キャリア採用の意味や考え方。転職したからこそ得られるものもある

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

キャリア採用の意味や考え方。転職したからこそ得られるものもある

年々、転職市場は活発化しており、転職者は増加傾向にあります。

転職は企業にとっても、労働者にとってもメリットのあることであり、活発化することは非常に良いことであると思います。

終身雇用制度が普及してきた日本において、少し昔前までは転職がネガティブなものであると考えている人が多かったのですが、現在はそういった考え方を持っている人も少なくなってきました。

今回はそんな転職の中でもキャリア採用というものについて紹介していきます。

関連;中途採用とは?新卒、第二新卒、キャリア採用のそれぞれの定義や求められる能力

関連;中途採用枠で転職すると出世できないというのは本当?

キャリア採用とは

転職市場において、中途採用者は今回紹介するキャリア採用以外にも未経験者採用、第二新卒採用といったものがあります。

ここではキャリア採用の意味や目的について紹介していきます。

ちなみに未経験者採用はその名の通り未経験者を対象としたものであり、第二新卒採用とは新卒入社3年以内の若年層を対象としたものになります。

キャリア採用の意味

キャリア採用とは、経験者採用と同じ意味を持ち、企業が求めている職種で一定の経験、スキルを持った人を対象に採用を行うことを言います。

求人情報を見ていると、求める人材として特定のスキルや経験を有していることを応募条件に挙げているのを見たことがあると思いますが、それがキャリア採用に該当します。

キャリア採用と一言で言っても求められる能力、経験については様々。それぞれにおいて以下のように分かれます。

条件面の違い

プログラミングで言うと、言語を指定し実務経験3年以上という条件であったり、開発職で言うと特定の分野における開発経験が3年以上といった、かなり狭い範囲で人材を募集している場合があります。

その一方でプログラミングは言語を問われない、実務経験は必要だが年数は問わない、開発職であっても実務経験は必要だが分野は問わないといったような、該当する人が多数いる広い範囲で人材を募集している場合もあります。

双方キャリア採用であることには変わりませんが、求められていることは全然違います。

必須とあれば望ましいの違い

スキル面においても、必須とされている場合と、あれば望ましいとされている場合があります。

必須とされているものに関しては、当然それがなければ応募したところで受かる可能性はありませんが、あれば望ましいとされているものであればなくても受かる可能性があります。

ただ、あれば望ましいとされているものがない時点で、持っている人に比べれば劣っているので、その他の面で逆転しなくてはなりません。

なぜ企業は全てを必須としないかと言うと、全てを必須としてしまうとかなり人材が限られてしまい、応募が少なくなってしまったり、下手したら誰も応募して来ない可能性がある為です。

その為、割と多くの人が該当することを必須能力とし、該当する人が少ない能力をあれば望ましいとされていることが多いです。

キャリア採用の目的、考え方

企業にとってみれば、全く経験がない人とすでに経験を積んでスキルを身につけた人であれば後者の人を採用したいと考えるのは当然です。

なぜなら、未経験の人だと入社後の教育にお金も時間もかかってしまい、利益を生み出す社員になるまで待たなくてはなりませんが、すでに経験がある人であればすぐ利益を生み出してくれる為です。

キャリア採用は人材を育てるのではなく、即戦力として会社に利益を生み出す人材に働いてもらうということが目的になります。

しかも求めている能力に対して近ければ近いほど、即戦力になりうる人材です。

ただ、それでも全ての企業がキャリア採用をするのではなく、未経験者採用を行ったり、キャリア採用とは言ってもかなり広範囲で人材を募集している場合もあります。

その理由は、あまりに能力を狭めてしまうと該当する人が少なくなってしまい、応募してくる人が少なくなってしまう為です。

もしも能力面を見ているだけなら少なくなっても1人さえ来てもらえばいいかもしれません。

ただキャリア採用だからと言って能力面だけが重視されるわけではなく、人間性、熱意といった部分も同様に重視される部分なので、条件面は緩め募集を増やすようにしているのです。

ただ人気のある大企業であったり、人気のある職種の場合だとかなり条件面を狭めても応募してくる人数はそれなりに多くなります。

それ故、特別人気のある大企業に転職しようと思った場合、未経験で入社できる可能性はほぼなく、かなり限られたスキルを保有していることが必要になります。

キャリア採用による転職によって得られるもの

転職する場合、職種を変えて未経験職種にチャレンジするか、それともこれまでの経験を生かしてキャリア採用で転職するかを悩む人もいるでしょう。

また、仕事内容が一緒ならばわざわざ転職する必要はないと考える人もいるかもしれません。

ただ、キャリア採用における得られるものは色々とあるのです。

年収アップ

キャリア採用の場合は未経験者採用や第二新卒採用に比べて年収アップする可能性が非常に高くなります。

すでに経験ある人がキャリア採用で転職する場合、同じ仕事内容なのにわざわざ年収ダウンしてまで転職するという人はあまりいません。

特に求められている能力と自分の能力が一致すれば一致するほどに企業にとってみると貴重で何としてもほしい人材となるので、高い年収を提示される可能性が高くなります。

ちなみに一度も転職を経験したことがない人と一度転職を経験した人では、後者のほうが平均年収は高くなります。

同じ会社にいても昇給が少ない以上、年収アップする為には転職することが非常に重要になってくるのです。

労働条件の改善

年収同様、労働条件の改善も見込まれます。

転職する会社は自分で選べるわけですから、今よりも良くなるところに転職することは十分可能です。

自分自身の成長

現在の仕事に対する不満として、自分自身の成長を感じることができないということを挙げる人は少なくありません。

同じ会社で働いているとどうしてもマンネリ化してしまいがちで、会社自体もできることをさせたほうが効率が良いので徐々に新しいことにチャレンジすることも少なくなってしまいます。

転職すれば良くも悪くも新たな環境。同様の仕事をすることになるキャリア採用であっても、違う部分は絶対にあり、自然とチャレンジすることができるようになります。

実際、転職して良かったこととして自分自身の成長につながったということを挙げる人は少なくありません。

キャリア採用で転職する場合の注意点

最後にキャリア採用で転職する場合の注意点を紹介します。

転職時に持つべき意識

キャリア採用する企業は、転職者に対して即戦力であることを願っています。入社してから勉強する、精一杯頑張りますということは求めていません。

もちろん、入社して次の日からばりばり仕事ができるかというとそんな人はごく稀でほとんどの人はある程度時間もかかるし、そのことを会社も理解しています。

ただキャリア採用される以上は、現在の能力に自信を持ち、即戦力として貢献する、そして足りない部分、自分が持っていない部分はどんどん吸収するという意識を持つことが必要です。

改善されない部分、悪化する部分

労働条件面や働き方に関していてば、すべてがよくなることはありません。

良くなる部分もあれば悪くなる部分ということは覚悟しておきましょう。

例えば休日数が増えたけど毎日の残業時間は増えた、年収は増えたけど仕事量は増えて忙しくなったといったことがありえます。

環境に慣れることの難しさ

新卒で入社した頃は同じ年齢の同期入社の友人もいて、職場も新入社員という目で見てくれているのでいいのですが、中途採用で入社すると同期もいないし、新入社員ではない以上多少は厳しい視点でみられることになります。

そういった環境に慣れていくことはやはり大変なことです。

慣れない環境でしばらく働くことになるという覚悟、自分から馴染んでいくようにする努力はやはり必要でしょう。

ただ、受け入れる側も転職者を敵として見ているわけではありませんから、過剰に恐れる必要はありません。

キャリア採用に向けた動き方

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連;転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連;給料は上がらないから辞めるのはいい判断かも。年収なんて会社次第だから転職しかない



このページの先頭へ