第二新卒で公務員への転職する方法や公務員のメリットやデメリット

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

第二新卒で公務員への転職する方法や公務員のメリットやデメリット

行きたいと思った会社に行けなかった。

働き出してみるとやりたい仕事と全然違った。

入社してみるろ仕事が想像以上にきつかった。

こういった理由から、入社3年以内に会社を辞め、第二新卒として転職をする人も少なくありません。

転職の際に一つの選択肢とあるのが公務員です。

そこで、今回は、第二新卒で公務員へ転職する方法や注意点を紹介します。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:転職で学歴はどこまで見られる?高学歴は転職しやすい?

第二新卒で公務員に転職するを目指す方法

民間企業への転職であれば、まzは履歴書や職歴書による書類選考があり、それに通過すると面接があるというのが一般的な採用過程えす。

しかし、公務員へ転職する場合には採用過程が全く違う為、公務員になる為の準備をしなくてはいけません。

公務員受験に受かることが必要

第二新卒として公務員に転職するには、とにかく公務員試験に受からなくてはいけません。

公務員試験は各職種ごとの1年に1回行われており、新卒者と同じものを受けることになります。

すなわち、学生が主なライバルとなるわけです。

公務員試験には年齢制限もありますが、第二新卒者の場合に引っかかる心配はないでしょう。

公務員試験には1次試験と2次試験があります。

1次試験では、教養試験や専門試験などの筆記試験が行われます。

2次試験では、面接が行われます。個別面接だったり、集団面接であったりと様々ですので、事前に調べておく必要があります。

経験者採用枠での応募はできない

公務員になる為の方法として、経験者採用枠もあります。

一般の公務員試験とは違い、社会人向けの試験になりますが、応募資格が3年以上や5年以上の経験となっている為、

入社3年未満の第二新卒者には応募資格がありません。

その為、経験者採用枠での応募はすることができない為、一般の公務員試験を受ける必要があります。

応募職種に応じた勉強を進める

公務員試験の内容は職種に応じて異なります。

その為、まずは応募職種を決めた上で、その職種に応じた勉強をしなくてはなりません。

警察官や消防士なんかだと、体力試験として握力、腕立て伏せなどの試験もあったりもします。

第二新卒が公務員に転職するメリット

では、次に第二新卒が公務員に転職するメリットについて紹介していきます。

選考基準が学力重視の為、わかりやすい

民間企業への転職の場合、重視されるものは、スキルや経験であったり、熱意であったりと、正直あいまいなものが多いです。

しかし、公務員の場合には重視されるのは学力です。

もちろん、面接もあるので学力だけではありませんが、間違いなく最重要です。

基準が学力の場合、やることが明確だし、合否の基準もわかる為、努力しやすいという面があります。

大学中退者でも可能

大学を中退してしまったという人にとっても公務員試験は良い面が多いです。

大学を中退した場合、新卒としてではなく高卒の既卒として就職活動を行わなければなりませんが、これはかなり不利に働いてしまいます。

ただ、公務員試験であれば、高卒として新卒者と同じ土俵で競えます。

リストラがなく、安定

公務員のメリットで一番大きいのがリストラがなく、安定していることでしょう。

犯罪行為などを犯さなければ、リストラされることはまずありません。

民間企業では、絶対大丈夫だろうと思っていた超大企業であっても、経営悪化によりリストラを行っています。

その心配がない為、将来に対する不安はありません。

信用が高い

公務員として働いていると、上記で述べたように安定している為、非常に信用が高いです。

その為、クレジットカードを作りやすい、ローンを組みやすいというメリットもあります。

福利厚生が良い

民間企業の平均に比べると、公務員は福利厚生が充実していることも大きなメリットと言えるでしょう。

特に、ワークライフバランスや子育てなどには特に力を入れている為、女性や子育て世代には働きやすいと言えます。

また、退職金も世間一般からは高いというメリットもあります。

公務員のデメリットや大きな勘違い

メリットも多々ある公務員ですが、当然デメリットもあります。

そして、間違ったイメージから大きな勘違いにつながっていることもあります。

公務員試験はそれなりに難関

公務員試験に合格することは、それほど簡単ではありません。

特に、働きながら公務員を目指す場合、時間が豊富にある学生と違い勉強時間をなかなか取れない為、それなりの期間勉強しなくてはなりません。

その為、途中で挫折してしまう人も少なくはありませn。

若い時の給料は良くない

公務員は、民間企業より給料が良いというイメージを持っている人も多いかもしれませn。

確かに、平均年収で見ると、大企業ほどではないですが、全民間企業の平均年収に比べると高いのは確かです。

ただ、一部の政令都市が平均を引き上げている為、地方の年収は高いとはいえません。

また、若い時は他の民間企業に比べても低く、生活が苦しいという話をよく聞きます。

残業は多い、サービス残業もある

公務員は定時で帰ることができる。そんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際はそんなことありません。

部署によりますが、残業がかなり多い部署も多く、さらにはサービス残業が常態化していることも多々あります。

仕事は楽ではない

公務員の仕事は楽だし、暇だ。そういったイメージを持っている人もいるかもしれませんが、これもある一部の部署だけです。

仕事が楽だからストレスは少ないだろうと思ってしまうと、現実を目の当たりにした時にギャップに悩まされるかもしれません。

人間関係は民間会社と同じ

民間企業であろうと、公務員であろうと、人間関係の面倒くささは一緒dす。

良い人もいれば、悪い人もいます。

公務員だから良いだろうなんてことは全くありません。

世間からの誹謗中傷も多い

公務員は、給料に税金を使われていることから世間の目は厳しく、時に誹謗中傷にさらされることもあります。

その為、日常の生活でも気を付けなくてはいけないことも多いです。

公務員に限らず、広い視野を持つようにする

第二新卒で転職する場合、公務員になるということは一つの選択肢です。

ただ、間違ったイメージから公務員になることを選んでしまうと、後悔することにつながります。

まずは、自分が何を望み、何をしたいかを明らかにし、そして仕事について良く理解することが必要です。

公務員になりたいと言うのであれば、具体的にどういう仕事をするのか調べたり、実際に働いている人に話を聞いてみましょう。

決して最初から民間企業への転職を選択肢から外すのはやめましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

関連:新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。



このページの先頭へ