転職市場は1月、2月、3月がピーク、この時期に行動しないのは損

転職市場は1月、2月、3月がピーク、この時期に行動しないのは損

転職市場のピークは1月、2月、3月になります。

もし、転職を考えているならこの時期にあわせたいですね。

いずれ転職しようと考えているのなら、1月、2月、3月というピークの時期に、転職活動をはじめましょう。

転職市場のピークは1月、2月、3月

転職市場のピークは1月、2月、3月になります。

このタイミングで最も求人が多くなります。

なぜこの時期が転職のピーク?

その理由は4月入社に向けて動いているからです。

4月は新入社員も入ってくる時期ですから、会社特有のことについて、教育を同時に受けさせることができるなどメリットも大きいです。

他にも年度切り替えのタイミングで人員を切り替えるほうが、中途半端な時期に入社させるよりも楽であることが多いです。

4月入社に向けて動いている場合、企業としては遅くても3月中旬までには採用者を決めたいので、1月、2月、3月は非常に求人数が多い時期となるのです。

ピークの時期に転職活動を行うメリットとは?

メリットその1、求人数が多く、選択肢が広い

転職活動の時期にはとにかく求人数が多い。まずこれが最大のメリットになります。

求人数が多いということは、それだけ転職先の選択肢は増える為、自分にあった会社を見つけることができやすいです。

メリットその2、入社後が他の時期に比べると楽

4月という、年度の区切り入社することは、他の時期に比べると入社後が楽になる傾向が強いです。

4月入社が定期的な採用時期に対し、他の月は足りない人員を補う為に採用を行います。

後者は人が足りない為、入社後に無茶な要求も多いです。

しかし、前者であればそういったことは少ないです。

また、他の月に比べると新卒者も含めて、採用される人数も多い為、まとめて教育をしっかり行ってくれることが多いです。

転職活動にある程度の期間は必要

転職活動では一般的に2~3か月程度かかると言われています。

もちろん1ヶ月で決まる人もいますが、一般的には最初の1ヶ月で履歴書や自己分析といった準備を進めるというやり方が多いです。

転職活動にはやはりコツというものがあります。

転職活動を始めたばかりでは、コツがわからない為、最初はうまく行かないなんてこともあるでしょう。

ですから、コツをつかみ修正しながら行う為にある程度の期間が必要だと考えましょう。

会社に行きながらだと、平日はあまり活動できません。

そんな中で、転職エージェントとの打ち合わせをやったり面接の練習をしたりしていると本当にあっという間に過ぎてしまいます。

転職活動は早めにスタート

1年間で求人が増えるのは1月、2月、3月です。

4月入社だし、まだ期間があるからそのうち始めればいいかなと思う人もいますが、上記で述べたように転職活動のコツを掴むまでの期間を考えるとそれでは遅いです。

ですから、4月入社を狙うのであれば、遅くとも2月から転職活動を行っていく必要があります。

転職サイトに登録し、色々と企業を見てみよう

ついついまだ時間あると思ってしまい、後回しにしがちですが、

転職しようかと悩んでいる人は、まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

そして今は企業が人手不足となっていて求人も増えていいますし、転職サイトに登録すると来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私自身、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけになりました。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多く、スカウトが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強みや市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ は企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。

また、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習などを行ってくれます。

リクナビNEXT 同様、リクルートが運営しており、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

もし第二新卒であれば、第二新卒ナビがおすすめです。

第二新卒向けの転職は通常の中途採用とは求められていることも違う為、それに特化したサポートが受けられるという特徴を持っており、転職のしやすさは格段にあがっています。

こういった特化した転職サイトも併せて使ってみたほうがいいです。

⇒既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

満足行く転職活動をする為に

自分がしっかりやらずに転職先を決めてしまうと、結局後悔してしまいます。

後悔しない、満足のいく転職活動をする為にも、今から転職活動を初めて行きましょう


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ