大企業で働いている人は転職で有利?不利になってしまうこともありえる?

大企業で働いている人は転職で有利?不利になってしまうこともありえる?

転職時にはスキルや経験が重要視されるものの、転職前にどことの会社で働いていたかということが全く関係ないわけではありません。

以前の会社が知名度の高い大企業か、それとも中堅企業か、はたまた全く有名ではない中小企業かによって転職のしやすさはやっぱり変わってきます。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。

大企業で働いているという事実が転職で有利になるのは事実

現在の転職市場では大企業で勤めていたということがある程度の効力を発揮し、転職活動を有利に進めることができる一因となることは事実です。

もちろん大企業で働いていた人だからと言って全然仕事ができない、スキルもろくにないような人もいるし、逆に中小企業であってもとてつもなく優秀な人材だっています。

ですから理想を言えば以前の会社や学歴ではなく、その人自身の能力の高さを見て、最も高い人を採用するのがベストです。

ただ企業は中途採用の選考時に能力の高さを正確に測ることなんてできません。

履歴書に数回の面接しかなく応募者もあの手この手でアピールするわけですから、結局入社して実際に働いて見てからではないとわからない部分はどうしてもあるのです。

その為、企業は優秀な人が多いであろう傾向にも頼ることになります。

学歴が高く、人気が高く倍率の高い採用試験を通ってきた人材、大企業でしっかり教育を受けてきた人材であることを有利にみなすのです。

また大企業で働いていた人の方が転職エージェント等を利用した際にも優位性を感じることになるでしょう。

同格の企業に転職しやすく、高年収を期待することができる点からエージェントの力の入れ方も強くなります。より濃いサポートを受けることができることも転職が有利に運ぶ一因になるかもしれません。

大企業からの転職が有利になる場合

とは言え、大企業で働いてきたという実績がいつ何時でも大きな効力をもたらし転職を有利に運んでくれるものではありません。

場合によっては大企業で働いていることが不利になってしまうなんて場合も少ないですがあります。

ではどんな時に有利になり、どんな時に不利になってしまうのでしょうか。

まずは有利になる場合からです。

大企業から大企業への転職時

大企業と中小企業、ベンチャー企業とでは働き方が異なる場合が多いです。

大企業の場合は大きな組織の中の一員として狭い分野の仕事を確実にこなして行くことが求められます。

一方で中小企業では仕事が大企業ほど細分化しておらず、幅広い仕事をすることになる場合が多いです。

この仕事のやり方の違いから転職時には同じくらいの規模の会社に転職する場合の方が有利になる傾向があり、大企業であれば同様に大企業に転職にしやすくなります。

年齢が若い層

前の会社がどう言った会社であったかというのは年齢が若い層の転職時に影響が高く、大企業で働いていた方が有利になる場合が多いです。

年齢が若い人に企業が求めているのはポテンシャル。高度なスキルではありません。

ポテンシャルの高さを重視する場合、学歴や前職の企業を参考にする比率が高くなる為、大企業であることが有利に働きやすくなります。

未経験職

未経験者採用の場合、直接スキルや経験を生かすことができない分ポテンシャルに期待することになる為、先ほどと同様学歴や前職の希望を参考にする比率が高くなります。

大企業からの転職が不利になってしまう場合もないわけではない

では続いて不利になってしまう場合に関してです。

中小企業、ベンチャー企業の一部

先ほども述べたように大企業と中小企業やベンチャー企業では仕事のやり方が違う為、大企業で働いてきたことによって敬遠されてしまう場合もあります。

幅広い仕事をすることになるのに、その働き方ができない人は嫌だなんていう風に思われてしまうのです。

またわざわざ大企業を辞めて入社してくることに疑念を抱かれてしまう場合も少なくありません。

わざわざ待遇の良い大企業を辞めて入ってくるからには何かあるのではないか。そう思われてしまうことがあるのです。

会社は一度社員として採用すると簡単に辞めさせることはできませんから、事実はどうあれリスクがあると思った人を採用しません。

年齢が高い場合

ずっと大企業で働いてきた年齢が高い人は敬遠される傾向にあります。

仕事のやり方が異なるという部分も大きいのですが、それに加えてプライドが高い、融通が聞かないという人も少なくないからです。

面接時点から態度に出てしまっている人もいるくらいなのです。

企業にとっても、すでにいる社員にとってもそんな人材は扱いにくいので採用に否定的になります。

ただし評価の一基準にすぎない

このように大企業で働いている人は一部で不利になる場合もありますが、概ね有利に働くことが多いです。

ただ勘違いして欲しくないのが、前職がどこだったかというのは評価のうちのほんの一部にすぎないことであり、決してそれに慢心してはいけないということ。

転職エージェントから紹介してもらえる企業の幅は増えますし、書類選考の通過率も高くなるでしょう。

ただ面接が進むに連れて人間性や熱意といった部分を重視される割合が増えてくるので、しっかり対策しなければなりません。

大企業出身者の人の中にはそれ以外の人に比べて少し自信過剰になりがちになってしまい、ろくに対策せずに面接に挑み当然のように不合格になってしまう人がいます。

ですからもしあなたが大企業出身でこれから転職しようと考えているのであれば、決して有利だとは考えず甘えることなくしっかり転職活動を進めて行くようにしてください。

面接対策を含め転職サポートは転職エージェントが無料で行ってくれるのでぜひ活用してください。

もちろん転職サイトにはそれ以前に登録して色々自分なりに情報収集はしておくことは必要です。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのがまず以下の2つ。

登録は無料でしかも数分で終わります。あっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。



このページの先頭へ