大卒でフリーターになった人は卒業後3年以内に正社員を目指した就職活動をすべき

大卒でフリーターになった人は卒業後3年以内に正社員を目指した就職活動をすべき

大卒であってもフリーターになる人は意外に多く、約3%の人はフリーターとして働いています。

就職活動で失敗して就職先が決まらなかった人や、いったんは就職したけどすぐに辞めてしまった人、夢を追いかけて就職していない人理由は様々でしょう。

ただ、いつまでもフリーターというわけには行かず、どこかのタイミングで正社員を目指す人もが大半です。

収入の低さ、収入の不安定さ、周囲からの冷たい目。年齢が高くなればなるほど、よりデメリット面を強く意識してしまうことになります。

ただ、年齢が高くなってからではフリーターから正社員になることは厳しくなってしまい、フリーターから抜け出したいのに抜け出せなくなっている人も少なくありません。

ですから、特別な理由があってフリーターをしているわけではない限りはできることなら卒業後3年以内に就職活動をすることをお勧めします。

関連:就職で失敗し既卒になると就職は厳しい?正社員になれない?実は全くそんなことない

関連:大学中退した場合の就職活動の方法や、中退者の割合、理由

大卒フリーターが3年以内に正社員を目指した就職活動すべき理由

3年以内というのには理由があります。

何か夢を追いかけているというのであればまだしも、就職活動の失敗や入社後の退職によってフリーターをやっている人はこの3年以内というのを意識しておいたほうがいいと思います。

卒業後3年以内であれば新卒扱いして貰える場合がある

卒業後3年以内というのは、就職市場において優遇されており、3年以上たった人に比べるとかなり就職はしやすいです。

卒業後に就職して以内場合、卒業後3年以内であれば新卒としての採用枠で就職できる可能性があります。

厚生労働省は大学卒業後3年以内であれば新卒として扱うように通達をだしており、さらに既卒者を採用して一定期間定着させると奨励金をだしています。

実際、7割近い企業で既卒も新卒として応募可能となっており、15%程度の企業が既卒者を採用しています。

また新卒枠でなくても既卒者として随時行っている企業も多数ありますから選択肢としては豊富です。

また、一度就職し田が辞めてフリーターをしている人は、第二新卒として転職することができます。

第二新卒では仕事の経験よりも新卒同様本人のポテンシャルを重視している為、フリーターをやっていて経験がない人でも通常の中途採用よりは採用されやすく、第二新卒者自体も企業の需要が増えている為、就職のしやすさは全然違います。

このことから、卒業後3年以内かそうでないかで正社員へのなりやすさは全然違うのです。

アルバイト経験では職歴として評価されにくい

上記の理由から、できるだけ3年以内がいいし、そうでなくてもできるだけ早く就職する必要があります。

アルバイトでいくら頑張ってきたとしても就職活動時点では職歴として評価されません。

社員とアルバイトでは仕事の内容、責任など何から何まで違いますから、単にアルバイト経験が長いというだけではスキルが全くないとみなされても仕方ないのです。

転職市場においては、アルバイトより派遣社員、派遣社員よりも正社員の職歴が評価されます。

アルバイトから正社員はほぼ不可能

稀に運が良ければアルバイトから正社員になるということもない話ではありません。

しかし、はっきり言ってそんなことはかなり稀なことですほぼ不可能であるということを知ってください。

また、たとえアルバイトから正社員として採用されたとしても出世等で不遇な状況になってしまう場合も少なくありません。

ですからアルバイトから正社員というのは目指すものではなく、自分で就職活動しないといけないのです。

大卒フリーターが正社員を目指すには?

卒業後3年以内であれば、新卒採用枠での募集に応募する場合と、転職サイトにのっている既卒、第二新卒者向けの募集に応募する場合があります。

新卒者向けの枠で応募するというのもアリですが、採用タイミングが年に一回しかないのと、一応応募はできるけど実は新卒者しか受からないという企業もあるので注意が必要です。

ですから、どちらかというと転職サイトや転職エージェント経由で応募したほうが可能性は高いです。

転職サイトで検索すればそれなりに既卒者、第二新卒者でも応募できる求人は見つかりますが、それよりも転職サイトのスカウト機能や転職エージェントに紹介してもらうほうが求人の質も良いのでおすすめします。

スカウト機能は転職サイトでレジュメを登録すると企業側からオファーメールが届く仕組みとなっており、若い人材を欲しいという企業と上手くマッチングできる可能性が高いです。

転職エージェントでは、その人にあった求人を紹介してくれる仕組みです。これまでフリーターだった既卒者、第二新卒者でも紹介できる求人を非常に多くもっていますから利用することをおすすめします。

さらに転職エージェントは企業を紹介してくれるだけではなく、履歴書の添削や面接の練習なども行ってくれます。

これまで社会人経験がない、もしくは浅い人にとって、何をどうアピールしていけばいいかというのは非常に悩む点ですから、一人で行おうとせずにプロの力を頼るというのは重要なことです。

利用は無料ですから、使わない理由はないかと思います。

 

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:第二新卒の転職が成功しやすくなった理由。需要増のはこんな背景が

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ