ダメな上司の下で働く場合の注意点や付き合い方。自分もダメにならないように要注意

ダメな上司の下で働く場合の注意点や付き合い方。自分もダメにならないように要注意

会社という組織で働く以上、上司との関係は切ることができません。

運よく良い上司に巡り合えればいいのですが、もしダメな上司の下についてしまうと仕事で苦労するのは当然ですし、長い目で見た時もあまり良いことはありません。

特に入社直後から数年の、仕事を覚えてどんどん成長していく時期に上司が与える影響というのは非常に大きいものがあり、良い上司の下でどんどん成長していける人もいれば、ダメな上司の下についてしまい成長も遅く全然仕事ができない人になってしまうという場合もありえる話です。

ただどの上司につくかは自分で選ぶことができないもの。そこばかりは運任せです。

しかし運悪くダメな上司の下についてしまったとしても自分次第でなんとかすることはできます。

そこで今回はダメな上司の下で働いていることによる悪影響やダメな上司の下で働く場合の注意点、対処法を紹介していきます。

関連:新卒で人間関係が最悪な職場に入ってしまった。辞めたいなら転職するのはあり?なし?

関連:人間関係悪化で仕事を辞めるのは甘えではない。変わるまで待つなんて無理なことがほとんど。

ダメな上司に四苦八苦

ダメな上司の下で働くというのは本当に苦労することが多いです。

まだ無能であるくらいならいいものの、黙っているだけではなく余計に仕事を増やしたり、無駄に部下にストレスを与えたりもするので大変です。

いざという時にも責任を持ってくれずに何でも部下のせいにし、対してアドバイスやサポートもしてくれないくせに異常なまでに怒る。

部下を認めるようなことも決してなく、部下のモチベーションは下がる一方。

こういった上司の元では成果を上げにくいし、高い評価もあげれない。さらには長時間労働にも繋がる場合があります。

実際に同じ仕事をしているのに上司が変わっただけで仕事が楽になった、残業が減った、仕事がスムーズに進んで成果を上げることができるようになったという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

本当にダメな上司?

ただ部下という立場では上司に対して見えていないものもあることを忘れてはいけません。

上司には上司の立場でしかわからない、様々なしがらみや責任が伴います。それを理解しようとせずに自分の上司はダメな上司と決めつけてしまうのは単なる甘えである場合もあります。

部下が仕事でいっぱいいっぱいなのに仕事を受けてきたなんてことがあっても、それはどうしようもなかったことなのかもしれません。

もちろん上司の中に部下のことなんて二の次で自分の保身のことばかりを考えている人、やる気もなくただ日々を過ごしている人がいるのも事実。ただ多くの人は日々膨大な仕事量と様々なしがらみの中でなんとか組織を回そうと奮闘しています。

そのことを理解することなく、自分の理想の上司像とのギャップからダメだと決めつけて、仕事が上手くいかないのは上司のせいだと決めつけてしまっていてはどんな上司の下でも不平不満を言い続けることになってしまいます。

ダメな上司の下で働いていると自分までダメになることも

とは言えやっぱりダメな上司というのは存在しています。そしてそんな上司の下についてしまうことによって本来のポテンシャルは高いのに自分までダメになってしまうという場合もあるのは事実。

まだ仕事も覚え、自分の頭でどうすればでいいのか、何をすればいいのかということを判断できるようになってからならばそれほど影響はないかもしれませんが、入社して間もない時であれば影響は甚大です。

もちろんそういった上司の下についてしまっても問題なく自分をどんどん伸ばしていける優秀な人もいます。ただ上司が道を示してくれるからこそ伸びていける人も多々いるわけで、そういった人にとって最初にダメな上司についてしまうと全然成長することができずに年齢だけを重ねてしまうというパターンもあるのです。

では具体的にダメな上司の下についてしまうのにはどういった問題があるでしょう。その点を紹介していきます。

不適切な仕事分配

上司は部下の能力を見極めて仕事の難易度に応じて仕事を分配していかなくてはなりません。

難しい仕事であってもやらせることで仕事を覚えていくことができるという一面はあるものの、それには限度があります。

能力にそぐわない難易度の高い仕事を与えてしまっては、その仕事をこなすことができずに潰れてしまうだけです。

仕事量の増大

なんでもかんでも引き受けることによって、部下の日々こなさなくてはならない仕事量は増大。そしてそれは長時間労働につながってしまい、それが大きなストレスになってしまうことになります。

また日々仕事に追われることによって余裕がなくなってしまい自分の頭で考える機会、チャレンジしていく機会がなくなってしまうことにもなってしまいます。

不適切な育成計画

部下をいかに成長させていくかも上司も大切な仕事。本人のためにも会社の為にも非常に重要なことです。

育成させる為には目の前の仕事をこなすことだけではなく、将来を見据えて様々な経験をさせたり、新たな仕事を付与したりということも必要になっていきます。

しかしダメな上司の下について目の前のすでにできる仕事ばかりをこなすだけになってしまい、新たな仕事を覚えていくことができないような状況に陥ってしまいます。

その結果、数年後には同期どころか後輩と比べても仕事の経験も少なく、年齢に対してできる仕事の数が少なくなってしまうことになります。

モチベーションの低下とストレスの蓄積

上司はアドバイスもサポートもしてくれないくせに怒るだけ。仕事は多すぎるけど成長できている実感もない。

それではモチベーションが低下してしまうし、ストレスは蓄積されていく一方です。

モチベーションが低下してしまっては、成長することができなくなってしまうのも当然ですし、ストレスの蓄積は時に身体的、精神的な病気を引き起こすこになってしまいます。

評価が著しく落ちる

仕事で成果を上げることができずに、周囲と比べて経験も少なくなってしまえば当然成果としては低くなってしまいます。

またいくら優秀な仕事ぶりをしていたとしてもそれを適切に評価してもらえない可能性というのもでてきてしまいます。

当然出世競争からは外れてしまい、もう取返しのつかないことになってしまうなんてこともよくある話です。

また出世に関して言えば上司の力というのがとても重要になります。優秀で社内でも一目置かれている上司の下につき、その上司が推薦してくれれば出世はしやすく、逆に全然力がなく、社内でもダメ上司と認知されている上司の下についているとその事実だけで上には上がりにくくなってしまうなんてこともあります。

ダメな上司の下で働く場合の注意点や付き合い方

ダメな上司の下につくことはこんなにもデメリットがあることです。

しかし上司は選べません。だからこそ自分の力で対処していく必要がでてきます。

本当に頼れる存在の人を見つける

直属の上司が頼れないならば他の本当に頼れることができる人を見つけましょう。

確かに一番密に付き合うのは上司かもしれませんが、社内には他にもたくさん人がいます。違う課の上司、仕事ができる先輩など自分の助けになってくれる人はいるはずです。

それだけで仕事のやりやすさは全然違ってくるし、時には違う課の上司が引き抜いてくれるなんて場合もあります。

また無謀な仕事を与えられた場合には上司に進言してくれる場合もありますし、様々な面でサポートをしてくれる場合もあります。

つかず離れず

いくら上司がダメだからと言って、完全に離れて無視をしたりなんてことは絶対にしてはいけません。あくまで上下関係は大切にすることが必要です。

ダメな上司とはつかず離れずの関係がベスト。必要以上に仲良くしてもあまりメリットはありません。

何が大事かを自分の頭で考えるように

最初から上司を頼るという考えは捨て、仕事をする上で何が大事か、どうすれば上手くいくか、自分には何が足りないかなどを自分の頭でしっかり考えるように心がけてください。

ダメな上司の下でもどんどん成長していく人もいます。こういった人は上司の言いなりになるだけではなく、どうすれば成長できるのかということを自分で考え、自分で道を作っていきます。

上司がダメということを言い訳にはせずい、現在置かれている環境を受け止めた上で自分ができることをしていきましょう。

時には自分の意見も言う

上司だからと言って自分の意見を言ってはいけないなんてこともありません。

新たな仕事にチャレンジしてみたい、この仕事は○○の点が難しいのでサポートをしてほしい、仕事が多すぎるので○○の仕事は後回しにしてもいいかなど、悩んでいることがあるならば言ってみましょう。

もちろん上司を納得させるだけの根拠や理由は必要ですし。与えられている日々の仕事を確実にこなし信頼を得ておくということも重要になってくるでしょう。

現在与えられている仕事がろくにできていないのに新たな仕事にチャレンジしたいなんて言えば拒否されるのは当然ですからね。

いざとなったら何とかして離れることも想定に

私の印象では、ダメな上司の下で働いている人というのは仕事がとてつもなくできる人と逆に全然できない人に2極化してしまう気がします。

上司がダメだからこそ自分の頭で考え判断していく能力が身についていく人もいれば、何をどうすればいいかもわからず日々の仕事をこなすことで精いっぱいになってしまい成長していくことができない人もいますね。

まずは上司がどうであれ、前者になることを目指して日々仕事をしていくことが必要です。

ただどうしようもないという場合もあるのもまた事実。意見を言うことすら許されなかったり、言ったところで全く相手にされないなんて場合もあります。

そもそも部下を貶めようとする上司だっていないわけではありません。

そんな時にはなんとかしてその上司から離れることも考えてください。

まず考えるのは異動。直属の上司ではなく違う上司に言うなりして違う課に移ることができる方法を考えてみましょう。

現在は社員のメンタルヘルスに気を遣う企業が増えている為、部下からそういった話が合った時には部署異動とまでは行かなくても同じ部内の違う課や係に異動させる義務がある場合もあります。

もしそれでもダメならば転職することも一つの方法。いつか上司は変わるとは言え、そのいつかがいつになるかわかりませんし、特に若手の貴重な時間を費やし続けるというのはリスクがある行為になる場合もあります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:上司と上手くいかないと悩んでいるなら転職を考えてもいい。会社生活に与える影響はかなり大きい。

関連:怒鳴る上司への対処法。パワハラの可能性もあり、場合によっては逃げることも必要


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ