大卒、高卒の年収。東大等の有名大学は平均年収がかなり高い!

大卒、高卒の年収。東大等の有名大学は平均年収がかなり高い!

大学まででたのに、年収がこんなに低いと嘆いている人もいるのではないでしょうか。

確かに高卒にくらべると大卒のほうが平均年収は高いです。

しかし、低い低いと思っているあなたの年収も、実は普通かもしれません。

国税庁の平成26年度「民間給与実態統計調査」によれば415万円となっています。

では、大卒、高卒で平均年収はどの程度なのでしょうか。

関連:初任給の平均は?大学院卒、大卒、高卒での推移や高い初任給の罠

関連:サラリーマンの生涯年収。下がり幅がすごい!

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

大卒、高卒で年収ってどれくらい違う?

大卒、高卒の年収を紹介します。

大卒、高卒者の全年齢の賃金、平均年収

厚生労働省 賃金構造基本統計調査によれば、

大卒者の1ヶ月の賃金は全年齢で

  • 男性:40万0千円
  • 女性:28万9千円

となっています。

一方で、高卒者の1ヶ月の賃金は全年齢で

  • 男性:28万8千円
  • 女性:20万8千円

1ヶ月の給料でもこれだけの差がつくわけですが、この額は残業、休日出勤等の超過労働給与等が含まれていません。

こういった手当は、基本給が高いほど多いため、差はもっと広がると考えられます。

厚生労働省のデータでは、大卒、高卒といった学歴別での平均年収として数値がでていなかった為、正確な数字はわかりませんが、

毎年発表される賞与の平均支給額から年間3ヶ月の賞与と推定すると、平均年収は以下の通り。

大卒者

  • 男性:594万円
  • 女性:423万円

高卒者

  • 男性:429万円
  • 女性:307万円

という結果になりました。

大卒者と高卒者では平均年収で150万円程度の差がでるということです。

あなたの年収はどうですか?

大卒、高卒者の各年別の賃金

全年齢では大卒者と高卒者において平均年収の差が150万円程度にもなることを紹介しました。

各年齢では以下の通りとなります。

大卒者男性

  • 20代前半(20歳~24歳):22万6千円
  • 20代後半(25歳~29歳):26万1千円
  • 30代前半(30歳~34歳):31万8千円
  • 30代後半(35歳~39歳):37万4千円
  • 40代前半(40歳~44歳):43万2千円
  • 40代後半(45歳~49歳):49万8千円
  • 50代前半(50歳~54歳):53万5千円
  • 50代後半(55歳~59歳):51万7千円

高卒者男性

  • 20代前半(20歳~24歳):19万9千円
  • 20代後半(25歳~29歳):22万7千円
  • 30代前半(30歳~34歳):25万3千円
  • 30代後半(35歳~39歳):28万1千円
  • 40代前半(40歳~44歳):31万1千円
  • 40代後半(45歳~49歳):33万1千円
  • 50代前半(50歳~54歳):34万7千円
  • 50代後半(55歳~59歳):34万2千円

この結果からわかるように、年齢が増せば増すほど大卒者と高卒者で差はひらいて行き、

50代後半ではなんと18万円もの差がついています。

ということは、平均年収を推定すると270万円もの差がつくのです。

年収は勤めている会社次第な部分が大きく、実際の適正年収とは離れている場合も多いです。

一度、自身の適正年収について調べてみるといいかもしれません。

市場価値診断について知りたい方はこちら⇒転職の市場価値診断、テストの種類や知っておく必要性

スポンサーリンク

有名大学卒の平均年収

大卒ほど平均年収は高いことがわかりましたが、大卒の中でも大学によって平均年収は大きく異なります。

平均年収の高い上位の大学は以下の通り。

  • 1位:東京大学…729万円
  • 2位:一橋大学…700万円
  • 3位:京都大学…677万円
  • 4位:慶應義塾大学…632万円
  • 5位:東北大学…623万円
  • 6位:名古屋大学…600万円
  • 7位:大阪大学…599万円
  • 8位:神戸大学…590万円
  • 8位:北海道大学…590万円
  • 10位:横浜国立大学…573万円

引用:DODA 出身大学別年収ランキング

旧帝国大学など名だたる有名大学ばかりです。

1位の東京大学はさすがの最高学府だけあって700万円超え。

平均年収が415万円であることを考えると、相当高いことがわかります。

やはり、大学のなかでも難関といわれる大学は、一般的に優秀な人も行きますし、平均年収の高い大企業もこういった有名大学の人を採用することから年収は高くなります。

また、特徴として国公立大学が10大学中9大学を占めていました。

スポンサーリンク

年収アップの方法

年収は会社によって大半が決まる為、昇給が少ない会社、平均年収が低い会社にいても年収アップを望むことはできません。

もし年収アップを望むのであれば、転職することも選択肢の一つにいれてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:年収700万円の割合、手取りや生活の実態。700万円あれば贅沢できる?

関連:給料が安い!!そんな時に考える3つの方法。

関連:大企業と中小企業の定義や平均年収、企業数の違い


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ