第二新卒で転職した方がいい人、転職した方がいい場合

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

第二新卒で転職した方がいい人、転職した方がいい場合

新卒入社1年目から3年目の若手人材を対象とした第二新卒の転職は近年活発になっており、就活で失敗した人、仕事の選択をミスってしまった人にやり直す機会が増えました。

ただ、チャンスがあるからとは言え勢いで転職を決めてしまって後悔する人も少なからずいるのが現実。転職すれば必ず幸せになれるかというとそういうわけではありません。

とは言え、失敗すること、後悔することを過剰に恐れてしまっていてはせっかくあるチャンスを逃し、今度はそのチャンスを逃したことに対して後悔してしまう可能性もあります。

そこで今回は第二新卒転職をした方がいい人、した方がいい場合について紹介していきます。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:第二新卒として転職できるのはいつまで?年齢制限はある?

第二新卒転職の特徴

まずは簡単に第二新卒の特徴について紹介していきましょう。

第二新卒の定義、応募条件

第二新卒とは、新卒で入社して間もない人を対象とした中途採用活動のことを指します。

基本的には1度就職し3年以内に転職する人が対象となる場合が多いのですが、これには明確な定義はなく、企業によってはその条件が厳しくなったり、逆に緩くなったりする場合があります。

各企業によって、以下のような条件を課している場合があります。

  • 入社1年目から3年目までの人
  • 25歳未満の人
  • 30歳未満の人
  • 入社2年目から4年目までの人

最も多いのは1年目から3年目までの人という条件ですが、その条件に25歳未満という条件を課している場合もあり、浪人、留年や大学院進学等で応募条件から外れてしまう場合もあります。

また、企業によってはあまりに早期の離職者はビジネスマナー等が身についてない可能性があるなどの観点から、1年目の人を除外している場合もあります。

第二新卒転職の状況

冒頭でも述べましたが、現在は第二新卒の採用枠を増やしている企業はたくさんあります。

就職活動でも人気があり、中途採用では経験者採用しか行ってこなかった大手企業も第二新卒の採用枠を新設しだした企業も増えています。

今は多くの企業で若手人材が不足しており、人材確保に四苦八苦しているのが大きな原因であると考えられます。

第二新卒転職の特徴

第二新卒転職は、ある程度社会人を経験してから転職する場合とは違う特徴があります。その特徴は以下の通りです。

  • 専門的なスキルよりもポテンシャル採用
  • ビジネスマナー、常識が備わっていることを重視

通常の中途採用であれば即戦力として働いてくれる人を企業は望むため、人が実務経験に基づいた専門的が備わっていることが重視されます。

しかしまだ入社して間もない第二新卒者は実務経験が十分ではない為、スキルよりもポテンシャルを重視して見られることになります。よってどちらかと言えば新卒採用に近い部分があると言えるでしょう。

ただ新卒採用と違って第二新卒者は一度社会人として働いてきた経験からビジネスマナーや社会人としての常識が備わっていることが求められます。

第二新卒で転職した方がいい人、転職した方がいい場合

ではここからは具体的に第二新卒として転職した方がいい人、転職した方がいい場合について紹介していくことにしましょう。

職種を変えたいと考えている

第二新卒の転職はそもそもスキルではなくポテンシャルを重視されて選考が行われる為、未経験職種へ転職する場合に経験がないことが不利な要素にはなりません。

しかし年齢が高くなるにつれて未経験職種への転職は徐々にハードルは高くなります。4年目以降になればそもそも経験者採用しか行っていないという企業も少なくありません。

ですから、もし職種を変えたいと考えているならば第二新卒で転職した方がいいでしょう。

仕事を辞める意思が固まっている

なんとなく仕事を辞めたい、でも辞めていいものなのか悩んでいる。こんな状態で転職に踏み切ったとしても後悔する可能性はとても高くなります。

現在の仕事を辞める意思が固まっていないならばもう少し働き続けてみるという判断をすることも時に必要になります。

過去に転職したことがない

第二新卒のうちに2回も転職をしようと思ったら間違いなく不利な要因になります。

企業にとって、入社3年以内に会社を辞めた人材に対して忍耐力がないのではないか、採用してもすぐ辞めるのではないかということを少なからず考えており、面接等で見極めを行います。

2回も仕事を辞めたということはその可能性が非常に高くなるということであり、企業も敬遠することが多くなります。

その為、転職したところでさらに今の状況よりも悪くなってしまうという場合が多くなってしまいます。

逆に、第二新卒として転職できるチャンスは1回だけという覚悟を持って、しっかり転職活動を行っていかなくてはなりません。

将来像を描けている

自分がどういった道を歩いて行きたいかということが明確であるほど、しっかりと軸をもって転職ができるので成功する可能性が高くなります。

第二新卒として転職するメリットは、一度社会人を経験したことによって新卒の時に比べて将来像をイメージしやすくなるという点です。もしそれができていないならば、もうしばらくは今の仕事を続け、自分の中でのキャリアプランを描くようにしてみてください。

辞める理由、転職して得たいものがはっきりしている

なんとなく辞めたいと転職を決断していてはきりがありませんし、転職したところで解決には至らない場合が多いです。

転職する際には、なぜ仕事を辞めるのか、本当に辞める必要があるのか、転職して何を得たいのかをはっきりしておかなくてはなりません。

もしそれがはっきりしているならば、転職活動の際にも軸をもって良い選択をすることができるでしょう。

辞めたい理由が社会人全体に通じることではない

社会人経験がまだ浅い人に仕事を辞める理由を聞いてみると、中には甘えだろうと思うものである場合も多いです。

会社の所属し、お金を貰う以上は受け入れなくてはいけないこともあります。学生時代とは違うのです。

改めて自分が仕事を辞めたいという理由を考えてみてください。無駄な理想を描き、淡い期待をして転職しても何も意味はなかったなんてことになりかねません。

最低限のビジネスマナーが身についている

企業は第二新卒者に最低限のビジネスマナーが身についていることを求めています。特に何も身についていないのであれば新卒者に対して有利になる部分がありません。

実際1年目の人はまだ不十分とみなし応募条件から外している企業もありますし、1年目でも応募可能な企業だとしても面接時に身についていないと判断されれば採用される可能性が著しく低くなります。

せっかく第二新卒として転職するのであれば、わざわざ不利な状況で転職するのではなく身につけるべき点は身につけてから転職をするようにしたほうが得策かもしれません。

周囲の視線を気にしない

入社して間もない状態で転職すれば、周囲から色々といわれることは覚悟しておかなくてはなりません。

現在の転職市場を見れば3年以内に転職することは珍しいことではなく、ごく一般的なものになっています。

ただ世間はいまだに3年は働け、辞めるなんて甘えだと考えている人は少なくありません。

その為、もし転職したら誰かに何か言われるかもしれません。少なくともそのことは覚悟しておいたほうがいいです。

とんでもないブラック企業で働いている

もしとんでもないブラック企業で働いているならば、もう色んなことをすっ飛ばしてでもいち早く転職してしまったほうがいいかもしれません。

そういった会社で働き続けることによって体を壊してしまう可能性があるからです。

転職のタイミングとしては悪くはない

第二新卒としての転職は、現在の状況を見れば悪いどころか、むしろ人によっては積極的に行っていったほうがいいものです。

転職することによって後悔する可能性はありますし、本当に転職すべきかはしっかり考えた上で行動に移す必要がありますが、過剰に恐怖心を抱いて決断できずにいると逆に転職しなかったことに後悔する可能性もあります。

最後は決断する為の勇気も必要です。自分にとってベストなものを思い切って選択してみてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。



このページの先頭へ