第二新卒の転職では派遣社員や契約社員ではなく正社員にこだわって転職活動をしよう

第二新卒の転職では派遣社員や契約社員ではなく正社員にこだわって転職活動をしよう

新卒で入社した会社を3年以内に辞める人は大卒者でも3割いて、たくさんの人が早々に転職に踏み切っています。

会社を辞めた人の大半はまた正社員として働くことになりますが、中には派遣社員や契約社員など雇用期間に定めのある非正規社員という選択をとる人も少なくはありません。

しかしせっかくの第二新卒転職で派遣社員や契約社員に転職するのは、明確な理由がなければもったいないこと。あまりおすすめできることではありません。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

第二新卒者の安易な派遣や契約社員の選択は望ましくない

派遣社員や契約社員として働くことにももちろんメリットはあります。

正社員として働く場合に比べると仕事は楽で残業も少ない。また転職活動に費やす労力はかなり少なくて済みます。

ですので例えば難関資格合格を目指しててつなぎで働くことを考えている場合には良い働き方になるかもしれません。

ただこれといった理由がないにも関わらず、単に仕事が楽だからだとか、転職活動が大変だからなどの理由で派遣社員や契約社員になるのはおすすめできません。マイナス面が多すぎます。

もちろん正社員になる為には転職活動を乗り越えなくてはなりません。すぐ仕事が決まれば良いのですが、苦労することもあるでしょう。

ただそれでもこの時期に頑張って正社員の仕事に就くメリットは大きいのです。

第二新卒の転職では正社員にこだわるべき理由

ではなぜ第二新卒の転職では正社員にこだわるべきなのでしょうか。その理由を紹介します。

正社員になりやすい年代である

まず一つ目が正社員へのなりやすさ。

派遣社員や契約社員は有期雇用で不安定さが大きい働き方ですし、収入面でも年齢が増すごとに正社員との差が大きくなっていきますから、いずれは正社員になるつもりだと考えている人が大半だと思います。

ただいずれはと思って今のタイミングを逃すと、正社員に転職する難易度が高くなり、待遇の良い仕事に就くことができなくなってしまいます。

以前まではとりあえず3年は続けるべき、3年働かずに辞めてもまともな会社に転職することはできないなんてことを言われていましたが、最近は第二新卒者の需要が高くなっているので転職するにはベストな年代となっているのです。

職種の選択肢が幅広い

第二新卒転職の大きなメリットは職種の選択肢の幅広さです。

需要が増えている分、様々な職種で採用活動が行われており、自分の希望に合ったものを選びやすくなるのです。

第二新卒者は全員が未経験者という認識のもと、新卒同様にその人自身のポテンシャルが採用可否の大きな判断基準となる為、どんな職種にもチャレンジすることが可能となります。

しかし年齢が高くなり20代後半、30代前半になるにつれてその職種での経験がものを言うようになり、人気のある職種では未経験者可の求人自体がなくなってしまい、かなり職種の幅が狭くなります。

また最近は大企業でも積極的に第二新卒者の採用を活発に行っている為、未経験者であっても大企業へ転職することも可能。

しかし第二新卒として転職できなくなると大企業では経験者採用しか行わなくなるので未経験者から転職することが不可能となってしまいます。

スキルが身につきにくい

社会人なりたての20代前半は、下手に仕事のやり方が固まっていなく思考も柔軟である為、スキルが身につけやすい年代。

この年代を派遣社員や契約社員として過ごしてしまうのはかなりもったいないことです。

もちろん派遣社員や契約社員として働くとスキルが全く身につかないわけではありません。

ただ正社員だからこそ経験できることはやっぱり多いです。

派遣社員や契約社員は有期雇用である以上、会社側としても長期目線で成長させる取り組みはあまり行いませんし、与える仕事も簡単なことばかりであることが多いですからね。

派遣社員、契約社員としてのキャリアが長いのはマイナスになる

そもそも派遣社員や契約社員としてのキャリアは、長くなればなるほどに不利になってしまいます。

長く続ければ続けるほどの正社員になりにくくなってしまうのです。

その理由には先ほど述べたスキル面や、仕事に対する意識の低さ等が挙げられます。

もちろん個人による差は大きく、皆が皆意識が低いわけではありませんが、書類選考と面接だけで完全に見極めることができるわけではない為、過去の職歴のみで判断されてしまうのは仕方がないこと。

正社員としての職歴はそれだけで大きな武器になるのです。

現在派遣社員や契約社員として働いている人は正社員に向けて転職活動するべき

正社員にこだわる必要があるのは、これから転職活動を進める人だけに限った話だけではありません。

現在派遣社員や契約社員として働いている人も同様に第二新卒のうちに正社員に向けて転職活動を行わなくてはなりません。

第二新卒として転職する場合なら派遣や契約社員として働いていたことがそれほど不利には働かず、正社員の転職がしやすい状況にあります。

だらだらと続け、いざ正社員になりたいと思った時に自分の希望通りの転職ができなくなってしまうことがないよう、とにかく早めに行動してください。

第二新卒としての転職に向けて

第二新卒者の需要はかなり高く、転職エージェントでもかなり手厚いサポートを受けることができるようになっています。

転職は新卒の就職活動とはだいぶ違いますし、仕事をしながらで時間がない中で行っていくという大変さもある為、ぜひ利用するようにしてください。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

また、とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ