転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

転職では、キャリアの一貫性が重要視されることが多いです。

キャリアアップを目的に転職する場合、これまでのキャリア、そして今後のキャリアについて一貫性があり、そして説得力のある理由を持たなければいけません。

転職しようと考えているならば、今一度キャリアアップについて考えてみましょう。

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

スポンサーリンク

キャリアアップの考え方

キャリアアップは転職理由として。前向きなりゆうとして使いやすい為、非常によく使われます。

ただ、安易に使うのではなく、しっかりキャリアアップとは何かについて考えなくてはなりません。

キャリアアップとは

キャリアアップとは、その名の通り、自分の経歴(キャリア)を向上するという意味を持っています。

キャリアアップを考えた時、転職をイメージする人もが多いですが、キャリアアップする方法は転職だけではありません。

同じ会社でも出世、部署移動といったものでもキャリアアップであると考えることができます。

スキルアップとの違い

キャリアアップはよく、スキルアップと混同されがちです。

キャリアアップが経歴を向上させるものに対して、スキルアップは、技術や能力をアップさせることです。

例えば資格取得なんかはスキルアップに該当します。

しかし、そのスキルアップをもとにキャリアアップする人が多くいます。

キャリアアップの種類

キャリアアップといっても、様々な種類があります。

年収アップ、役職アップ、安定性アップなどがあります。

いくつか例を紹介してみましょう。

大企業の課長から中小企業の部長へ

企業規模としては小さくなったものの、役職が課長から部長へ。

任される仕事の幅も広がり、年収アップを実現。

中小企業から大企業へ

同業種の中小企業から大企業へ転職。

年収アップ、労働条件向上を実現。

転職によって上流工程に

営業から企画へ、プログラマからSEへといった上流工程への職種を変更。

非正規社員から正社員に

派遣社員、契約社員といった非正規社員から正社員に。

年収、雇用安定性がアップ。

より年収の高い業界へ

同職種ながら平均年収が低いと言われている業界から平均年収の高い業界へ転職。

実際に年収アップを実現。

キャリアアップは曖昧

いくつかキャリアアップの例をあげてみましたが、人によってはキャリアダウンであると思うこともありえます。

例えば、大企業から中小企業へ転職の場合だと、たとえ年収アップ、役職アップを伴っていたとしても、キャリアダウンと考える人もいます。

キャリアアップはなんとも曖昧であり、大切なのは自分がどう考えるかということになります。

スポンサーリンク

転職におけるキャリアアップの考え方

キャリアアップの転職を考えた場合、どういったキャリアアップであるのかということは明確にしなければなりません。

特に具体性と一貫性は重要になります。

キャリアの具体性

キャリアを考える時、スキルも同時に考えなくてはなりません。

どういった能力を身につけたから、どういったキャリアアップをしたいといった関係がなくてはいけません。

資格取得に限らず、前職での経験によって身につけた能力によって、どういった面で貢献できるのかということを具体的にする必要があります。

キャリアの一貫性

これまでのキャリア、これからのキャリアがどのように繋っているのかということも非常に大切となります。

一貫性には幅を広げる場合と、深める場合の2通りがあります。

幅を広げる

幅を広げるというのは、様々なスキルを身につけてできる仕事を増やしていくということです。

仕事には様々なスキルが必要となります。

特に、高年収な仕事ほど、多くの複雑なスキルを必要とします。

また、役職が上になればなるほど、多くの知識が必要になります。

できる仕事の幅を広げ、貴重な人材となりキャリアアップに繋げるということになります。

これから就きたいと思っている仕事に必要となる能力はどういったもので、それらの能力を身につける為にどういう経験を積んできたのかということが重要になります。

深める

スキルには幅を広げるのではなく、深めるという方法もあります。

ある特定のスキルについて、普通の人よりも深い知識、卓越した技術を持つことを指します。

スキルを深め、人と違う能力を持つことで貴重な人材となり、キャリアアップにつなげるという形になります。

スキルを深める為に、どのような仕事をどのように行ってきたかということが重要になります。

転職で重要なこと

転職では、なぜ転職したいと思っているか、転職して何がしたいかということに、根拠を持たせ、相手に納得してもらう必要があります。

その為、これまでのキャリアと、これからのキャリアについて、幅を広げる、そして深めるという観点からしっかり考え、説明できるようにしなくてはいけません。

キャリアアップを目的としているにも関わらず、自分のキャリアについてしっかり話せないようではどうしようもありません。

それができないと、成長が見込めない、すぐ辞める可能性があると思われてしまう可能性があります。

仕事生活にむけて

キャリアアップしたいと思っているならば、キャリアについて考えることは、転職活動で受かる為に必要なだけではありません。

何よりも自分の今後をしっかりしたものにする為にも、必要なことです。

転職を考えているにしろ、考えていないにしろ、一度色々な仕事について調べ、自分のキャリアについて考えてみるといいでしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

関連:隠れ優良企業はどう見つければいい?転職を成功させるには企業選びが最重要

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ