第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

新卒3年以内の離職率は高い数値で推移し、大学卒でもおよそ3割の人が最初に入った会社を辞めます。

そんな中、入社3年以内に辞めて転職をする人を対象とした第二新卒の転職が注目を浴びてきています。

大手の中には第二新卒を対象とした採用を行う企業も増え、それに特化した転職サイトもできています。

そこで、今回は第二新卒の転職について紹介していきます。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:大手企業の求人は隠れている!転職したい会社がないと思う前に要チェック!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

第二新卒の転職

では、まずは第二新卒の転職について紹介していきます。

第二新卒とは

第二新卒とは、新卒入社した会社を3年以内に辞めて転職する人のことを指します。

年齢の厳密な定義はないですが、一般的に大卒であれば25歳程度です。

ただ、浪人や留年していれば3年目であっても26歳の場合もありますし、大学院まで行った人は修士卒で27歳の場合もあります。

こういう人であっても第二新卒として転職することは可能です。

第二新卒の採用が増えている理由

冒頭でも、第二新卒を採用する企業が増えていることを言いました。

第二新卒の採用が増えている理由には以下のようなものがあります。

  • やむを得ない退職理由の認知
  • 辞めた若手社員の人員補てん
  • 人手不足
  • ビジネスマナーが身についているメリット

これまで、3年以内に会社を辞めることが悪いことだと認識され、その人には何らかの問題があると思われてしまっていました。

しかし、ブラック企業の存在が広く認知されてる中で、やむを得ない退職理由もある、そしてそういった人の中に優秀な人はいるということが認知されました。

また、若者の離職率が高く、人手不足になってしまったり、会社内での年齢層に偏りを防ぐ目的もあります。

特に近年は企業の人手不足が目立っており、その解消の為に採用を行う企業も多いです。

企業にとって、第二新卒は一度社会を経験しており、最低限のビジネスマナーが身についている為、新卒並みに教育を行う必要がないというメリットもあります。

新入社員は、企業にとって赤字の存在です。将来企業に利益をもたらす人材になることを想定してお金をかけます。

この部分をはぶけるのdすから、企業にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

転職時に求められるもの

第二新卒に求められているのは、スキルではなくポテンシャルの高さや熱意といったものであり、通常の中途採用よりも新卒採用に近い部分があります。

ただ、新卒と違うものがビジネスマナーが身についているかどうかということです。

こえが身についていなければ、企業にとって第二新卒を採用するメリットがなく、新卒社員をとればいいだけなので。

スポンサーリンク

 

第二新卒でも大手は行けるのか

需要の多くなっている第二新卒ですが、気になるのが大手企業に行けるのかどうかということ。

年収、福利厚生、安定性といった面ではやはり大手企業は優れていますから、入社を希望する人も多いでしょう。

第二新卒の場合は、可能なのでしょうか。

大手企業で採用を行っている企業は増えている

大手企業という枠で考えた場合、第二新卒であっても大手企業に転職することは可能でs。

すでに第二新卒の採用を行っている大手企業はたくさんありますし、第二新卒者であっても新卒と同じ枠で採用を行う企業もでています。

採用も行っている業界も様々であり、選択肢は広いといっていいでしょう。

実際、中小企業から大手企業に第二新卒で転職することができ、年収が上がったという人もいます。

ただ、第二新卒であろうとなかろうと、大手企業は人気が高く、倍率が非常に高くなる為、難易度は高いのは事実です。

不可能な企業も多く、新卒時と同じだとは思ってはいけない

しかし、第二新卒の採用を行っておらず、新卒か経験年数が3年以上の中途採用しか行っていない企業もたくさんあります。

よく知られている自動車、電機メーカーた電力会社など就職人気ランキングや転職ランキングに載っている企業はほぼ行っていません。

その為、第二新卒での転職は不可能です。

第二新卒の採用を行う理由に辞めた人材の人員補てん、人手不足の解消があります。

しかし、人気企業だとそもそも離職率がかなり低かったり、中途採用を募集した際にもたくさんの応募がくる為、あえて第二新卒を採用する企業は少ないのです。

また、こういった企業は古い体質であることも多く、従来の採用から変えることをしないというのも理由の一つです。

第二新卒での転職を成功させる為に

では、第二新卒での転職を成功させる為にはどうすればいいでしょうか。

もう失敗は許されないことを自覚

第二新卒は一度会社選びに失敗し、会社を辞めています。

転職で失敗し、再度転職する場合は、その本人に問題があると見らえてしまいますから、失敗は許されません。

また、新卒で入社した会社はまだ仕事への理解が浅い時に選んでいますが、第二新卒は一度社会を経験している為、そういった甘えも許されません。

ですから、失敗はもう許されないという自覚をしっかり持ち、徹底的に会社選びを行うようにしてください。

何を求められているかを理解

第二新卒で求められることは、基本的にポテンシャルや熱意、そしてビジネスマーが身についているかどうかです。

その中で、あまりに強くスキルや実績をアピールすると、むしろマイナスとなる場合もあります。

短い経験で何を言っているんだ、仕事をなめているなんて思われることもあります。

ただ、中には短い年数といえど、スキルをプラス面と捉える企業もあります。

ですから、受ける企業が転職者に何を求めているのかを理解する必要があります。

すぐに辞めるとは思わせない

第二新卒の需要が増えた理由として、やむを得ず退職する場合もあるということが認知されてきたということを挙げました。

しかし、それでもすぐ辞めたという事実はマイナスポイントです。

本人に問題がある場合もありますから。

ですから、第二新卒で転職する場合、このイメージだけは覆さなくてはいけません。

その為、退職理由、転職理由、志望動機は非常に大切なものとなります。

キャリアプランは明確に

第二新卒で転職すると、本当は行きたい企業が第二新卒としての採用をおこなっていない場合もあって悩むこともあるでしょう。

また、たとえ採用を行っていても倍率が高くて落ちてしまう場合もあります。

その時に何も考えず、とりあえず採用を行っているよさそうな企業に決めてしまってはいけません。

将来も考え、どんなスキルをみにつけるか、どんなキャリアを歩きたいのか明確にしましょう。

最初は希望の会社ではなくても、経験をつみ、スキルを身につけることで、道は広がってきます。

第二新卒でも大手は可能、チャンスととらえよう

一番いいのは、最初から自分の入りたい会社に入って、仕事にやりがいを感じながら定年まで働き続けることでしょう。

しかし、それが叶わなかったからといって、すべてが終わるわけではありません。

第二新卒という転職の選択肢があることをチャンスと捉えましょう。

大手企業に入ることがいいと言いませんが、中小企業から大手企業に転職できるチャンスもひめているのです。

まずは、第二新卒として転職できる会社にはどういったものがあるか調べてみるといいでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク



このページの先頭へ