20代後半男性が転職するなら仕事のこと、結婚などの生活のことも考えておこう

20代後半男性が転職するなら仕事のこと、結婚などの生活のことも考えておこう

20代後半あたりから、なにかと私生活で変化が増えてきます。

結婚や出産、子育て、マイホームの購入や両親の介護など、仕事だけのことを考えるだけには行かなくなります。

男性の場合、女性に比べると結婚や育児に関してあまり深く考えずにはとりあえずは仕事という人も多いのですが、いざその時になって考え方が変わるなんて人も少なくはありません。

ですから、もしも20代後半で転職しようと考えているならば、自分のライフプランも意識した上で転職先を決める必要があります。

関連:23歳、27歳、32歳、合計3回の転職経験で得たもの、失ったものとは?

関連:20代後半女性の転職時の注意点。働き方や結婚、出産のタイミングはよく考えよう。

20代後半の人が転職先を選ぶ理由

転職先を選ぶ際、あなたは何を重視して決めますか?

厚生労働省の転職者実態調査によると、20代後半の人は、以下の理由で転職先を選んでいるそうです(3つまで複数回答)。

  • 仕事の内容・職種に満足がいくから・・・46.3%
  • 自分の技能・能力が活かせるから・・・30.8%
  • 地元だから・・・23.2%
  • 賃金が高いから・・・12.8%
  • 労働条件(賃金以外)が良いから・・・30.6%
  • 会社に規模・知名度のため・・・10.5%
  • 会社に将来性があるから・・・16.2%
  • 転勤が少ない、通勤が便利だから・・・19.5%
  • 前の会社の紹介・・・2.2%
  • その他・・・15.9%

この結果をみると、仕事の内容を重視する人が最も多い一方で賃金はあまり気にする人が少ないみたいですね。

20代後半の特徴として、他の年齢に比べても特に仕事内容を重視している人の割合が高く、一方で賃金は30代以降の人に比べてあまり希望する人が少ない傾向にあります。

その転職先の選び方は合っている?

確かに仕事内容は大事であり、やりがいを感じてできる仕事でないと、一日の大半かつ週5日以上もする仕事はなかなか長続きしません。ですから優先順位としては高くなるのは決して間違っていることではありません。

しかし、賃金や労働条件というのも決して優先順位を下げていいものではありませんし、その時だけのことではなく、将来的なことをもっと厳しく考えていかなくてはなりません。

20代後半ともなると、直近で様々は変化があることが予想されます。

今だけ考えれば、とりあえず生活はできるしとにかく仕事の内容が大事と考えてしましがちですが、すぐにまた考え方が変わるかもしれません。

実際、とりあえず年収よりも仕事のやりがいを重視して仕事を選んだものの、結婚して賃金の低さから再度転職することになった人もいますし、転勤についてあまり考えたいなかったものの、子供ができてできるだけ転勤がないほうが良いと考えるようになった人もいます。

その場限りではなく、しっかり将来設計をしよう

これは、転職する人、転職しない人どちらにも言えることなのですが、20代後半になったらしっかり将来設計しなくてはなりません。

というのも、この年代でしておかなくては、せっかくの転職して色々と自分の希望を実現しやすい時期を無駄に過ごしてしまうことになるからです。

もちろん、100%未来を予測することなんてできないし、何かしらの変化がおきてからでも転職なり変えていくことはできます。

とは言え、やはりできるだけ早く有利な段階でやっておくにこしたことはありません。

20代後半男性が転職先を選ぶ際に考えておきたいこと

では、ここから具体的に転職先を選ぶ際にしっかり考えておきたいことを紹介します。

仕事の面白さ

やはり長く続けるには仕事の面白さは重視する必要がありますね。いくら年収が高くてもつまらない仕事を続けるのがただの苦痛でしかありません。

今の職種が楽しいのであればそのまま同職種に転職するのもありだし、20代であれば未経験職種にチャレンジすることも可能です。

年収

年収は生活の原資となりますから当然重要ですが、重視したいのはその時の年収ではなく、将来的に年収がどうなっていくかです。

たとえ一時的に年収が下がってもしっかり昇給していく会社であればいいのですが、最初はちょっと良くても昇給がないと結局後悔することになります。

自分が結婚するとして何歳で最低いくらの年収がないとだめかという最低基準は設定しておきましょう。

労働条件

休日や残業時間は、若い時であればまだ体力もあってなんとかなるかもしれませんが、年齢が高くなるにつれて辛くなってくる可能性があります。

また結婚して子供ができると家族との時間も大事にしなくてはなりませんから、ある程度プライベートの時間が確保できることはやはり必要なことだと思います。

転勤有無

転勤がどれくらいの頻度であるか、そしてそれが国内だけなのか、海外も含めてなのかというのは知っておかなくてならないでしょう。

独身の頃は転勤があっても柔軟に対応できますが、結婚するとなかなかそうもいきませんし、子供が生まれたらなおさらです。

ある規模の会社で正社員として働く場合、転勤が絶対ないとは言えませんが、職種によって頻度は変わりますから、考えておいたほうがいいでしょう。

会社の将来性

自分の将来のキャリアプランを考えたところで、会社自体が潰れてしまったりすればあまり意味がありません。

ですから、転職の際は会社の将来性についても考えておいたほうが良いですし、万が一何かあったとしても、他でも通用するスキルが身につく会社を選ぶのが重要です。

次の転職

何も転職は一回きりで終わりにする必要なんてありません。

今回ステップアップして、さらに経験をつんでもう一つステップアップするということができるのが転職です。

もし最終的にどうなりたいかという姿になることが困難であるならば、今回の転職を一つのステップと考え、最後のゴールにつながる転職をするというのもアリです。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:26歳で転職を経験した人の3つの体験談、未経験の場合でも2回目でも成功する人はいる

関連:28歳、29歳の転職事情や成功する為に行うべきこと。異業種、未経験職種はラストチャンス!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ