転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

転職では、キャリアの一貫性が重要視されることが多いです。

キャリアアップを目的に転職する場合、これまでのキャリア、そして今後のキャリアについて一貫性があり、そして説得力のある理由を持たなければいけません。

転職しようと考えているならば、今一度キャリアアップについて考えてみましょう。

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

スポンサーリンク

キャリアアップの考え方

キャリアアップは転職理由として。前向きなりゆうとして使いやすい為、非常によく使われます。

ただ、安易に使うのではなく、しっかりキャリアアップとは何かについて考えなくてはなりません。

キャリアアップとは

キャリアアップとは、その名の通り、自分の経歴(キャリア)を向上するという意味を持っています。

キャリアアップを考えた時、転職をイメージする人もが多いですが、キャリアアップする方法は転職だけではありません。

同じ会社でも出世、部署移動といったものでもキャリアアップであると考えることができます。

スキルアップとの違い

キャリアアップはよく、スキルアップと混同されがちです。

キャリアアップが経歴を向上させるものに対して、スキルアップは、技術や能力をアップさせることです。

例えば資格取得なんかはスキルアップに該当します。

しかし、そのスキルアップをもとにキャリアアップする人が多くいます。

キャリアアップの種類

キャリアアップといっても、様々な種類があります。

年収アップ、役職アップ、安定性アップなどがあります。

いくつか例を紹介してみましょう。

大企業の課長から中小企業の部長へ

企業規模としては小さくなったものの、役職が課長から部長へ。

任される仕事の幅も広がり、年収アップを実現。

中小企業から大企業へ

同業種の中小企業から大企業へ転職。

年収アップ、労働条件向上を実現。

転職によって上流工程に

営業から企画へ、プログラマからSEへといった上流工程への職種を変更。

非正規社員から正社員に

派遣社員、契約社員といった非正規社員から正社員に。

年収、雇用安定性がアップ。

より年収の高い業界へ

同職種ながら平均年収が低いと言われている業界から平均年収の高い業界へ転職。

実際に年収アップを実現。

キャリアアップは曖昧

いくつかキャリアアップの例をあげてみましたが、人によってはキャリアダウンであると思うこともありえます。

例えば、大企業から中小企業へ転職の場合だと、たとえ年収アップ、役職アップを伴っていたとしても、キャリアダウンと考える人もいます。

キャリアアップはなんとも曖昧であり、大切なのは自分がどう考えるかということになります。

スポンサーリンク

 

転職におけるキャリアアップの考え方

キャリアアップの転職を考えた場合、どういったキャリアアップであるのかということは明確にしなければなりません。

特に具体性と一貫性は重要になります。

キャリアの具体性

キャリアを考える時、スキルも同時に考えなくてはなりません。

どういった能力を身につけたから、どういったキャリアアップをしたいといった関係がなくてはいけません。

資格取得に限らず、前職での経験によって身につけた能力によって、どういった面で貢献できるのかということを具体的にする必要があります。

キャリアの一貫性

これまでのキャリア、これからのキャリアがどのように繋っているのかということも非常に大切となります。

一貫性には幅を広げる場合と、深める場合の2通りがあります。

幅を広げる

幅を広げるというのは、様々なスキルを身につけてできる仕事を増やしていくということです。

仕事には様々なスキルが必要となります。

特に、高年収な仕事ほど、多くの複雑なスキルを必要とします。

また、役職が上になればなるほど、多くの知識が必要になります。

できる仕事の幅を広げ、貴重な人材となりキャリアアップに繋げるということになります。

これから就きたいと思っている仕事に必要となる能力はどういったもので、それらの能力を身につける為にどういう経験を積んできたのかということが重要になります。

深める

スキルには幅を広げるのではなく、深めるという方法もあります。

ある特定のスキルについて、普通の人よりも深い知識、卓越した技術を持つことを指します。

スキルを深め、人と違う能力を持つことで貴重な人材となり、キャリアアップにつなげるという形になります。

スキルを深める為に、どのような仕事をどのように行ってきたかということが重要になります。

転職で重要なこと

転職では、なぜ転職したいと思っているか、転職して何がしたいかということに、根拠を持たせ、相手に納得してもらう必要があります。

その為、これまでのキャリアと、これからのキャリアについて、幅を広げる、そして深めるという観点からしっかり考え、説明できるようにしなくてはいけません。

キャリアアップを目的としているにも関わらず、自分のキャリアについてしっかり話せないようではどうしようもありません。

それができないと、成長が見込めない、すぐ辞める可能性があると思われてしまう可能性があります。

仕事生活にむけて

キャリアアップしたいと思っているならば、キャリアについて考えることは、転職活動で受かる為に必要なだけではありません。

何よりも自分の今後をしっかりしたものにする為にも、必要なことです。

転職を考えているにしろ、考えていないにしろ、一度色々な仕事について調べ、自分のキャリアについて考えてみるといいでしょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

関連:隠れ優良企業はどう見つければいい?転職を成功させるには企業選びが最重要

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ