第二新卒の転職で失敗し辞めたことを後悔。それでもなんとかやり直せた体験談

第二新卒の転職で失敗し辞めたことを後悔。それでもなんとかやり直せた体験談

各企業の需要も増えて選択肢が広くなった第二新卒の転職。成功する可能性も十分高くなっています。

とは言ってもやっぱり転職で失敗してしまい、転職したことを後悔した人はいます。

そこで今回は第二新卒の転職で失敗してしまった人の体験談と、その後のことについて紹介します。

関連:二新卒の転職で失敗する人の特徴。成功させたいなら注意しておこう。

関連:第二新卒の転職が成功しやすくなった理由。需要増のはこんな背景が

第二新卒の転職で失敗してしまった人の体験談

就職から転職を決心するまで

私の就職活動は、周囲から見れば成功だったと言えるものかもしれません。運よく知名度の高い大企業から内定を貰うことができ、周囲からもいいねーだとか、羨ましい、だとか色々言われました。

内定を貰った会社は、総合職として入社し、どの職種につくかは入社後の研修が終わった後に決まるという形でした。

就職活動時点では、それなりにこの仕事がしたいと言うものはあったのですが、漠然とまあできるだろうと甘く考えていましたし、それよりも年収や知名度を重視していました。

ただ、そんな私の考え方は入社後の研修で変わっていきました。

研修中に、各部署で行われている仕事について紹介されることがあり、それを聞くとどうしてもこれがやりたいということできてきたのです。

具体的に言うと、私がやりたかったのは開発です。まだ製品化することができていない技術を製品化して世に出すということに非常に魅力を感じました。

しかし、残念なことにその部署に行くことはできずに、まったく希望していない生産技術という部署に配属されることになりました。

生産技術というのは、開発、設計の終わった製品を、高品質、高効率で量産する為の体制を築く仕事です。

周囲は仕事をやっていればその仕事も楽しくなってくると言っていましたが、そんなことはありえないと思うくらい嫌で嫌で仕方なかったです。

私はまず異動の可能性を考えました。数年頑張れば異動できるとなれば頑張れると感じたのです。

しかし残念なことに異動は決してよくあることではなく、自分が希望している仕事につくことはほぼ絶望的であることがわかってしまいました。

そしてその時、転職することを決心しました。

転職活動

転職を決心したのは入社して半年の頃です。たださすがに早すぎるだろうと思ったのと、もしかしたら今の会社でもなんとかなるかもという期待があったのでとりあえず1年は働きました。

ただ1年たっても心変わりはまったくなかった為、転職活動を本格的に始めました。

とは言っても転職活動では右も左もわかっていなかった為、とりあえず転職エージェントに登録しました。

転職活動自体は思いのほか上手くいきました。すぐに転職となるとさすがに不利になるだろうとは思っていたのですが、これまたそれなりの大企業に入社することができたのです。

まだ2年目だったということもあり、給料は現状維持で、希望の開発部署に転職できることになりました。

転職での失敗

大企業に転職できた、希望だった開発の仕事に就けた。普通であれば転職で成功できたと言えるでしょう。

しかし実際は全く成功と呼べるものではありませんでした。

希望の開発という仕事に胸を躍らせていたものの、実際に働いてみると想像していたものとは全く違ったのです。

基本的に具体的に開発するのは関係会社の仕事。私がする仕事は、開発の計画や関係会社への発注、そして関係会社のフォローです。

もっと技術的な仕事をしたいと思っていた私にとって、その仕事は決して楽しい仕事とは言えるものではなかったのです。

もちろん完全に落ち度は私にあります。開発という言葉だけに捉われて、具体的にどういった仕事をするのかをよく調べることもせずに、会社の知名度に踊らされてしまったのです。

さらに労働条件面もよく調べていなかった為、有給取得率は悪いし、残業は毎月60時間にも上っていました。

それでもなんとか数年は働いたのですが、数年たった時、以前いた会社の同期とは年収面で大きな差が開いていることが発覚しました。その差はなんと100万円以上です。

それを知った時、転職しなければよかったと激しく後悔することになったのです。

それでもなんとかやり直せた

一度は失敗した私ですが、それでも今は楽しく会社生活を送っています。

1年で会社を辞めて転職してから5年働いたのち、再度転職した結果、自分の希望を叶えることができた転職ができたのです。

企業規模は小さくなったものの、自分の思い描いていた開発という仕事をやれることができるがる会社に転職することができ、年収も下がるどころか若干アップしました。

20代で2回も転職するのはあまり良くないことではないと言われていますが、私が転職活動する中ではあまり不利には感じなかったです。

転職した感想

現在満足行く仕事に就けているおかげかもしれませんが、2回の転職どちらも、最終的には転職して良かったと今では思っています。

第二新卒での転職は確かに失敗です。ただあそこで転職しなkれば開発という仕事い就くこと自体ができず、生産技術者としてキャリアを積んでいることになったでしょう。

あの時、開発という肩書を得られたことで、今の仕事につながっているんだと感じます。

もちろん、できることなら就職時点で自分がやりたいと思える仕事がベストだし、それがだめでも最初の仕事で満足できる仕事につくことができるのがいいでしょう。

ただ、もしそれがだめでもやり直せることは十分にできると思います。

第二新卒の転職について

転職は確かに失敗のリスクがあるものです。もしかしたら転職した後に、転職しなきゃよかったと思うこともあるでしょう。

しかし、もし失敗しても第二新卒としての転職であればまだまだ若く、そこからやり直すことは十分にかのうです。

むしろ失敗を恐れて何もやらないことのほうがリスクの高いことなのかもしれません。

転職活動の取り組み方

転職活動に関するテクニックや難しいことはプロに任せ、効率良く転職活動を進めていきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。

関連:23歳での第二新卒転職体験談、成功例と失敗例から見る成功に向けたコツ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ