第二新卒の転職の流れ、実際にやってみた人の感想

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

第二新卒の転職の流れ、実際にやってみた人の感想

最近需要が高まっている第二新卒転職。

新卒入社1年目から3年目もしくは4年目を対象としている転職で、大手でも採用活動を行う企業が増えています。

今回紹介するのはそんな第二新卒転職の流れを実際にやってみた人を参考に紹介していきます。

これから第二新卒として転職活動を進めていこうと思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

 

第二新卒で入社3年目に転職をした理由

私が転職したのは新卒で入社して3年目の時。

第二新卒として、3年仕事を続ける前に転職に踏み切りました。

元々はどうしても転職したいと思っていたわけではありませんでした。

仕事に対して全く不満がなかったかと言えばそういうわけではありませんでしたが、わざわざ転職してなんとかしたいと思えるほどのものではなく、最初の2年は特に何も考えず働いていました。

そんな私がなぜ転職したかというと、とりあえずやってみた転職活動が思いのほか上手くいったからです。

友人が転職したのをきっかけにとりあえず転職エージェントに登録して面談。

面談してみると思っていたより良い求人を紹介されたので、思い切って転職活動を本格的に開始。

そしたらいい会社から内定を貰うことができたので、転職に踏み切ったというのが私の転職した理由です。

実際に行った転職活動の流れ

私の第二新卒転職は以下の流れで行いました。

3ヶ月前、転職エージェンとの面談

転職エージェントに登録したのが転職する3ヶ月前。

登録したその日にすぐ電話がきて、週末に面談することが決まり、あっという間に本格的に転職活動が始まりました。

面談では正直にそこまでどうしても転職したいというわけではないが、今の仕事と比較していい仕事が見つかればと思って登録したことを正直に伝えました。

ただ紹介された求人がそこそこ大手のものが多く、今と比較して将来的な給料や規模、労働条件などが良かったので、そこまで転職に対して前向きではなかった気持ちが一気に変わりました。

いくら今の仕事にそこまで不満がなくたって、もし今よりいい会社に転職できるなら誰だって転職しますよね。

自己分析を実施

自己分析だけはやった方がいいと言われたので、転職エージェントの面談後に自分なりに本を使いながら数日かけてやりました。

転職で後悔することだけは避けたかったですからね。

最初は正直意味あるのかなと思っていましたが、転職活動が終わった今ではやっておいた方がいいと思っています。

自分自身の整理ができて頭がすっきりしますし、その後転職活動を進めて行く中で色々な場面で役に立ちます。

書類選考への応募、そして面接

面談後、さっそく履歴書や職歴書など必要なものをそろえて書類選考に応募しました。

応募したのは4社。

紹介された求人はもっと多かったし受けるだけ受けてみれば良かったんですが、仕事がそこそこ忙しかったこともあって、なかなか企業研究や履歴書作成が進まなかったことが主な理由。

履歴書を書くのはかなり苦手な方だったので、かなり苦労した記憶があります。

ただ転職エージェントの担当者が相談に乗ってくれたり添削してくれたのでだいぶ助かりましたね。

そして面接まで行ったのは2社。半分は書類選考で落ちてしまいました。

まあ絶対に転職したいという気持ちがあったわけではなかったし、だめだったらまた一からやり直せばいいだけと気楽に考えることができていたので、不安や焦りと言ったものはありませんでした。

ちなみに面接は片方が2回、もう片方が3回。平日だったので休むのが大変でした。

1ヶ月前、内定、退職の申し出

結局書類選考を通った2社は、ありがたいことにどちらからも内定を貰うことができました。

そしてそのうち、より条件が良い会社の内定を受諾し、なんとなくで転職活動を始めてからたった2ヶ月間で転職することになりました。

はっきり言ってこんなことになるのは良い意味で予想していなかったです。

ただ大変だったのはここから。

区切りのいいタイミングでそれなりの人数をまとめて採用していたこともあり入社日が決まっていて、教育等もあるので個別に入社日を遅らせてしまうことができず、内定から入社まで1ヶ月と数日。

すぐに退職の申し出をしたんですが、まあ色々大変でした。

退職の申し出から入社まで

退職の申し出から入社まで、退職日まであまり時間がなかったことや3年たたずに辞めることによって、色々と苦労しました。

まず上司への退職の申し出。

決して悪い上司ではなかったんですが、かなり強く引き止められ、1時間の面談を3回ほどすることに。

さらに人事とも面談をさせられました。

パワハラまがいのことがあったわけでもなければ、最後は意思を尊重してくれたので文句は言えませんが、大変ではありましたね。

ただ周りに退職することがばれた時、管理職や先輩の方々に色々と嫌味や文句を言われました。

まあもう辞めるのでそこまで気にしなかったんですが、居心地は悪かったですね。

それから大変だったのが引継ぎ。

担当の仕事を続けながら書類等を整理して、後任者に説明してと、1ヶ月でやるのはなかなかきつかったです。

有給休暇はかなり残っていたし、上司も退職までに取れるだけ取っていいと言ってくれていたんですが、結局1日しかとれず相当無駄にしてしまいました。

気楽に始めたが結果的には満足、気になるならやってみた方がいい

こんな感じで終わった私の転職活動。

今は転職して良かったと思えているし、あの時転職活動をとりあえずでもやってみて良かったと思っています。

だからこそもし少しでも転職が気になっているなら、そこまで深く考えずやってみればいいんです。

3年は働いた方がいいのかな、上手くいくのかななんて悩んだって仕方ありません。

とりあえずやってみて、上手くいったら転職すればいい。だめだったらやめればいい。ただそれだけのこと。失うものなんて何もありませんからね。

もし悩んでいるならぜひこの機会に気楽に始めてみて下さい。

第二新卒におすすめの転職サービス

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ