大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。

大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。

就職、転職市場において非常に人気のあり、入るのが困難である大企業ですが、その大企業に一度は入社しても、様々な理由から中小企業に転職する人はいます。

大企業から大企業、中小企業から中小企業という転職に比べると変わることも多く、転職する前に不安になっている人も多いでしょう。

そこで、今回は実際に大企業から中小企業に転職した人が、どういった点で良かったと感じているか、どういった点で悪かったと感じているのか、成功事例と失敗事例で紹介していきます。

関連:大企業で働いている人、中小企業で働いている人の仕事の悩み

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

大企業から中小企業に転職して成功したこと、失敗したこと

どんな転職であれ、成功する人もいれば失敗する人もいます。大企業から中小企業だからと言って失敗する人が多いだとか、失敗する確率が高いだとかはなく、転職活動時にしっかり準備しておくことでだいたいの失敗は防ぐことができます。

転職前にどういった成功事例があり、どういった失敗事例があるのかを知っておくことは、準備の段階で自分が選択する際に良いヒントとなりますから、参考にしてみてください。

成功した事例

では、まずは大企業から中小企業への転職で成功した事例を紹介します。

年収アップ

私は32歳で大企業から中小企業に転職しました。従業員数は100人程度の会社です。

元々働いていた会社では年収600万円程度と決して悪くはない数字を貰ってはいましたが、本音はもっと欲しいと考えていました。

そうは言っても、その会社では年齢に応じてほぼ年収が決まっており、成果として差がつくのはほんのわずかな部分であり、年収をアップする為には時間が経過することが絶対条件だったのです。

そこで、年収をアップさせようと思ったら転職しかないと思って、転職活動を始めました。

他の大企業等も受けはしましたが、最終的に選んだのは今の会社です。

結果的に年収は600万円からなんと900万円にアップしました。

一般的には大企業は年収が高く、中小企業は年収が低いと考えられています。

確かに平均的には考えるとその考えに間違いはありません。

ただ、大企業は給与体系がほぼ決まっていて優秀な人材であろうとも年齢が低ければ突出した給料をもらうことはほぼできません。

一方、中小企業であれば、給与体系がそこまで決まっていなく、優秀である人材に対して高い給与を与えることがしばしばあり、実際、あえて中小企業に転職したことで年収がアップしたという人は少なくありません。

とにかく仕事がやりやすい

緊急性がある仕事なのに、何人も承認を受けなくてはならなかったり、同じ会社なのに違う部は敵みたいな扱いをしていたりと、大企業特有の働きにくさに嫌気がさしていました。

そこで、決裁権のある役員と距離が近く、裁量も広く与えられやすいだろうと言う理由から中小企業への転職を決断しました。

結果的には大成功で、大企業の頃にルールが多くがちがちに縛られていたことから解放され、仕事がやりやすくなったので、やりがいも強く感じることができるようになりました。

裁量権が与えられやすい、役員との距離が近い、ルールが緩いといったことは中小企業のメリットとしてよく挙げられることです。

確かにその傾向はあります。しかし、全ての中小企業があてはまるとは言えないし、むしろそうなることをデメリットと考える人もいるので注意は必要でしょう。

仕事の幅が広い

大企業で働いていた頃、本当に狭い領域の仕事を黙々とこなすだけでした。

もちろんその仕事の中にも、深く追求できること、より改善していくことはあったのですが、どうしても飽きがきます。

異動も考えたのですが、そもそもできる可能性が著しく低かったし、できたとしても似たような仕事しかさせてもらえません。

そういった理由を考え転職活動を始めました。当初は大企業で考えてみましたが、色々と考えていくうちに、最終的に中小企業への転職を決断しました。

実際、仕事の幅はかなり広がり、広い知識が必要となるし今までは誰かがやってくれてた雑用も自分でやらなくてはいけなくなったので大変な面もありましたが、上流工程、下流工程を自分で関われる分、新たな考え方をもてたり、やりがいも感じるようになりました。

仕事の幅が広いことは、大変な面もありますが、その分やりがいも感じやすくなります。

大企業だと仕事を細分化され一つのことに特化していくことになります。その特化したことを深めていくことが楽しいと思える人であればいいのですが、実は自分のやりたいことと全然違ったりすると目もあてられません。

失敗事例

では次に失敗事例を紹介します。

今しか見ていない

転職した会社の印象は、今しか見ていないという点。それだけで大きな危機感を感じざるを得ませんでした。

もしライバル企業がでてきたら、もっと良い製品がでてきたらということを想像したとき、間違いなくこの会社は危ないと感じたのです。

利益はそれなりにあがってはいたので、将来を考えて投資することはできたはずですが、それをほとんどしてませんでした。おそらくは役員報酬に回っていたんだと思います。

中小企業であっても、しっかり将来のことを考え、今の事業に力を注ぎ込むことと将来への投資のことを考え、お金や労働力を分散している会社はたくさんあります。

ただ、今回の例のように役員が将来のことよりも自分の目先の利益を重視してしまっている場合もあるので、会社の見極めは非常に大切になります。

ワンマン経営に振り回された

中小企業に転職してみると、その会社はまあ見事にワンマン社長のワンマン経営。

社員の意見は聞いてくれないし、気分によって判断が変わって一貫性がないし、社員を馬鹿にするし。

ワンマン社長のいる会社はとにかく要注意です。

中小企業だと、ワンマン社長がワンマン経営しているというのはよくある話です。ワンマン社長がすべて悪いというわけではなく、しっかりとした常識のある人が経営しているということも多々あります。

ただ、やはり誰かアドバイスなり指摘等ができる存在がいないとどうしても横柄になったり、自分が全てなんて考えももってしまいがちな傾向はあります。

実質的に手取りが減少

転職活動時、年収が若干アップするということから、それならということで中小企業に転職を決めました。

そして確かに年収自体は少しだけアップしました。

しかし、福利厚生面で手取りとしてはむしろ減ってしまいました。

というのも大企業で働いていた時は自動車保険や生命保険も団体で格安で入れていたし、様々な施設も格安で使えていたものが、中小企業に転職したことでそういったものが一切無くなってしまった為です。

大企業で働いている人は、福利厚生で得られているメリットはかなり大きいので、その分も考慮するようにしてください。

福利厚生で言えばやはり大企業は充実しているし、中小企業はあまり充実していない傾向が強いです。

福利厚生は、手取り額にも直結するようなものが多々ある為、年収を考える場合はしっかり考慮入れておくようにしましょう。

転職活動の際に注意すればほとんどのことは防げる

中小企業に転職して失敗したという人は、たいてい転職活動の際のやり方が間違っていたことが原因であり、しっかりやっておけば十分に防げていたことです。

自己分析、企業研究、業界研究といったことを疎かにしていると、いざ転職しても思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性があるので注意しましょう。

転職を成功させる為には、転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:大企業と中小企業の定義や平均年収、企業数の違い

関連:ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう



このページの先頭へ