転職先を妥協して選ぶことのメリット、デメリット。間違った妥協は絶対NG。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職先を妥協して選ぶことのメリット、デメリット。間違った妥協は絶対NG。

誰だって、理想通りの会社に転職することを望むし、転職したことを後悔するなんてことはしたくないもの。

しかし、現実としては転職先を妥協して決めてしまい、転職後に後悔してしまう人も少なくありません。

では、妥協しないで決めればいいかというとそういうわけではありません。

関連:転職活動したいけど仕事が忙しくて時間がない時の対処法

関連:在職中の転職活動、やり方と注意点

関連:転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと

多かれ少なかれ転職に妥協は必要

転職をするにあたり、多かれ少なかれ妥協することも必要なのは確かです。

もちろん理想通り会社に転職することができればいいですが、条件が良い会社は当然倍率も高く、全員が入れるわけではありません。

大企業で給料が高く、休みも多く、残業も少ない。仕事は自分がやりたいこととマッチしていて、勤務地も希望通り。

それを実現できる会社に入ることができる人はどれくらいいるでしょう。

実際、人気のある大企業ばかりに応募していていつまでたっても受からないという人もいます。

ですから、転職をしようとした時に何かを妥協しなくてはならないのです。

転職先を妥協して決めることのメリット、デメリット

では、一度転職先を妥協して決めることのメリット、デメリットを整理してみましょう。

転職活動を早く終わらせることができる

一番のメリットは、転職活動を早く終わらせることができる点です。

早く会社を辞めたい人にとって、理想を追い求めていつまでも転職活動するなんてことは厳しいです。

多少の不満であればまだしも、パワハラなどが原因である場合、一刻も早く会社を辞めることが目的となるのも仕方のないことです。

また、仕事を辞めてから転職活動する人は金銭的な面での不安がある為、早く終わらせないとまずいという感情が働くのも仕方のないことです。

転職後に後悔する可能性が高い

一方、妥協して転職先を決めることのデメリットが、転職後に後悔してしまう可能性が高いという点です。

前の会社を辞めなきゃよかった。もっと転職活動を続けて違う会社にすればよかった。そう感じてしまう人も少なくありません。

結局また転職する人もおり、その転職事態がただの無駄なものになってしまったという人もいます。

可能性を潰してしまう

妥協すれば転職先が見つかりやすく、妥協しない転職ほど難しいのは確かです。

しかし、難しいからといってそういった会社に転職できないというわけではありません。

転職活動を続けていれば、もしかしたらそういった会社に転職できたかもしれません。

妥協して転職活動を終わらせてしまうと、その可能性を潰してしまう可能性があるのです。

間違った妥協が一番だめ

できることなら妥協しないほうが良いのは確かですが、なかなかそうは言ってられません。

妥協も時には必要なことです。しかし、その妥協の仕方を間違うと転職が失敗に終わる可能性が非常に高くなります。

転職先が決まらない、早く転職先を見つけたいからといって、何でもかんでも妥協していては、転職後にきっと後悔することになるでしょう。

ですから、転職活動では決して間違った妥協をしないでください。

間違った妥協をしない転職活動のポイント

では、具体的に間違った妥協をしない為にはどうすればいいのでしょうか。いくつかポイントを紹介します。

現在の不満、改善したい点を整理

まずは、現在どういった不満を抱えており、そして転職によって改善したいポイントを整理しましょう。

転職する理由となったものを妥協すると、そもそも転職する理由がなくなります。

ただ、転職活動を進めていくと、それが見えなくなってしまうこともあります。

自分が転職を決めたきっかけとなったものを軸として持っておきましょう。

現在満足していると思う点を整理

次に、現在満足している点についても整理しましょう。

給料には満足している、休日数には満足している、仕事内容には満足しているなど、色々とあるかと思います。

ただ、それは転職後も確約されているものではありません。悪化するものもあるのです。

満足している点は、それを当たり前と思ってしまっていて、それが変わることで後悔することにつながります。

今の状況が当たり前と思わず、一つずつ整理して見てください。

優先順位づけをする

不満と感じていて、改善したいもの。現在満足しているもの。

それぞれについて、優先順位をつけてみましょう。

絶対実現したいこと、変わってもいいと思えること、多少なら我慢できること。

自分にとって何が大切かを明確にしてみるのです。

自分の納得できる転職を明確化する

優先順位を付けた後、その優先順位に基づき、自分が納得できる転職とはどういったものかを明確にしましょう。

たった一つのことだけ実現できるというものではないはず。

犠牲にできるものもあれば、絶対に譲れないというもののいくつかあるはずです。

この条件以上であれば納得の転職となるということを自分自身で明確にしてみてください。

明確にすると、もしかしたら転職しないほうが良いという結論に至るかもしれません。それはそれで一つの選択肢なのです。

焦らない工夫をする

間違った妥協をしてしまう大きな原因が転職への焦りです。

早く会社を辞めたいという感情や、辞めてしまって貯金が減ってきたという不安が焦りを生み出します。

焦りが生じると、納得行く転職ではなく、とにかく早く転職することが目的となってしまい、何でも妥協するようになってしまいます。

もし早く会社を辞めたいと強く思っているなら、行きたくもない会社に転職するより失業保険を頼りにして早く会社を辞めてしまったほうが良いかもしれません。

自分なりに、焦らないようにするにはどうすればいいか考えてみましょう。

チャレンジはする

多かれ少なかれ妥協するのは必要だといっても、最初から最低ラインの企業ばかりを受ける必要はなく、積極的に難しいと思われる会社にも応募しましょう。

もしかしたら受かるかもしれません、可能性はゼロではないのです。

時間の無駄だと思って、受けないと転職後にもしかしたら受かったかもと思ってしまいます。

受かったら受かったでいいし、落ちたら落ちたでその事実があるかないかでは全然違います。

転職しやすい時期だからこそ、理想に近づくチャンス

多かれ少なかれ妥協しなければいけない部分もでてくる転職活動ですが、できることなら本当に理想に思っていることを実現したいはず。

その為にも、転職しやすい時期である今こそ転職すべきだと言えます。

いつかは、いつかはと思っていると、どんどん理想から遠く離れた転職しかできなくなっていくのです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職が怖いは当たり前。どう解消しどう乗り越えるか。

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ



このページの先頭へ