第二新卒が在職中に転職活動を行うべき理由と在職期間があたえる影響

第二新卒が在職中に転職活動を行うべき理由と在職期間があたえる影響

転職活動は在職中に行うべきなのか、それとも行ったん仕事を行うべきかというのは悩ましいところ。

前者は転職先が決まってから仕事を辞めるということができるという反面、時間がなくて四苦八苦する。後者は時間に余裕を持って転職活動が行えるという反面、良い会社から内定が貰えなかったとしても前の会社に戻ることはできないというリスクを抱えることになり、どちらも長所と短所があります。

ただ第二新卒として転職する場合に関しては、圧倒的に在職中に転職活動を進めるほうが有利。勢い任せに会社を辞めてしまわないようにしましょう。

関連:入社4ヶ月で会社を辞めた私の転職体験談。仕事を辞めたい人は冷静さを持つことも大切。

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

第二新卒こそ在職中に転職活動を行うべき

転職活動ではできるだけ失敗のリスクを下げ、落ち着いて進めることができるような体制で取り組むことが望ましく、第二新卒に限らず在職中に転職活動を進めて転職先が決まってから仕事を辞める方が良い場合がほとんど。

ただその中でも第二新卒はとりわけ在職中に転職活動を行うことのメリットが大きく、特別な理由がなければ先に会社を辞めてしまうのは避けなくてはなりません。

考えが変わることが多いからこそ選択肢は残しておくべき

転職活動を行うと、それまでは知る機会が増えたり、自分自身について考えることが多くなる為、転職活動の前後で考え方が変わる場合があります。

特に第二新卒として転職するような社会人経験の少ない人はその傾向が強く、当初は仕事を辞めたくて仕方がなかったのに、辞めない方が良いかなと思うようになって転職を取りやめる人も少なくありません。

10年働いた上で転職を決める人、2年しか働いていないのに転職を決める人、両者にはその考えの確実性に差がでるのは仕方のないことです。

にも関わらず先走って仕事を辞めてしまうともう引き返すことができなくなってしまい、後悔につながる可能性が非常に増えてしまいます。

楽な方向を選んでしまいがち

いざ転職活動を始めてみると、転職活動自体が大変だったり、受けてもなかなか決まらなかったりと当初予定していた時のように進まない場合がでてきます。

それでも粘り強く転職活動を進めることができればいいんですが、中にはとりあえずアルバイトとして働いたり、就業しやすい派遣や契約社員として働くことを選んでしまう人もでてきてしまいます。

もちろん派遣社員や契約社員として働くことが絶対に悪いというわけではありません。正社員に比べてメリットもありますからね。

しかし今後も長く働いていこうと言うのであればやはり正社員として働くべき。第二新卒としう正社員になりやすい時期を派遣社員として過ごしてしまうのはデメリットが大きいです。

すでに辞めているか、辞めていないかで印象がかなり違う

転職活動の上でも、すでに辞めている人と辞めていない人では印象がかなり違います。

どちらが良い印象かと言えば当然後者。

第二新卒者は企業にとって若くまだ一つの企業に染まり切っていないというメリットがありますが、ストレス耐性が弱くすぐ辞めるかもしれないというリスクを抱えることになります。

その中ですでに辞めてしまっていれば、より一層勢いで簡単に辞めてしまったと印象付けることになってしまう為、そのリスクが高まってしまうのです。

在職期間が長くなることも好影響

例えば10年働いた人が辞めてから転職活動を始めたとしても、在職期間に3,4ヶ月の差がでてもたいした違いにはなりません。

しかし第二新卒の場合はその程度の差も転職時に影響が与える場合が多々あります。

入社後半年で転職活動を始めたとして3ヶ月たつと在職期間は9ヶ月、一方ですぐ辞めてしまえば在職期間は半年。この差は大きいです。

社会人経験がまだ短い第二新卒者でも、できるだけ長い方が良い印象を与える場合は多く、たった数ヶ月もかなり違うということを覚えておいてください。

ただし辞めてしまった方が良い場合もある

このように第二新卒者が転職活動を行うにあたり、在職中に転職活動を進めることは基本中の基本。

しかし、これは絶対に全ての場合に当てはまるわけではないということに注意しましょう。

それぞれの置かれている環境が様々な中で、転職先が決まるまで無理して働き続けることがマイナスに働いてしまうこともあります。

  • 精神的に限界で、これ以上続けるのが厳しい場合
  • 転職活動を行う暇がない場合

ブラック企業で働いている人だと、毎日上司からパワハラを受け、終電まで残業、休日も仕事に追われて休みがとれないなんて人もいるでしょう。

転職先が決まってからと思っていても、決まるまでにつぶれてしまうのは避けなくてはなりません、

また面接では平日に休みをとることになることが必要。それを許されない環境にあるならば、先に仕事を辞めることが致し方ないもあります。

ですから自分の置かれている状況に合わせて転職活動を進めるということが一番大切ですね。

ただどんな状況でも転職活動のスタートは切っておきましょう。転職サイトや転職エージェントに登録して求人を確認しておく、これだけでもやっているかやっていないかでは割りと差があります。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ