第二新卒として転職できるのはいつまで?年齢制限はある?

第二新卒として転職できるのはいつまで?年齢制限はある?

近年需要が増えている第二新卒としての転職。

新卒での就職時にも人気のある広告、銀行、メーカーの大手企業も採用人数を増やしていっており、就活での失敗を取り返す環境が出来上がってきています。

転職時には無駄に経験年数を増やすよりかはさっさと第二新卒として転職したほうが良い場合が多いので、どうせ転職するならば第二新卒として転職できるうちにしておいたほうが良いでしょう。

ただこの第二新卒というのが一体いつまでなのか、年齢制限なのかというのをよく理解していない人も多いかもしれません。

そこで今回は、第二新卒として転職できる年次、年齢について紹介していきます。

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。

関連:就活失敗は第二新卒の転職で取り返せる。大手企業での求人も激増中。

実は曖昧な第二新卒の年齢。いつまでかに明確な線引きはない

第二新卒というのは特に法律上決められたものはなく、何歳までという年齢に明確な線引きはありません。

各企業がそれぞれ好きなように年齢や卒業後からの年次を定めて求人募集をかけています。

それ故に第二新卒として転職する場合には各企業の求人情報をよく確認しておくことが重要になってきます。

基本的には卒業後3年以内、一度は社会人を経験していること

曖昧な線引きの第二新卒ですが、多くの企業で採用されている考え方としては以下の2つが条件として挙げられます。

  • 卒業後3年以内
  • 社会人経験を有していること

3年以降になると経験者採用として応募することができることが増える一方、第二新卒として応募することができることができなくなってしまう場合が多いです。

また、一度でも社会人経験を有しているというのは重要であり、もし社会人経験を有していない場合は既卒として就職活動を行うことになります。

ここで言う社会人経験というのは正社員に限ることではなく、派遣社員や契約社員として働いていた場合も第二新卒として転職活動を行うことは可能です。

ただし、アルバイトやパートでは社会人経験を有しているとは見なされない場合が多いです。

企業が第二新卒を積極的に採用するメリットは社会人としてのマナーや仕事の取り組み方が身についているという点が最も大きな点です。

それ故に社会人として働いたことがあるかどうかという点は必要最低限の条件として課されます。

会社によって25歳以下、30歳未満という年齢制限が課される場合もある

会社によっては上記の条件に年齢制限を加えている場合も多いです。

よくある年齢制限としては25歳以下、30歳未満というのが多いです。

求人情報に年齢制限をかけることは雇用対策法10条によって原則禁止となっていますが、長期勤続を前提とした期間に定めのない労働契約を対象として採用する場合、年齢制限をかけることが許されています。

パターン別、第二新卒での転職可否

浪人、留年等もせずに4年制の大学を卒業し、卒業後3年以内に転職する場合であれば第二新卒として募集をかけているほとんどの企業で応募基準に満たしているので特に心配する必要はありません。

ただ、大学院に進学してから卒業した、浪人、留年して年齢が高くなった、卒業後に長い空白期間があったという場合には企業によって応募することができない場合があります。

大学院に進学している場合

大学院に進学してから就職した場合、卒業時点で修士課程なら24歳、博士課程なら27歳となり、さらに3年たてば27歳、30歳となります。

修士課程の場合、文系職種として転職する場合には年齢制限を課している場合も多いので、そういった企業では応募基準に満たない、応募したとしても不利になってしまうという場合が多いようですが、大学院卒を多く採用しているメーカーなどでは25歳という年齢制限をせずに行っている場合も多いので大学院で年齢が高いからと言っても転職を諦める必要はありません。

第二新卒として転職することができない場合ではないので、企業についてよく知らべることが必要です。

ただ博士課程の場合だと、大学院進学者の採用が多い企業であっても年齢面で厳しくなってしまう場合が多く、第二新卒として転職活動を行うことが難しい場合が多いです。

浪人、留年をしている場合

1年程度の浪人、留年であればあまり気にされることもなく、3年以内という制限をかけている企業であれば特に不利になうことはありませんし、25歳未満とされている企業に26歳で受けても受かる可能性はるので挑戦する価値はあると思います。

ただ、2年、3年と年数が増えてくると、年齢面で不利になってくる可能性は高くなってきます。

第二新卒はあくまで若年層を採用したいと考えて企業が募集をかけています。同様の社会人経験で年齢が高い人材を積極的に採用することはあまりありません。

卒業後に空白期間がある場合

卒業して一度就職し、辞めてから空白期間がある場合であっても第二新卒として転職することは可能です。

ただし、それまでずっと社会人として働いてきた人に比べると不利になる要因にはなってしまいます。

空白期間が3ヶ月未満であればまだしも、それ以上になってくると長ければ長いほど不利になってしまう原因になります。

企業が第二新卒に求めるのは一定の社会人経験と若さ。前者の部分が同年齢の人に比べて少なく、さらにブランクもあるという点から不利になってしまう原因になってしまいます。

転職活動時にはそれを補うほどのアピールをしていかなくてはなりません。

第二新卒での転職に向けて

とりあえず3年というのはもう昔の考え方であり、今は入社3年で会社を辞めても大手企業に入ることだって可能な環境になっています。

第二新卒として転職することができるのは就職して間もない少しの期間だけ。就活で失敗してしまった、就職してみたら想像と違っていたと感じているなら転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

また、とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:新卒だけど会社を辞めたいという人の為の転職活動のすすめ。落ち込む理由は全くなし

関連:新卒で会社を辞めたいと思う理由や甘えか甘えではないかの判断基準



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ