今の仕事が大嫌いと感じている人はなぜ転職しない?我慢し続けるだけはだめ

今の仕事が大嫌いと感じている人はなぜ転職しない?我慢し続けるだけはだめ

1日8時間以上を毎日繰り返す仕事は、嫌いよりも好き、つまらないよりも楽しくあった方が良いに決まっていますよね。

ただ中々そうもいきません。面倒な人間関係があったり、理不尽に耐えなくてはいけないことがあったりで、気づくと仕事なんて大嫌いになってしまっている人も少なくはないでしょう。

ただ大嫌いなことを続けるのなんてとても苦痛。いくら生活の為といえ、そのまま続けるのはちょっと考えた方が良いかもしれません。

関連:仕事が精神的に辛い、もうまいってしまったという人は自分の働き方を見直そう

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

仕事はどこかで折り合いをつけることは大切、でも大嫌いって言うのはちょっとひどい

仕事をする以上、何もかもが自分の理想通りになんて言うことはまずありえませんからどこかで折り合いをつける必要は絶対にでてきます。

仕事はやりがいもあるし、給料も高い、残業も少ない。そんな周りから羨ましがられるようなホワイト企業に勤めている人だって、何かしら不満を感じて愚痴を言うことだってあるものです。

我慢、忍耐は働く上でやっぱり必要な能力です。

ただ「大嫌い」と思ってしまうほどになっているなら少し疑問を抱かなくてはなりません。

少なからず楽しいというものがあったり、自分にとって何か得られるものがあると実感することができていれば、仕事で多少辛いことがあったってさすがに「大嫌い」とはなりません。

仕事は大嫌い、でも転職はしないっておかしくない?

大嫌いと思うことをするのは、とにかく苦痛で仕方がないことですよね。

しかも仕事となれば毎日何時間もすることになれば、その苦痛度合いといったらとてつもないものなはずです。

にも関わらずなぜその仕事を続けるのでしょうか、なぜ転職しないのでしょうか。

特に今は超売り手市場で転職がとてもしやすい状況。転職する権利は誰もが持っているし、その環境も整っている。

それにも関わらず転職せずに大嫌いな仕事を続けるというのはちょっとおかしな話ですよね。

ただそんな人が本当に多いのが現実です。

仕事が大嫌いなのに何もしない人によくある理由

ではなぜ仕事が大嫌いなのに何もしないのでしょうか。

よくある理由を考えてみましょう。

転職したら年収が下がる、条件が悪くなる

転職はできるかもしれないけれど、転職したら年収が下がるし休みが少なくなるなど条件が悪くなるからそれがネックで転職することができない。

そんな理由で大嫌いな仕事を耐えているという人は多いかもしれませんね。仕事をとるか、生活をとるか。その2択で後者を選んでいるんだと思います。

確かに転職すると待遇が悪くなる可能性は否定できませんからそれを心配する気持ちがあるのもわかります。

ただその逆もしかりです。というか年収で言えば転職してアップした人の方が多いです。最初から待遇が下がると決めるのは実は大きな間違い。

自分が転職した時にどうなるかは最初はわかりません。

転職活動をしてからようやく待遇が良くなりそうか、変わらず転職できそうか、それとも待遇を下がることになってしまうことになるのかがわかるのです。

そんなまだ何もわからない状態で悪い方向になると決めつけて大嫌いな仕事を我慢するというのは馬鹿らしいことです。

転職したところで何も変わらない

仕事は結局仕事だからどこで仕事をしたって変わらない、転職したって何も変わらないと思っている人も多いと思います。

まあ先ほども述べましたが、仕事である以上はどこかで折り合いをつかなくてはいけない部分もあります、諦めて我慢しなくてはいけない部分もあります。

ただ意外に仕事を変える、環境を変えるということで変化するものは多いです。

実際に転職した人に聞いたアンケートによれば、転職して何も変わらなかったという人はわずか。転職して良かったと感じている人がとても多いのです。

今「大嫌い」だと言う仕事をしている以上、何かが変わるかもしれないならその可能性にかけてみてもいいのではないでしょうか。

時間がたてばなんとかなるかもしれない

時間が解決してくれるというのは確かにある話です。

ですからそれに期待していしまう気持ちもわかります。

ただそれにはかなりの時間がかかるとともに、解決には至らないことだってあることはよく理解しておかなくてはなりません。

大嫌いな仕事を10年耐えてみたけど10年後もやっぱり変わらず仕事は大嫌いなままで10年間耐えたことが無駄になる。それもあり得るのです。

転職活動が面倒でやる気がおきない

毎日仕事で疲れ切っていると、わざわざ転職活動をして仕事を変える気力がわかない、転職活動が面倒でやる気が起きないと感じてしまって踏み切れずにいる人も多いかもしれません。

ただよく考えてください。

転職活動は一瞬の苦労、仕事を続けるのは一生の苦労です。

どこかで踏ん張らなくては、一生苦労するだけになってしまいます。

また転職活動はDODAなどの転職エージェントサービスを使えば、仕事探しから応募、入社までサポートしてくれるので思っているよりは簡単に終わります。

会社があなたの為にあなたに合わせることはない

大嫌いな仕事から解放されるには自分で動きなければなりません。

会社はあなたの為を思い、あなたが働きやすいように合わせてくれるなんてことはまずありません。

会社に期待してはだめ。環境を整えるのは自分自身。

その為にも、まずは転職活動から始めてみてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ