キャリアアップ転職の失敗事例、後悔しない為に気を付けるべきポイントは?

キャリアアップ転職の失敗事例、後悔しない為に気を付けるべきポイントは?

キャリアアップを目指す場合に「転職」は非常に有効的な手段。

年収アップにしろ、仕事の幅を広げるにしろ、一つの会社にとどまり続けることでは実現困難なことを可能にしてくれます。

実際、転職を何度か繰り返すことによってどんどんキャリアアップしていった人というのも少なくありませんし、高収入を得ている人の多くは転職を経験しています。

ただその一方で失敗して転職したことを後悔している人も少なくはないというのは忘れてはいけない事実。

全員がキャリアアップに成功しているわけではありません。

そこで今回はキャリアアップ転職での失敗事例を紹介していきます。

同じような失敗をおかさない為、より転職成功確率を上げる為、これから転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

 

キャリアアップの為に転職したのにキャリアダウン

年収をアップさせる、仕事の幅を広げる、さらにスキルを磨く、規模の大きい仕事に携わるなどを目的として行うキャリアアップ転職。

現状に甘んじずさらに自分を成長させようと考えるのは非常に良いことです。

ただせっかくキャリアアップの為に転職したのに、選択を間違えて結局キャリアダウンという真逆の方向に進んでしまう人も少なからずいます。

年収アップを目指したら年収ダウン。期待していたものと違って短期離職。

転職はキャリアアップと同時にキャリアダウンの可能性を秘めているのです。

失敗することを過剰に恐れる必要はありません。極端に失敗を意識してしまい最初から転職するという選択肢を持っていない人も多いですが、それでは大きなチャンスを逃してしまっています。

ただ逆に成功する、上手くいくと決めつけてしまっているのもNG。現実を見ず、やるべきことをやらずに踏み切ってしまうことによって、キャリアアップ転職失敗の可能性は格段に上がります。

だからこそ成功・失敗を極端に意識するのではなく、どちらも実際にあるもの、自分に起こりうるものとして、あらかじめ把握しておくことが大切です。

キャリアアップ転職の失敗事例

では実際にキャリアアップを目指して転職したのに失敗してしまった人はどういった転職をしてしまったのでしょうか。

ここで紹介するのはよくある失敗事例ですので、ぜひ自分ごととして考えてみてください。

目先の年収アップに捉われて

キャリアアップの為に一時的に年収ダウンを受け入れる人はいるものの、たいていの人は年収アップを希望します。

ただ年収アップを期待して転職したのに実際に転職してみると年収ダウンしてしまうというのは少なからずあること。

基本的に転職直後はたいてい年収アップするでしょう。提示された年収額が満足できるものでないなら転職しなければ良いだけですからね。

ただ問題は2年目以降です。

  • ボーナス激減で年収ダウン
  • 昇給が少なく数年後には前職の方が年収が上
  • 歩合制で年収が安定しない
  • 成果主義で評価が悪く年収ダウン

こういった理由から、結果を見ると前の会社にいた方が年収は多かったなんてことになってしまうこともあるので、目先の年収に捉われすぎてしまうと痛い目を見ます。

また年収アップが実現できてもそれで良しとはならない場合も多いです。

給与が高くなった分責任が重くなったり仕事の難易度が上がって精神的なストレスが増大してしまったり、残業が大幅に増えて身体的負担が増えてしまったことによって、転職しなければ良かったと思ってしまう人も一定層います。

転職後に会社の経営が悪化

せっかく希望通りの会社に希望通りの条件で転職できたとしても、その会社の経営が転職後に悪化してしまうと事態は一変してしまいます。

大手であれば数年程度の赤字でもなんとかなるものの、中堅企業・中小企業だと急激な経営悪化によってあっという間に倒産というのもありえます。

経営悪化になればボーナスは当然下げられ、仕事の面でも自由が利かなくなりチャレンジすることができなくなったり、最悪給与未払い等のトラブルに巻き込まれてしまいますからなんとしても避けたいところです。

成長すると思ってベンチャー企業へ転職

20代から30代前半の若い層に多いのがベンチャー企業へ転職して失敗するパターン。

成長できそう、実力次第で年収も上がるといった安易なイメージから転職に踏み切ってしまい後悔する人が後をたちません。

  • 仕事内容が思っていたよりも低レベル
  • サービス残業等、労働基準法無視の労働環境
  • ワンマン社長によるワンマン経営
  • 尊敬できる人が全然いない
  • 裁量がある分、精神的ストレスが増大

こういった理由から、キャリアアップを目指してベンチャー企業へ転職してしまったことを後悔しています。

もちろんベンチャー企業の中には大企業ではできないことができ、非常にやりがいを感じながら働くことができる会社もあります。

ただそんな会社ばかりではないということに要注意。イメージと全く違う会社もたくさんありますから、ベンチャーという響きに騙されてはいけません。

労働環境による問題で

労働環境による問題で転職に失敗し短期離職してしまうという人も少なくありません。

  • 上司・同僚などの人間関係がうまくいかない
  • 仕事のやり方に馴染めず活躍できない
  • 残業や休日出勤の増加

どれだけ高い年収を得ることができても、どれだけ意に沿った仕事ができても、どれだけ成長できそうな状況下であっても、こういった問題があるとそれだけで耐えきれずに退職することになってしまう要因になります。

キャリアアップを強く意識しすぎてしまう人は収入や仕事内容ばかりを注視してしまいがちですので、とりわけ注意が必要です。

仕事に対する意識の低下

意外に多いのが、転職したことに満足して仕事に対する意識が低下してしまうパターン。

転職前はキャリアアップに向けて高い意識を持っていたのが、いざ希望通りの転職先が決まるとそれに満足してしまって仕事に力をいれることができなくなってしまう人が少なくありません。

転職先が決まることはあくまでスタートライン。

キャリアアップはまだまだこの先もしていけるのに、気が抜けて可能性を潰すことになってしまっています。

中には転職活動自体が上手くいったのに転職先で仕事に前向きに取り組めず、結局それが原因で人間関係悪化等を引き起こして辞めてしまうことになるという人もいます。

転職して後悔しない為に

転職に失敗して出戻り転職をできる人はごくわずか。

ほとんどの人は一度転職してしまえばもう後戻りすることはできません。

だからこそ避けなくてはいけない転職での後悔。

ただ今回紹介したような失敗は、転職前に気を付けていれば十分避けられる失敗です。

これから転職活動に臨む人はしっかり準備をし、勝手なイメージに惑わされずに正しい知識を持って転職活動の望みましょう。

キャリアアップ転職を目指すなら転職エージェントの利用が必須

キャリアアップ転職を目指すのであれば転職エージェントは必ず利用するようにしてください。

転職エージェントを利用することによって可能な、好条件である非公開求人への応募や年収交渉といったことはキャリアアップする為に必要なことだからです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ