仕事ができないから辛いと感じた時にやるべきこと。毎日怒られる現状から脱出するには?

仕事ができないから辛いと感じた時にやるべきこと

仕事ができるかできないかは、単に出世できるかできないかを左右するだけではなく、会社生活自体が過ごしやすいものになるかどうかにも大きく影響することであり、仕事ができないことによってかなり辛い思いをしている人は少なくないと思います。

中には仕事量が少なく、責任も重い仕事を任せられることがないのでむしろ楽なんていう風に割り切ることができている人もいると思いますが、ほとんどの人はそうではないはず。

あまりに辛く、会社に行くのが嫌で嫌でたまらず、もう行きたくない、仕事を辞めたいと思うようになってしまっているのではないでしょうか。

関連記事

 

仕事ができないというのは想像以上に辛い

仕事ができないというのは、想像以上に辛いと感じることです。

上司からは毎日のように怒られ、周囲からはできない人の烙印を押されバカにされる。

仕事が遅かったりミスすることで他の人の仕事を増やしてしまうことで人間関係も上手くいかなくなる。

仕事ができない自分が恥ずかしく、情けなくなって嫌いで仕方がなくなる。

いいことなんて何もありません。

そして実際これが原因でストレスに耐えきれず辞めてしまった人、体を壊してしまった人も多いのが現実です。

仕事ができない人がまずすべきこと

では仕事ができず辛いと感じている人はどうすればいいのでしょうか。

他人の目なんて気にしなくていい。自分は自分のペースでリラックスして進めればいい。自分で自分を認めてあげればいい。

そんな解決方法も人によってはありなのかもしれません。

ただそんな簡単に自分の心をコントロールすることができる人はいないでしょうし、なにより会社が仕事をする場である以上、チームとして仕事をする以上、そして給料を貰っている以上、はやはり根本的な解決にはなりません。

結局はある程度、人に迷惑をかけないレベルで仕事ができるようになるしかないのです。

ここではその為にまずすべきことを紹介します。

これまでのことを振り返ってみる

あなたがまず行うことはこれまでのことを振り返ってみること。

  • なぜミスが多いのか
  • 何に時間を使っているのか
  • 仕事ができる人と自分は何が違うのか
  • 何故仕事ができないという印象を持たれてしまうのか
  • 何故関係者と上手く関係を築くことができていないのか
  • 何故怒られたのか

特に他の人と比較をしてみることで見えてくることは多いはずです。

その時に気を付けなくてはいけないのは知識、経験がないということで片付けてしまわないこと。

中には知識、経験がないような仕事でも周りの人に協力して貰うなどしてスムーズに仕事を終わらせることができる人もいます。

単に仕方がないと終わらせてしまうのでなく、どうすれば補えるのかまで考えるようにしましょう。

これをやることで見えてくる仕事ができない原因として例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 話をわかったつもりになっていて、曖昧なまま仕事を進めてしまっていた
  • 複数の仕事を自分の中で整理できてなく、目の前の簡単な仕事ばかりに手をつけていた
  • 人に話を聞きにくく何でも自分でやろうとしてしまっていた為に時間がかかってしまっていた

仕事ができない現状から抜け出す為にはまず原因を把握すること。

そしてその原因は自分で見つけなくてはなりません。

基本的なことを意識する

仕事は基本的なことを意識するようにしましょう。

もちろん最初に基本として教えられたことにも、やりにくいことがあったり、無駄なことがあるかもしれません。

それでも最初は基本を重視。自分がやりやすいように進めるのは、もう少し仕事ができるようになってからです。

仕事ができないにも関わらず自分がやりやすいようにやることは、抜け漏れが起きたりミスを引き起こす要因となります。

嫌なことから逃げない

仕事では、嫌だと感じることもたくさんあるでしょう。

上司や先輩への相談・報告であったり、関係者が嫌がりそうな話を持っていくことであったり。

そしてそんな嫌なことは、できることならやりたくないと思うのが当たり前。

ただ仕事においてそういったことから逃げたり、後回しにしてしまうことはさらに大きな問題を引き起こす原因となります。

他にもわからないことを恥ずかしいと思いわかったふりをしたり、怒られることが嫌だからごまかしてしまうなんてことも、その場はしのげても長い目でみたら問題を引き起こす原因。

嫌なこと、やりたくないことこそ逃げずにさっさと終わらせる。

今より仕事ができるようになりたいと思うのであれば絶対に必要なことです。

仕事は終わりを意識する

仕事では終わりをしっかり意識することも大切なこと。

仕事の終わりの形と期限、そしてそうなる為の手順を仕事をスタートさせる前に考えていますか?

それができていないとやるべき仕事の順番を間違えて、納期に間に合わなくなり他の人に迷惑をかけることになったり、焦るあまりにミスをすることになってしまいます。

ぎりぎりで良しとしない

仕事を終わらせることをぎりぎりで良しとすることは止めましょう。

仕事ができない人は、なんでもぎりぎりで計画たてて結局仕事が納期に間に合わないことが多いです。

仕事というのは思っている以上に時間がかかるもの。

意外に難しいことがあったり、関係者に話を聞かなくてはいけないが中々答えを貰えなかったり、上司から修正を受けたり、何かしら起こるものです。

にも関わらず余裕を持って仕事をしていなければ、仕事が間に合わないのは当たり前。そして仕事ができないのは当たり前です。

まだ余裕があるからとだらだら過ごしたり、無駄なことに時間を使っていませんか?

無駄なことにこだわりすぎない

仕事ができない人が仕事に対してこだわりを持っていても、それが周りに良い風にうつることはほとんどありません。

無駄に頑固で言うことをきかない、言った通りにやらないから仕事ができない、融通が利かないので使いづらい。

そんな風に思われるのが関の山です。

こだわりを持つのは仕事がある程度できるようになってから。

仕事ができないうちは、上司や先輩の意見を重視することが大切です。

それでも辛いと感じたら環境を変えることも大切

仕事ができなくて辛いと感じる人は、まずはその原因を把握し一つずつ解決していくことが大切。

いきなりトップクラスまで仕事ができるようになる必要はありません。

年齢相応の仕事ができるようになりさえすればいいのです。

これまでに失った信頼をすぐに取り返すことは難しいですが、これからの仕事を一つずつ確実に行えばきっと今よりは過ごしやすい会社生活を送れるようになるはずです。

ただどうしても辛く、もうこれ以上会社に行くのはきついという場合は環境を変えることも大切。

なんとか上司に異動させてもらったり、仕事を辞めたって構いません。

私の周りでも異動した途端に仕事で成果を上げることができるようになった人もいるし、転職したことで仕事が楽しいと感じることができるようになった人もいます。

大きなストレスを感じながら無理に働き続けても状況は悪化するだけ。

心機一転すっきりした気持ちで働くことができる環境を探すことも大切なことです。

転職活動を始めてみては?

仕事を辞めたいと感じているならば、まずは転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

仕事を行いながら転職活動を行っていれば、良い転職先が見つかった時点で転職に踏み切ることができるのでそれほどリスクも高くありません。

まずは転職サイトや転職エージェントに登録して良い求人がないか調べるところから始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ