第二新卒で転職した場合、給料が下がる?上がることは可能?

第二新卒で転職した場合、給料が下がる?上がることは可能?

入社3年以内に転職する第二新卒。

若手社員の離職率の高さから、その需要は年々増えています。

第二新卒としての転職の場合、転職理由として多いのが、残業の多さ、休日の少なさといった労働条件によるものであったり、仕事のミスマッチややりがいといった仕事内容に関わるものが多いです。

ただ、転職するにあたり、やはり給料というものは気になるところです。

第二新卒として転職した場合、給料は上がるのでしょうか、それとも下がるのでしょうか。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

第二新卒者の給料決定パターン

経験者採用の場合、給料はその人の経験やスキルといったものから給料は決まってきます。

しかし、第二新卒者の場合は、経験を認められて転職するのではなく、新卒者同様、ポテンシャルを期待されて転職することになります。

その為、給料は個人によってではなく、転職先の給与規定に従う場合がほとんどです。

新卒者と同じ扱いになるパターン

第二新卒者の給料が決まるパターンの一つが、新卒者同様になるという場合です。

例え、入社3年目に転職したとしても、その年に入社した新卒者と同様の扱いになります。

この場合、給料は下がってしまうこともあります。

ただ、入社3年程度では、昇給額もそれほど多くはない為、たいして差がつかないといった場合もあります。

給料はもちろんですが、その後の出世に関しても、その年の新卒者と同じ扱いとなり、同年齢よりは1年から2年遅れることになります。

社会人経験年数によって決まるパターン

給料決定のもう一つのパターンが、社会人経験の年数によって決まるパターンです。

例えば、入社3年目に転職した場合、その会社の入社3年目の人と同様の給料となり、その後の昇格に関しても同様の扱いとなります

この場合、給料はその会社次第であり、給料が大きくアップするといった場合もあります。

中には、給料は社会人経験年数によって決まりますが、昇格に関してはその会社での在職年数による為、同じ年に卒業した人に比べて、遅れてしまうという場合もあります。

1年遅れの給料となるパターン

会社によっては、給料が1年遅れの人と同じになる場合もあります。

例えば、入社3年目に転職した場合はその会社の2年目の人と同じ扱いになるといったパターンです。

社会人としての経験は認めるが、その会社の同世代の人間に比べると、やはり仕事はできない為、このような形態をとる場合もあります。

第二新卒者が知っておきたい給料のこと

次に第二新卒として転職する場合に知っておきたいの給料のことについて紹介していきます。

給料が上がるか下がるかは会社次第

第二新卒として転職する場合、給料が上がるか下がるかは、個人の技量ではなく、その会社次第です。

転職先の企業が上述したパターンの中でどれにあてはまるか、元々初任給がいくらなのかということが、給料に大きく関わってきます。

また、上がるか下がるかに関して言えば、転職前の会社の給料にも関係してきます。

以前の会社が初任給が他に比べて高かったり、入社3年以内での昇給額が多いと、下がる場合が多いし、

逆に初任給が少なく、入社3年以内での昇給額もわずかであれば、上がることも十分にあり得ます。

入社3年間の給料はそれほど気にする必要はない

そもそも、入社3年以内の給料はそれほど気にする必要があるものではありません。

入社3年だとまだ給料が少ないが、数年経てば一気に給料があがる会社もあります。

逆に初任給が高かったり、入社3年以内で昇給が多くてお、それ以降に全然給料が増えないなんて会社もあります。

長く働くことを考えれば、前者のほうが絶対良いです。

あまり目先の給料に惑わされるのはよろしくありません。

1年遅れる覚悟は必要

第二新卒として転職する場合、同じ年に卒業した人に比べて1年は昇格や出世が遅れるという覚悟も必要です。

新卒として入った人に比べれば、その会社の経験は少なくなるのですから仕方がないことです。

ただ、出世競争から外れているわけでもありませんし、以前の会社に居続けるよりは給料が上がる可能性も十分にあります。

比較対象を転職した会社の同年齢の人と比べるのではなく、以前の会社に居続けた自分と比較するようにしましょう。

例えば、1年は浪人したのと同じだという楽観的な考え方も大切です。

給料交渉はほぼ出来ない

経験者採用による転職の場合、優れたスキルをアピールし、提示された給料に関して、アップさせる為の交渉を行うことも可能です。

ただ、第二新卒者の場合はそれが不可能と考えたほうが良いでしょう。

そもそも、第二新卒者の経験年数では、経験があったと認めてもらえませんから、給料を交渉する為の道具が何もありません。

また、そもそも入社3年以内の給料がその会社のシステムとして決まっている場合も多く、変えることができないことも多いです。

第二新卒者は目先の給料にこだわっていはいけない

第二新卒者であっても、給料アップを目指した転職をすれば、給料が上がることも可能です。

ただ、第二新卒として転職する場合、目先の給料を気にして行く会社を決めるなんてことは避けるようにしましょう。

というのも、上述したように入社3年以内の給料ではわからないことも多く、数年後には一転することも多々ある為です。

第二新卒者は、まずは転職する理由、自分の望んだ働き方を大切にし、給料に関しては目先のことではなく、数年後のことを考えるようにしましょう。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

関連:転職サイト一覧まとめやおすすめランキング


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ