「働き方」の記事一覧(2 / 4ページ)

残業が多くて辛いというのは甘えではない。自分に合わないなら早めに転職するのがベスト。

残業が多くて辛いというのは甘えではない。自分に合わないなら早めに転職するのがベスト。

残業が多いか少ないかというのは、労働者にとってかなり重要なことです。 仕事が楽しくて仕方がない、できる限りたく・・・

大企業ならではの仕事での辛いこと。大企業だから幸せなんてことはない。

大企業ならではの仕事での辛いこと。大企業だから幸せなんてことはない。

就職市場にしろ転職市場にしろ、大企業はやはり人気があり、それこそ一部上場企業への入社はかなり難関です。まあ確か・・・

風邪、体調不良でも仕事を休めない理由。あまりに休みが取れない会社は辞めたほうがいい。

風邪、体調不良でも仕事を休めない理由。あまりに休みが取れない会社は辞めたほうがいい。

何年も毎日働いていれば、風邪をひくことだってあるし、体調不良で家で寝ていたい時だってあります。家庭の事情で休ま・・・

ジョブホッパーは悪いことではない。意味ある転職には価値がある

ジョブホッパーは悪いことではない。意味ある転職には価値がある

入社3年以内の離職率は大卒者でも3割以上ありますし、3年を超えてから経験者として転職する人もかなりの割合いて、・・・

仕事から帰って寝るだけ、休日に寝るだけの生活は早く抜け出したほうが良い。息抜きができない状態は危ない

仕事から帰って寝るだけ、休日に寝るだけの生活は早く抜け出したほうが良い。息抜きができない状態は危ない

残業も長くて平日は帰っても寝るだけになっている。1週間の疲れが溜まっていて休日は寝るだけになっている。 そうな・・・

上司からのサービス残業の強要は当然違法。絶対にさっさと転職したほうが良い

上司からのサービス残業の強要は当然違法。絶対にさっさと転職したほうが良い

サービス残業は違法。そんなことは誰もがわかっているでしょう。 しかし、残念なことに多くの会社でサービス残業が行・・・

正社員になりたくない、正社員として働くのが怖いという人に知ってもらいたいこと

正社員になりたくない、正社員として働くのが怖いという人に知ってもらいたいこと

難しい人間関係、重たい責任、長い労働時間。自由もなくなるし精神的にもつらくなる。 こういった理由から正社員にな・・・

残業20時間はかなり少ないほう。それでも多いと感じたらどうすればいい?

残業20時間はかなり少ないほう。それでも多いと感じたらどうすればいい?

残業20時間と聞くと、残業時間を多い感じますか?それとも少ないと感じますか? 先日、たまたま友人が残業20時間・・・

残業30時間は多いほう?少ないほう?残業代はどの程度になる?

残業30時間は多いほう?少ないほう?残業代はどの程度になる?

残業時間が月50時間、60時間ともなるとほとんどの人が多いと感じるようになりますが、残業30時間となると意見は・・・

週一休み、年間休日100日未満はかなりきつい。疲れがとれないと感じたら転職も考えよう。

週一休み、年間休日100日未満はかなりきつい。疲れがとれないと感じたら転職も考えよう。

会社によって休みの日数は異なり、土日祝日休みの会社、土日に加えて夏季、冬季に長期連休のある会社、日曜日しか休み・・・

毎日残業で21時、22時過ぎることが当たり前。やっぱりきついし転職を考えてもいいんじゃない?

毎日残業で21時、22時過ぎることが当たり前。やっぱりきついし転職を考えてもいいんじゃない?

サービス残業は問題外ですが、しっかり残業代を貰えるのであれば給料の面を考えると残業が多いことはありがたいことか・・・

三交代制の工場勤務で夜勤あり。もし体がしんどいと思ったら、転職を考えたほうがいいかも

三交代制の工場勤務で夜勤あり。もし体がしんどいと思ったら、転職を考えたほうがいいかも

製造業の工場勤務や24時間営業の小売業、看護師などの医療関係などでは、誰かは深夜も働かなければならない為、三交・・・

仕事で10連勤以上はかなりきつい。当然のようにさせる会社は辞めて転職したほうが良い。

仕事で10連勤以上はかなりきつい。当然のようにさせる会社は辞めて転職したほうが良い。

仕事が忙しくなってくると、残業が増え、休日出勤もしなくてはならないという人も多いはず。 中には土日どっちも休日・・・

毎日残業で終電帰りばかり。その仕事で働き続けて大丈夫?

毎日残業で終電帰りばかり。その仕事で働き続けて大丈夫?

一般的な会社の定時は17時か18時。多少残業しても終電帰りになるなんてことをそうはないはず。 しかし、終電に乗・・・

残業45時間以上が続いているなら失業保険はすぐに貰える!体を壊す前に退職してしまおう

残業45時間以上が続いているなら失業保険はすぐに貰える!体を壊す前に退職してしまおう

残業45時間というのは、決して少ない数字ではありません。 100時間以上の残業など、極端な例に注目されますが、・・・

このページの先頭へ