大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

大企業で働いているけれど、退職したい、転職したいと考える人は少なくないです。

もちろん、中小企業に比べると、離職率は低いですが、どんな会社であれ一定数はいるものです。

しかし、大企業から退職、転職することはそれなりに有期のいることです。

今回は、大企業からの退職、転職について話していきます。

関連:仕事を辞める時期はいつがいい?会社や転職、お金のことなど

関連:大手企業の求人は隠れている!転職したい会社がないと思う前に要チェック!

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

大企業であっても辞めたいという人は多い

大企業は年収が高く、年間休日数も多い、将来的にも中小企業に比べると安定しているといった、働く上では良い条件が揃っていることが多いです。

もちろん、大企業であっても上記のようなことに該当せずにひどい会社もあります。

しかし、上記のことが十分に満足できるような条件の会社であっても、会社を辞めたいと思い、転職する人はいます。

まずは大企業にいながら退職、転職したいと思う人の理由を紹介します。

希望の職種に就けない

研究部門に行きたかったけど、設計部門に配属された。

海外営業を希望していたけれど、経理だった。

このように大企業に入社できたものの、本来やりたいと思っていた職種とは異なる部署に配属された結果、不満募らせ退職する人はかなりいます。

新卒での採用時に、どの部署かまで決めた採用を行っている企業もありますが、多くは採用した後に適性、学部等から配属が決まります。

全員が希望通りなんてことはなく、どうしても希望通りにはならない人が多いです。

また、一度配属されてしまうと、異動希望をだしてもなかなか通らない会社も多い為、どうせ異動もできないのだから、希望の仕事に就くために転職するという道を選びます。

出世競争が激しい

大企業の場合、同期も多く、出世競争が激しいことが多いです。

勝ち残ればいいのですが、仕事の面だけでなく、人付き合いや仕事の内容、上司の力なども絡んでくる為、自分の力だけではなんともならない部分があります。

そして、同期と差が付き、もうやってられなくなり退職し転職する人も少なくはありません。

無駄なルールが多い

大企業は人も多い為、その分ルールも多くなります。

しっかり決めないと、社員をまとめることができなかったり、世間の目も厳しい為、思わぬことで社会的制裁を受ける為です。

あまりに細かいルールによってわずらわしさ、息苦しさを感じる人も少なくありません。

上位の顔が見えない

大企業の場合、平社員と役員や社長の距離はかなり遠いです。

社長なんて話したことはおろか、会ったことすらないということも。

そういった人たちの一言は多大な影響を持ちます。

そして、急きょ方向転換を強いられることになり、仕事の負荷があがるなど直接的に影響してきます。

下の状況何も知らないで・・・と上位に不満を覚えてしまうこともよくあることです。

スポンサーリンク

大企業からの退職、転職で悩む人も多い

上記のような大企業特有の理由に加え、人間関係がうまく行かないなどの企業規模に関係しない理由で退職、転職を望む人も多くいまs。

しかし、大企業に勤めているからこその悩みも多いのではないですか。

家族からの反対

せっかく大企業に入れたのにもったいない。

もう少し頑張ってみるべき。

辞めたら絶対に後悔する。

年収が下がるのは嫌だ。

このように、配偶者から反対されてしまうということもよくあることです。

反対を押し切ることができればいいのですが、猛反対に負けてしまうこともあります。

その結果、結局働き続けてしまい、辛い状況から抜け出せずにいる人も多いです。

後悔するのではないかという恐怖

自分の中でも葛藤は少なくありません。

せっかく入ることができた大企業。

転職したら年収は下がるかもしれない。

労働条件も悪くなるかもしれない。

やりたいことができたとしても、結局年収や労働条件で後悔してしまうかもしれない。

今の環境がいいほど、そのように思ってしまう気持ちは大きいです。

世間体

大企業で働いているという点だけでステータスと感じている人もいるのではないでしょうか。

実際にそれなりにステータスにはなります。

そのステータスを自ら捨てるわけですから、勇気もいりますし、悩むことも多いです。

大企業を辞めるための方法

こういった悩みがある中で、それでも辞めたいという場合には、どうすればいいでしょうか。

家族の説得

家族から反対を受けている中で、辞めることを了承してもらうにはどうすればいか、それはあなた自身が考えている辞めたいと思う理由をしっかりと伝えることです。

大企業に対して、数字でわかるような年収や休日数であったり、イメージとしてある安定性のみで反対しています。

しかし、実際の職場や仕事内容の状況は、家族はわかりません。

わからないのですから、反対しても仕方ない部分はあります。

まずはなぜ辞めたいか、そして何がしたいのか、正直に話してみましょう。

まずは理解してもらうところから始めてみましょう。

もし、どうしても理解してもらえないのであれば、気にせずに辞めてしまうというのも一つの手です。

結局は働き続けるのはあなたですから。

自分の中での葛藤を消す

後悔するのではないかという悩みを持ち、なかなか退職、転職を決断できないのであれば、実際に転職活動を進めてみるといいでしょう。

転職活動を進めることによって、自分についてもよく考えますし、今勤めている企業以外の企業についても知ることができます。

何も知らない状態で、よく聞く話や、イメージだけで考えるのではなく実際に転職活動を進め、もし内定まで行った会社があれば、その時にどちらがいいか判断すればいいのです。

退職、転職に勇気は必要、ただまずは進めること

大企業からの退職、転職には勇気が必要です。

悩むことも多いでしょう。

ただ、悩むことは後悔しない為にも必要なことです。

ただ、何もせずに悩むのではなく、実際に歩みを勧めながら悩めばいいのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:退職挨拶で気を付けたいマナー。スピーチ・メール・挨拶回り

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ