしまっているなと客観的に見ていても実感しますね。

同じような目で見られる

上司は上司、部下は部下と見てくれればよいのですが、さらに上の上司だと部下一人ひとりの仕事は把握することができないことがほとんど。

するとどこのグループに所属しているかだけで、あまり良くないイメージを持たれてしまうこともあります。

成果をだせないチームにいるから、成果をだせない人間。そんなイメージを持たれてしまうのは会社生活では決して良いことではありませんよね。

出世に影響する

最終的には出世にも影響してしまう可能性もでてくるでしょう。

成果をだせないからというのも一つの理由ではありますが、上司自身に信用がないというのもかなり重たい問題になります。

上司がいくら推薦してくれても、他に信用のある人が自分の部下を推薦するとそちらが優先されてしまう可能性が高いです。

上司同士の力関係は部下の出世にかなりの影響力をもたらす場合が多々あるのです。

また上司が部下の為にアピールの場を準備してくれずに、どんな成果を上げたか周りに認知させてもらえないということも影響する部分です。

もし仕事のできない上司の下で働くことになったら

こういった上司の下にはならないことが一番ですが、部下の立場から上司を選ぶことはできません。

ではもし仕事のできない上司の下で働くことになってしまったらどうでしょう。

結局上司頼ることができない以上、頼ることは諦めて自分の持っている武器を最大限に使いながら、できることをしていくしかありません。

上司がだめなら、どうしようもない時に限り先輩等を相談をしてみる。

自分から積極的にアピールできる場を作る。

自分のグループの枠を超え、他のグループの上司とも人脈を築いておく。

直属の上司がだめでも、会社には他にも色々な人がいます。狭い範囲で考えることをやめましょう。

先ほど仕事ができない上司の下についてしまうと成長が遅くなるということを述べましたが、全員がそういうわけではありません。

逆に上司を反面教師として、頼るものがないからこそどんどん成長していき、会社にとって無くてはならない優秀な人材になった人もたくさんいるのです。

転職という選択肢

ここで一つ転職という選択肢についても考えてみたいと思います。

どこにいったって仕事ができない上司はいます。

超大手で出世に明確な基準を持たせ、管理職に対して定期的に教育を実施しているような企業であっても仕事ができない上司は存在しています。

ですから転職しても、必ずしも恵まれた上司にあたるとは限りません。

だからこそまずは自分としてできることを考えてみるべきだと思います。

他に主要な理由があるならまだしも、単にそれだけで転職してしまっても良い方向に働かない可能性も少なくありませんから。

ただ上司のせいで精神的に限界となってしまっているならば、その上司から離れる為に転職してしまうというのはありだと思います。

いつか上司は変わるからと我慢し続けた結果、体を壊してしまったら元も子もありません。

上司が嫌い、上司と合わない、上司から嫌われているなど、上司から受けるストレスは色々とあると思います。

そのストレスがあまりにも大きなものであれば、こんな理由でと思わずにもっと良い環境に転職する方が得策でしょう。

今は在職中でも転職エージェント等を使えばかなり手間が少なく転職活動を進めることができますから、まずはやってみると良いでしょう。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



このページの先頭へ