クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策

クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策

クラッシャー上司に困っていませんか?

会社生活で絶対に上司にしたくないクラッシャー上司。

しかし、上司を選ぶことなんてできませんから、不幸にもそういう上司にあたってしまうこともあります。

今回はそんなクラッシャー上司について、潰されない為の対策を紹介します。

関連:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

関連:ブラック上司の実態、会社がホワイトでも上司がブラックだと意味なし

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

クラッシャー上司とは

クラッシャー上司とはその名の通り、壊す上司。部下を次々に壊してしまう上司のことを言います。

部下を激しく責めたり、無茶な仕事を与えることで部下を精神的に追い込み、潰してしまう上司です。

追い込まれた部下がうつ病になってしまい、休職、退職に追い込まれてしまうこともしばしばあります。

部下の責め方は、罵声、暴言を浴びせる場合もあれば、長々としつこく言い続ける場合もありますが、どちらも部下を追い込んでいくことには変わりありません。

クラッシャー上司の特徴

クラッシャー上司は、基本的に以下の特徴にあてはまることが多いです。

気分屋

非常に気分屋であり、機嫌が良い時はかなり良いのですが、ふとしたきっかけでいきなり激変し、一気に機嫌悪くなってクラッシャー上司に様変わり。

クラッシャー上司にはこのような気分屋が多いです。

ただ、面倒なのは物凄く簡単に機嫌は悪くけれど、一度悪くなるとなかなか元には戻らないということです。

一度機嫌が悪くなると、その日はずっと機嫌が悪いことが多いです。

自分のミスを認めない

たとえ仕事でミスをしたとしてもクラッシャー上司は絶対に認めません。

また、間違った理由で部下を怒ってしまった場合も、絶対に間違いだとは認めません。

プライドが高く、謝ることができない為、すべての責任を部下のせいにします。

そして、さらに部下を責めるようになります。

罪悪感を感じない、気づいていない

普通は、自分のせいで部下がうつ病になったり、休職や退職してしまうと、罪悪感を感じます。

しかし、クラッシャー上司にはその罪悪感はありません。

中には、何人潰したかということを自慢げに話してくる人もいます。

また、そもそも部下がうつ病になったのが自分のせいであると気づいていない場合もあります。

何人も部下がうつ病になっているのに、それでも自分のせいであることに気づかないのです。

間違っている前提で話を聞く

常に部下は間違っていて、自分は正しいと思っていたり、

最初から部下を責めることを決めていて、部下のミスの探している場合があります。

また、部下は絶対にミスするはずだと思い込んでいる場合もあります。

自己保身を一番に考えている

何よりも大切なのは自分のこと。

何より守るのは自分のことであり、自分の評価が下げられるようなことは絶対に避けるように動きます。

その為、上司として必要な、責任をとるということがありません。

やたらと上からの評価がいい

クラッシャー上司の評価は、なぜかやたらと良いことが多いです。

クラッシャー上司自身は、仕事ができる人に多く、それ故に誰も注意をしないという環境ができあがっていることもあります。

スポンサーリンク

クラッシャー上司に潰されない為に

たった一人の上司に、人生をおかしくされてしまうなんてことはあってはいけないことです。

しかし、現実的にある問題であり、もしクラッシャー上司に当たってしまった時は、潰されないように対策していく必要があります。

複数人で対抗する

クラッシャー上司に対抗しようとしても、自分一人ではどうにもならないことが多いです。

直接上司に訴える場合にしろ、さらに上の人に助けを求める場合にしろ、一人ではなく複数人であるほど効果的です。

そしてそれは人数が多いほど効果的です。

直接改善を求めることができない場合であっても、複数人でクラッシャー上司から受けている苦労を共有することで、不安な気持ち、悩みは大きく減ります。

仕事以外の面で仲良くなっておく

クラッシャー上司と上手くやる方法として効果的なのは、仕事ではなく、仕事以外の面で仲良くなっておくことが有効です。

例えば、飲み会の場で趣味の話をして仲良くなっておいたり、時には休日や時間外に職場の飲み会以外でも交流をしておけばいいかもしれません。

そういったことで仲良くなっておけば、直接罵声を浴びせられることは少なくなります。

とはいえ、そんな上司と仕事以外で付き合いたくないでしょうし、必ずしも仲良くなれるとは限らないので、使える人は限られます。

評価は気にせず、成長の糧にする

クラッシャー上司に言われた評価は、全く正当な評価ではないことがほとんどですから、まず評価は気にしないようにしましょう。

罵声、暴言を浴びせられると、自分はダメだと思ってしまうかもしれませんが、それはクラッシャー上司個人の勝手な感想です。

そして、その感想は実際の仕事よりも、気分や好き嫌いに大きく関わります。

決して言われたことを真に受けず、自分を卑下しないようにしましょう。

そして、今回クラッシャー上司にあたってしまったことも成長の糧とできるといいです。

世の中には理不尽なことも多いですし、ストレス耐性を身につけることも必要ですから、今後の為だと思ってみましょう。

人事に相談する

もし、大企業で働いているならば、人事は自分が働いている部署と全く関連性がないことが多いです。

それ故に、人事に相談することは有効な手段となることが多いです。

もし、人事との距離が近いと、その上司が優秀であるが故に何も対応策をとらない場合があります。

しかし、距離が遠いことで、関係なく指摘したり上司を異動させたりしてくれます。

大企業は世間の評判もかなり気にし、パワハラが大きな問題となっている現在は特に改善するように努めてくれます。

証拠を残しておく

もしクラッシャー上司にあたったら、証拠だけは必ずとるようにしてください。

いずれ退職に追い込まれたり、病気になってしまった場合に、会社と戦う武器になります。

退職する場合でも、自己都合にされ退職金を大幅に減額される可能性もあります。

証拠を残しておけば、退職理由がクラッシャー上司のパワハラのせいであることを証明できる為、自己都合から会社都合に変えることも可能となります。

転職する

仕事を変えるということも、考えておく必要があります。

残念ながらどんな対応をしても、どうしようもない場合はあります。

クラッシャー上司は、会社によって強い立場を保ってしまい、改善しようがないこともあるのです。

そんな環境下で壊れるまで頑張る必要はありません。

仕事はたくさんあります。会社にしがみつく必要なんてありません。

壊れる前に行動を

もし、クラッシャー上司で悩んでいるのであれば、そのままにするのではなく、何かしらの行動を意識的に起こしてください。

意識的に無視するだけでもいい、気にしないようするだけでもいいです。

また、違う会社についても色々と調べてみてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:嫌いな上司、嫌いな先輩と上手く付き合う方法

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ