新卒で入社した会社を辞めたい。第二新卒でホワイト企業、優良企業への転職は可能か

新卒で入社した会社を辞めたい。第二新卒でホワイト企業、優良企業への転職は可能か

新卒で入社した会社が思った通りのものではなく、会社を辞めたいと思っている人は多いはず。

ただだからと言って簡単に転職に踏み切ることはできませんよね。

3年たっていないのに転職するとしても、転職できるのは条件の悪い会社ばかり。ホワイト企業、優良企業と言われているような会社は無理だろう。

そんな不安に捉われ、諦めてしまっている人は多いと思います。

ただ実は入社3年以内を対象とした第二新卒の転職では、ホワイト企業、優良企業の会社も多数求人をだしており、やる前から諦めてしまうのは非常にもったいないことです。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう

新卒で入社した会社を辞めたい

入社3年以内離職率は非常に高く、高卒で40.8%、大卒で32.2%と3人に1人以上。

入社1年以内に絞った場合でも高卒で17.2%、大卒で11.3%と10人に1~2人は辞めています。

ただ会社を辞めたいと思いながらも、ぐっと堪えて続けている人はさらに多いでしょう。

もちろん辞めたいからと言って簡単に辞めていてはきりがありませんから、多少なりとも我慢することは必要です。

つまらないと思っていた仕事にやりがいを見出すことができるようになったり、仕事にも人間関係にも慣れてきれ楽になったりと、続けることによって変わることも多いですからね。

ただ中にはいくら新卒と言えども辞めてもいいのではないか、辞めるべきではないかという状態の人も決して少なくはありません。

どうしようもない会社でどうしようもない不安を抱え、続けるべきメリットがない場合というのも多々あるんですよね。

それでも辞めないのはなぜでしょうか。

新卒で働き始めたばかりだから、3年たっていないから転職するにしても今よりましな会社は無理だろうということが理由になっているのではないでしょうか。

でも第二新卒での転職は不安。ホワイト企業、優良企業は無いのでは?

どうせ転職するならホワイト企業、優良企業に転職したいと思うのは当然のこと。

今の会社より悪化するならまず意味はないし、そう何度も転職を繰り返すことはできませんからね。

ただ入社3年以内、第二新卒として転職する場合だと、そもそもホワイト企業、優良企業自体の求人がないのではないかと思ってしまっている人は多いと思います。

第二新卒で求人を出している企業の目的は、辞めた人の補填もしくは新卒採用だけで採用人数に達しなかった場合の補填。

しかしホワイト企業、優良企業では新卒採用で人が集まらないなんてことはないし、辞める人もごくわずか。

それ故に第二新卒採用で行われている企業は人がすぐ辞めてしまうブラック企業ばかりではないか。そんな風に思っているのではないでしょうか。

実は第二新卒でもホワイト企業、優良企業に転職することは可能

先ほど述べたことはあながち間違いではありません。

第二新卒採用を行っている理由が新卒採用した人のうち辞める人が多かったり、新卒採用では集まらなかったからという理由で行われている場合は多いです。

そしてその原因がブラック企業であるが故に人がすぐ辞める、条件が悪いので新卒採用時に人が集まらないという場合も多いです。

ただ第二新卒採用はそれが全てかというと決してそういうわけではありません。

現在の第二新卒市場は年々需要は増加。ホワイト企業、優良企業も多数第二新卒者を対象とした採用活動を行っており、実はそういった会社に転職できるチャンスは大いにあるのです。

第二新卒の転職を行う理由は人材の補填だけではない

少し前までは確かに新卒で入社した会社を3年以内に辞めることに対して批判的な意見が多く、採用にも消極的な会社が多数でした。

しかし近年はブラック企業の認知や第二新卒者を採用するメリットの認知が進み、あえて新卒採用とは別に第二新卒者の採用枠を毎年確保している会社もかなり増えています。

それこそ離職率は低く、新卒採用でも人気がある大手企業も職種での経験は関係なく採用活動が行われているのです。

ちなみにそういった会社が第二新卒採用を行う理由には以下のものが挙げられます。

  • 他の会社を経験しているので視野が広い
  • やる気、熱意がある
  • ビジネスマナーが備わっている
  • 新卒者に比べて優秀な人材を見極めやすい

確かに入社した会社をすぐに辞めたので、忍耐力がなくすぐに辞められてしまう可能性があるというリスクもあります。

ただそれ以上のメリットを実感しているので、第二新卒採用は年々需要は増え活発になって行っているのです。

中堅、中小企業ならホワイト企業でも新卒者が集まらない場合が多数

知名度の低い中堅、中小企業の場合だと、とても条件の良いホワイト企業であっても中々新卒者が集まらないという会社も少なくありません。

特に近年は若手人材が非常に不足しているので、そういった会社が増えています。

私の知り合いの会社でも、条件、ともに労働環境がそこらへんの大手より良いのに全然人が集まらないと嘆いていました。

そしてそういった会社は当然第二新卒採用も行っています。

それでも第二新卒採用でも中々人が集まりにくく、満足行くほど採用人数は確保できていない会社が多数です。

ただこれは第二新卒で転職しようとしている人にとってみればかなりチャンス。今より良い会社に転職できる可能性は大いにあるのです。

第二新卒の転職に向けて

このように、第二新卒の転職だからと言ってホワイト企業、優良企業に転職できないと決めつけて、転職を諦めてしまうのはNG。転職できるチャンスは大いにあります。

どうしようもない会社で3年も我慢する必要なんてないのです。

そして何より転職活動を在職中に行うことで、結果がでてから転職するかどうかを決断することができるというメリットがあります。

ホワイト企業から内定を貰うことができれば転職すればいいし、上手く行かなければやめればいい。転職活動自体にリスクなんてありません。

ですから現状に不満がある人はぜひ転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を進める場合は転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職活動全般のサポートを受けることができるので、かなり楽に、そして確実に進めることができます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ