体がだるい、体が重い、原因と対処法

体がだるい、体が重い、原因と対処法

体がだるい、体が重いと感じていませんか?

歳を重ねるごとにそう感じることが多くなったという人もたくさんいるかと思います。

私自身、20代にはそれほど感じていなかったはずなのに今では、体が重い、体がだるいと感じることが非常に多くなっています。

というかほぼ毎日感じているような・・・。

体がだるいだとか、体が重いというのはなぜ感じるのでしょうか

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくない。解消する方法は?

関連:深呼吸の効果と、正しい深呼吸の方法

スポンサーリンク

体がだるい、体が重い。なぜそう感じるの?

私自身、体がだるいだとか、体がだるいだとか、よく感じます。

仕事から帰ってきた後であったり、仕事に行く前であったり、週末であったり。

その理由は疲れによるものであることがほとんどであることでしょう。

そんな時、私の場合、ただ寝っ転がってだらだら過ごして疲れを取ります。

その体勢が楽だからです。

では、そうすることによって、疲れが取れたかというとそうでもないんですよね。

結局、その時間が終わるとやっぱり体がだるいし、体が重くて何もする気にはならない。

同じことを感じる人も多いのではないでしょうか。

運動した時の疲れであれば、楽な体勢で体を休めることによって、疲れは取れます。

ですから、私が感じている体のだるさや、体のだるさは運動とは全く違う原因があり、その原因に応じた対処法をしなくてはならないのです。

体がだるい、重い原因①:運動不足

運動すると体は疲れます。

ですから、体がだるい、体が重いと感じているとより一層、運動しなくなってしまいますよね。

しかし、この運動不足が原因になっている場合もあるのです。

以前の記事

寝ても疲れが取れない5つの原因と対策

でも紹介していますが、運動不足は疲れをたまりやすい体をつくる原因になってしまうので、

日頃から運動することは、体のだるさをとる重要なものとなるのです。

振り返ってみれば、若い時は週に3回ほど運動していましたが、最近は忙しいということを理由にからっきし。

昔よりも体がだるいと感じるようになった原因はこれかもしれません。

体がだるい、重い原因②:ストレス

仕事をしていると、毎日毎日ストレスだらけ。

適度なストレスは必要ですが、ほとんどの人が過度なストレスを感じてしまっているのではないでしょうか。

このストレスも体がだるい、体が重いと感じる原因の一つです。

精神的な部分なので、寝っ転がって体を休めても、全然すっきりはしません。

私の体のだるさは、おそらくはこれが原因だろうなーと思います。

長期連休中は、どれだけ遊びまわっても、疲れは感じても体がだるいだとか体が重いとはあまり感じませんから。

あまりにストレスを感じているのであれば、今後うつ病などの病気もありえますので、気をつけましょう。

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。適度なストレスは必要。

体がだるい、重い原因③:食生活の乱れ

食生活がみだれていませんか?

偏った食生活によって、必要な栄養素がとれていなかったり、暴飲暴食は体が重いと感じる原因につながります。

必要な栄養素がとれていないと、体を回復する機能が低くなってしまいます。

暴飲暴食を行ってしまうと、内蔵に負担をかけてしまいます。

体の疲れ=筋肉の疲労と思いがちですが、内蔵だってあなたの体の一部。

無理な使い方をすれば、疲れはたまります。

体がだるい、重い原因④:生活リズムの乱れ

会社に行かなくてはならないから、朝は早く起きるが、ついつい夜寝る時間は遅くなりがり。

休日になると、1週間の疲れをとろうと遅くまで起きない。

このように生活のリズムが乱れてしまうことも体がだるい原因となります。

スポンサーリンク

体がだるい、体が重い。対処法は?

体がだるい、体が重いと感じている時、どうすれば解消できるのでしょうか。

その対処法は、上記で紹介した原因を解消するだけなのです。

会社からの帰宅後や休日にだらだら寝っ転がっているだけでは、なんの解消にもつながりません。

対処法は以下のとおり。

  • 定期的に運動する
  • 私生活でストレス解消法を築く
  • バランスの良い食事をとる
  • 生活リズムを一定にする
  • ストレス自体を除く

自分の体がだるい原因がどこにあるのかを見極め、対処するだけなんです。

上記のことって、それほど難しいことではなく、自分の心がけだけでできることですよね。

難しければ、サプリなどで補うのもいいでしょう。

私は忙しすぎて外食続きになってしまったりする場合には活用するようにしています。

ただ、基本的には普段の食生活を改善しましょう。

また、仕事で大きなストレスを感じているならば、それを取り除くことも一つの方法です。

仕事のやり方を変えるなり、転職して仕事自体を変えて、ストレスはできるだけ少なくしたいです。

大きな病気になってしまう前に、手を打つようにしましょう。

スポンサーリンク

最後に

体がだるい、体が重いと多くの人が感じているものの、なかなか解消できずに毎日を過ごしている人もいると思います。

このままいつも通り過ごしていては、全く解消されずにそのまま過ごさなくてはならなくなります。

ただ寝っ転がってだらだら過ごすのではなく、少しでも解消できるようにいつもとは違うことをやってみてはいかがでしょうか。

先ほども述べましたが、あまりにも仕事でストレスを感じている場合には、転職も視野にいれてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:朝起きれない人の原因と解消法

関連:「何もしない時間」はあなたにプラスをもたらすかもしれない。

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ