第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

新卒3年以内の離職率は高い数値で推移し、大学卒でもおよそ3割の人が最初に入った会社を辞めます。

そんな中、入社3年以内に辞めて転職をする人を対象とした第二新卒の転職が注目を浴びてきています。

大手の中には第二新卒を対象とした採用を行う企業も増え、それに特化した転職サイトもできています。

そこで、今回は第二新卒の転職について紹介していきます。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:大手企業の求人は隠れている!転職したい会社がないと思う前に要チェック!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

第二新卒の転職

では、まずは第二新卒の転職について紹介していきます。

第二新卒とは

第二新卒とは、新卒入社した会社を3年以内に辞めて転職する人のことを指します。

年齢の厳密な定義はないですが、一般的に大卒であれば25歳程度です。

ただ、浪人や留年していれば3年目であっても26歳の場合もありますし、大学院まで行った人は修士卒で27歳の場合もあります。

こういう人であっても第二新卒として転職することは可能です。

第二新卒の採用が増えている理由

冒頭でも、第二新卒を採用する企業が増えていることを言いました。

第二新卒の採用が増えている理由には以下のようなものがあります。

  • やむを得ない退職理由の認知
  • 辞めた若手社員の人員補てん
  • 人手不足
  • ビジネスマナーが身についているメリット

これまで、3年以内に会社を辞めることが悪いことだと認識され、その人には何らかの問題があると思われてしまっていました。

しかし、ブラック企業の存在が広く認知されてる中で、やむを得ない退職理由もある、そしてそういった人の中に優秀な人はいるということが認知されました。

また、若者の離職率が高く、人手不足になってしまったり、会社内での年齢層に偏りを防ぐ目的もあります。

特に近年は企業の人手不足が目立っており、その解消の為に採用を行う企業も多いです。

企業にとって、第二新卒は一度社会を経験しており、最低限のビジネスマナーが身についている為、新卒並みに教育を行う必要がないというメリットもあります。

新入社員は、企業にとって赤字の存在です。将来企業に利益をもたらす人材になることを想定してお金をかけます。

この部分をはぶけるのdすから、企業にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

転職時に求められるもの

第二新卒に求められているのは、スキルではなくポテンシャルの高さや熱意といったものであり、通常の中途採用よりも新卒採用に近い部分があります。

ただ、新卒と違うものがビジネスマナーが身についているかどうかということです。

こえが身についていなければ、企業にとって第二新卒を採用するメリットがなく、新卒社員をとればいいだけなので。

スポンサーリンク

 

第二新卒でも大手は行けるのか

需要の多くなっている第二新卒ですが、気になるのが大手企業に行けるのかどうかということ。

年収、福利厚生、安定性といった面ではやはり大手企業は優れていますから、入社を希望する人も多いでしょう。

第二新卒の場合は、可能なのでしょうか。

大手企業で採用を行っている企業は増えている

大手企業という枠で考えた場合、第二新卒であっても大手企業に転職することは可能でs。

すでに第二新卒の採用を行っている大手企業はたくさんありますし、第二新卒者であっても新卒と同じ枠で採用を行う企業もでています。

採用も行っている業界も様々であり、選択肢は広いといっていいでしょう。

実際、中小企業から大手企業に第二新卒で転職することができ、年収が上がったという人もいます。

ただ、第二新卒であろうとなかろうと、大手企業は人気が高く、倍率が非常に高くなる為、難易度は高いのは事実です。

不可能な企業も多く、新卒時と同じだとは思ってはいけない

しかし、第二新卒の採用を行っておらず、新卒か経験年数が3年以上の中途採用しか行っていない企業もたくさんあります。

よく知られている自動車、電機メーカーた電力会社など就職人気ランキングや転職ランキングに載っている企業はほぼ行っていません。

その為、第二新卒での転職は不可能です。

第二新卒の採用を行う理由に辞めた人材の人員補てん、人手不足の解消があります。

しかし、人気企業だとそもそも離職率がかなり低かったり、中途採用を募集した際にもたくさんの応募がくる為、あえて第二新卒を採用する企業は少ないのです。

また、こういった企業は古い体質であることも多く、従来の採用から変えることをしないというのも理由の一つです。

第二新卒での転職を成功させる為に

では、第二新卒での転職を成功させる為にはどうすればいいでしょうか。

もう失敗は許されないことを自覚

第二新卒は一度会社選びに失敗し、会社を辞めています。

転職で失敗し、再度転職する場合は、その本人に問題があると見らえてしまいますから、失敗は許されません。

また、新卒で入社した会社はまだ仕事への理解が浅い時に選んでいますが、第二新卒は一度社会を経験している為、そういった甘えも許されません。

ですから、失敗はもう許されないという自覚をしっかり持ち、徹底的に会社選びを行うようにしてください。

何を求められているかを理解

第二新卒で求められることは、基本的にポテンシャルや熱意、そしてビジネスマーが身についているかどうかです。

その中で、あまりに強くスキルや実績をアピールすると、むしろマイナスとなる場合もあります。

短い経験で何を言っているんだ、仕事をなめているなんて思われることもあります。

ただ、中には短い年数といえど、スキルをプラス面と捉える企業もあります。

ですから、受ける企業が転職者に何を求めているのかを理解する必要があります。

すぐに辞めるとは思わせない

第二新卒の需要が増えた理由として、やむを得ず退職する場合もあるということが認知されてきたということを挙げました。

しかし、それでもすぐ辞めたという事実はマイナスポイントです。

本人に問題がある場合もありますから。

ですから、第二新卒で転職する場合、このイメージだけは覆さなくてはいけません。

その為、退職理由、転職理由、志望動機は非常に大切なものとなります。

キャリアプランは明確に

第二新卒で転職すると、本当は行きたい企業が第二新卒としての採用をおこなっていない場合もあって悩むこともあるでしょう。

また、たとえ採用を行っていても倍率が高くて落ちてしまう場合もあります。

その時に何も考えず、とりあえず採用を行っているよさそうな企業に決めてしまってはいけません。

将来も考え、どんなスキルをみにつけるか、どんなキャリアを歩きたいのか明確にしましょう。

最初は希望の会社ではなくても、経験をつみ、スキルを身につけることで、道は広がってきます。

第二新卒でも大手は可能、チャンスととらえよう

一番いいのは、最初から自分の入りたい会社に入って、仕事にやりがいを感じながら定年まで働き続けることでしょう。

しかし、それが叶わなかったからといって、すべてが終わるわけではありません。

第二新卒という転職の選択肢があることをチャンスと捉えましょう。

大手企業に入ることがいいと言いませんが、中小企業から大手企業に転職できるチャンスもひめているのです。

まずは、第二新卒として転職できる会社にはどういったものがあるか調べてみるといいでしょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

また、とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

関連:新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ