会社を辞めたいけど、大企業だから辞めるのがもったいない。でも本当にしがみつく必要はある?

会社を辞めたいけど、大企業だから辞めるのがもったいない。でも本当にしがみつく必要はある?

会社を辞めたい。だけど今の会社は大企業で辞めるのがもったいないから辞めれない。

そんな悩みを抱えている人は少なくないと思います。

まあちょっとやそっとのことで簡単に辞めるなんてできませんよね。

ただそういった人達にはぜひ「本当にそこまでしがみつく必要はあるのか」ということを改めて考えて欲しいです。

関連記事

 

会社を辞めたい、でも大企業を辞めるのはもったいないから辞めれない

私も以前、そこそこ知名度が高い大企業で働いていました。

離れた今だからこそ大企業を退職する、大企業から転職するということに抵抗感はなくなっていますが、実際にそこで働いていた時はやっぱり違いました。

周りに比べて相当いい給料を貰っているから、福利厚生も充実してるし安定性も高いから。

そんな理由から辞めるなんてもったいないと思っていたし、いざ退職するとなった時は相当な勇気と覚悟が必要で悩みに悩んだことを今でも覚えています。

そしてそれは周りも同じで、どれだけ仕事に不満があっても、どれだけ苦しんでいても、転職に踏み切る人なんてほとんどいませんでした。

せっかく入った大企業。希望しても働くことができない人も多い大企業。

もったいないと思ってしまうのは、まあ仕方がないことなんだと思います。

でも本当にそこまでして大企業にしがみつく必要はある?

でも今一度考えてみてください。

はたして本当に今働いている大企業にしがみつき続ける必要なんてあるのでしょうか?

今の仕事に満足しているならまだしも、不満だらけ、ストレスだらけで全然楽しくない日々を送っているのにしがみつき続ける必要なんて本当にあるのでしょうか。

大企業で働いているからといって幸せとは限らない

その会社で働いているわけではない周りの人から見れば、その会社で働いているという事実だけで「幸せ」なことだと思い込まれてしまいます。

でもそんなことはないんですよね。

きつい上司、恵まれない人間関係、大企業ならではのしがらみ、仕事で求められるレベルの高さ、残業時間に見合わない仕事量。

こういったものが大きなストレスになり、うつ病になって会社を休むことになってしまった人も山ほど見てきました。

一方、その会社よりも会社としての規模は小さく、年収が低くても毎日物凄く楽しそうに仕事をしている人というのもたくさんいます。

大企業で働ければ幸せなんて、全くの勘違いなんですよね。

時間が解決してくれず、いつの間にか身動きがとれなくなってしまう

もしかしたら異動できるかもしてないから、もしかしたら時間が解決してくれるかもしれないから。

もったいないという思いが先行するあまり、そんな風に期待してしまっている人も少なくないかもしれません。

でももしその期待が実現しなかったら、どうするんでしょうか。

いざ転職しようにも、年齢が高くなるとその難易度はかなり上がります。

30代後半、40代にもなってそこそこ良い条件で転職することを望むなら管理職としてマネジメントの経験も求められます。

人数が多く社員のレベルも高い大企業では管理職になるのだって簡単な話ではありませんから、気が付くと身動きがとれなくなってしまうことだって多々ありえることです。

大企業から転職すると労働条件悪化はやむを得ない?

今の労働条件がかなり良いから転職するのはもったいないと思っている人に知って貰いたいのが、必ずしも労働条件が悪化するとは限らないということ。

今と同レベルの条件で転職するのはもちろん、さらに良い条件で転職することだってできないことはありません。

一般的に難しいと言われている大企業への転職ですが、大企業で働いている人は中小企業で働いている人に比べて採用されやすく、実際大企業から転職する多くの人が他の大企業へと転職しています。

気になる人は一度DODAあたりの大企業を多数扱っている転職エージェントに登録してみてください。思っている以上に名の知れた大企業の求人を紹介して貰えるはずです。

もちろん人によっては転職した結果、待遇が悪くなってしまうこともあるでしょう。

ただ皆が皆、今の会社がベストかと言うと決してそんなことはないはずです。

大企業だからという理由だけで働き続けていいの?

確かに大企業で働くことができている今は、年収など様々な面で平均よりも恵まれているのは事実でしょう。

大企業だからこそのメリットはたくさんあります。

ただ本当にそれだけで、この先ずっと働き続けていいんでしょうか。

会社が大企業というだけで辞めるのはもったいないと決めつけてしまって本当にいいんでしょうか。

改めてこの点を考えてみてください。

もちろん今の現状が人よりも恵まれているということは理解しておく必要はあります。

大企業から転職して後悔している人の多くは、前の会社が如何に恵まれていたかということに転職後に気づいたことが理由になっています。

今の会社の悪い部分だけ、転職先の会社の良い部分だけを見て転職を決断してしまうのは絶対にやってはいけないことです。

ただそこさえ気を付けていれば、あなたにとっての今より良い会社はきっと見つかるはず。

だからこそ、少なくとも今の会社で大きな不満を抱えていて辞めたいと思っているのであれば、転職活動を始めるくらいはしてみるべきではないのでしょうか。

会社に不満があるなら大企業であろうと転職活動をしてみればいい

転職するにあたり、大企業で働いているという現状をすぐに捨てるなんて必要は全くありません。

今よりも良い会社が見つかれば転職するというくらいの気持ちで、とりあえず転職活動をしてみればいいんです。

転職したら後悔するのではないか、今の会社を辞めるのはもったいないのではないかと悩むのはまだ先。

少なくともどんな転職ができるかを知ってからでも全く遅くはありませんし、その方がよっぽど決断しやすいはずです。

ですから、まずは転職活動をしてみてください。転職活動が終わる頃には、むしろ転職しない方がもったいないと思えているかもしれませんから。

大企業を狙う場合は転職エージェントの利用が必須

大企業を狙って転職活動を進める場合、転職活動では転職エージェントを利用するようにしましょう。

というのも大企業の多くは転職サイト等で検索してもでてこない非公開求人となっていて、転職エージェントに紹介して貰わないと応募することすらできません。

転職サイトで調べるだけで今の会社よりも条件の良い会社はないと決めつけてしまっている人もいるんですが、実はそれは非常にもったいないことなんです。

転職エージェントの中では以下のものがおすすめ。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

DODAは転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

転職エージェントを利用するメリットは、非公開求人の紹介だけではなくキャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるという点も挙げられます。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントと DODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

まずは非公開求人にどのようなものがあるか、自分ならどういった企業へ転職できる可能性があるかを知るという動機でも十分。

ぜひ自分の可能性を知ってみてください。

関連記事

 



このページの先頭へ