「ルール」の記事一覧

違法なみなし残業事例。ブラック企業に多いので要注意!

違法なみなし残業事例。ブラック企業に多いので要注意!

最近、残業代が固定されているみなし残業制を取り入れている会社が増えており、私の知人にもその制度の元で働いている・・・

持ち帰り残業は違法の可能性が高くリスクも高い。強制されているなら転職も考えよう。

持ち帰り残業は違法の可能性が高くリスクも高い。強制されているなら転職も考えよう。

やらなくてはいけない仕事が時間内で終わらずに、やむを得ず家に持ち帰って仕事をしているなんて人は多いのではないで・・・

年俸制で残業が貰えないというのは間違い。休日出勤手当、深夜勤務手当も支給される。

年俸制で残業が貰えないというのは間違い。休日出勤手当、深夜勤務手当も支給される。

外資系企業に限らず日系企業にも導入する企業が増えてきた年俸制。 仕事の成果に応じて給料が決まる成果主義制度をと・・・

残業60時間以上が違法となる場合、違法とならない場合や過労死ラインとの関係

残業60時間以上が違法となる場合、違法とならない場合や過労死ラインとの関係

60時間以上の残業は実際やってみると中々大変。 精神的にも身体的にもかなり辛いと感じる人が多いのではないでしょ・・・

正社員で賞与無しの会社、退職金なしの会社で働くことのリスク

正社員で賞与無しの会社、退職金なしの会社で働くことのリスク

就職する前、転職する前は正社員なら賞与はあって当たり前、退職金はあって当たり前なんて考えていた人も多いかもしれ・・・

有給が取れない会社は辞めるべき?どれくらいまでなら我慢する?

有給が取れない会社は辞めるべき?どれくらいまでなら我慢する?

有給休暇が取れず消滅してしまうのは労働者にとってただの損。 せっかく休むことができるはずなのに、仕事をして給料・・・

残業代が出ないのが普通、当たり前と思わずすぐに転職を。会社にだまされてはだめ。

残業が出ないのが普通、当たり前と思わずすぐに転職を。会社にだまされてはだめ。

労働の対価として賃金が支払われることは当然のこと。 しかしそれができず従業員が残業しているにも関わらず残業代を・・・

残業60時間超えの場合の残業代や働く上での注意点。かなり多くきついので体には要注意。

残業60時間超えの場合の残業代や働く上での注意点。かなり多くきついので体には要注意。

残業60時間を超えるというのは、平均的に見てもかなり多い残業時間。 実際働いてみると1ヶ月でもかなりきつい残業・・・

祝日や土曜日などの会社休日に出勤した場合の手当はどうなる?

祝日や土曜日などの会社休日に出勤した場合の手当はどうなる?

祝日や土曜日などの会社休日。せっかくの休みですからしっかり休みたいところです、やむを得ず出勤せざるを得なくなっ・・・

昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならやっぱり転職?

昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならやっぱり転職?

昇進して管理職になれる人は一部。 仕事で成果を上げそれが認められた人であり、長く働いていれば皆が昇進できるとい・・・

営業に多い歩合制の問題点や最低賃金との関係。完全歩合制は違法?

営業に多い歩合制の問題点や最低時給との関係。完全歩合制は違法?

転職活動をしていると、給与体系が歩合制となっている仕事がよく目につきます。 特に営業職に多いですよね。 この歩・・・

転職時の求人で年齢制限が違法となる場合、違法とならない場合

転職時の求人で年齢制限が違法となる場合、違法とならない場合

転職しようと求人広告を見ていると、○○歳未満といった年齢制限を目にすることがあるでしょう。 年齢の区切りとして・・・

労働時間が7時間45分の場合と8時間の場合の働き方の違い

労働時間が7時間45分の場合と8時間の場合の働き方の違い

各企業によって所定労働時間は異なり、1日8時間と設定している企業もあれば1日7時間45分と設定している企業もあ・・・

完全週休二日制なはずなのに嘘だった!そんな時、あなたならどうする?

完全週休二日制なはずなのに嘘だった!そんな時、あなたならどうする?

休みが少ないという理由から転職する人は多いでしょうし、次に働く会社の条件として最低限完全週休二日制であることを・・・

完全週休二日制は祝日も休みではないので注意。年間休日も最低だとたった105日しかない

完全週休二日制は祝日も休みではないので注意。年間休日も最低だとたった105日しかない

休みが多いか少ないかというのは仕事を選ぶ上でかなり重要ですよね。誰だってできるだけ休みは多い方が良いと思います・・・

このページの先頭へ