カフェテリアプランとは?メリットや利用時の注意点。

カフェテリアプランとは?メリットや利用時の注意点。

福利厚生の一環として、カフェテリアプランというものを採用している企業があります。

近年、採用する企業が増えてきており、自分の会社にもある人も多いでしょうし、求人情報の福利厚生欄で見かけるという場合も多いでしょう。

そこで、今回はこのカフェテリアプランについて紹介します。

関連:福利厚生の重要性や充実している企業の探し方、選び方

関連:福利厚生とは?意味、目的や種類

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

カフェテリアプランとは

カフェテリアプランとは、企業が準備した様々な福利厚生の中から利用するものを各従業員が選ぶというものです。

際限なく利用できるわけではなく、従業員に対しポイントとして支給され、福利厚生を利用する際にポイントを使うという形になってます。

ポイントはほぼお金と同様であり、例えば1,000円分1ポイントとして利用したものの費用を負担してくれる形となっています。

カフェテリアプランのメリットは、企業、従業員双方にあります。

これまでは、大きなお金をかけて様々な福利厚生を設けているにも関わらず、利用する人が限られてしまい無駄になってしまうという問題がありました。

カフェテリアプランでは、従業員が自分を選んで福利厚生を利用する為、企業は費用を抑えることができ、従業員は自分の好きなものを利用できるというメリットがあります。

カフェテリアプランで与えられるポイントは各企業によって異なります。

少ないところだと年間1万円分のポイントだけですが、多いところだと年間10万円分以上のポイントを付与される企業もあります。

カフェテリアプランで利用可能な福利厚生の例

カフェテリアプランの中で選ぶことができる福利厚生の種類には様々なものがありあす。

いくつかその例を紹介しましょう。

医療、健康

  • 健康診断補助
  • スポーツクラブ費用補助
  • 健康・スポーツ用品補助
  • 施設利用料補助
  • 人間ドッグ補助
  • 歯科治療費用補助

介護、育児

  • 介護費用補助
  • 介護用品補助
  • 保育施設利用料補助
  • 介護積み立て

自己啓発

  • 資格取得費用補助
  • 語学学校利用補助「
  • スクール費用補助

生活

  • 旅行費用補助
  • 給食費補助
  • レジャー施設利用補助
  • レンタカー利用補助
  • 車検費用補助
  • 引っ越し費用補助
  • リフォーム費用補助

資産形成

  • 財形補助
  • 持ち株会補助

スポンサーリンク

カフェテリアプラン利用時の注意点

上記で紹介したものは一例であり、企業によって他にも様々な福利厚生が準備されている場合があります。

内容からわかるように、ほとんどお金と同様のものです。

わざわざ使おうとして使わなくても、旅行などの費用としても使えますから非常に使いやすいものとなっています。

もし、利用するものがどうしてもない場合には、財形に回すなど貯金することも可能である場合も多いです。

ただ、いくつか注意すべき点もあるので紹介します。

ポイントは消えてしまう

せっかくポイントを与えられても、もし使わずにほうっておくとそのポイントは失効してしまいます。

ほとんどの会社では1年で失効してしまいます。

これはせっかく貰うことができるお金を貰わないのと同様のことであり、非常にもったいないことです。

各企業によって申請方法などは異なりますが、ポイントは全部使うように心がけましょう。

税金がかかるもの、かからないものがある

カフェテリアプランのメニューの中には、課税扱いとなるものもあれば非課税扱いになるものもあります。

できることなら、非課税扱いのもので利用しておいたほうが得になります。

例えば、旅行費用補助として個人の旅行の費用分を現金として受け取った場合には課税対象となる為、税金が引かれた上で支給されることになります。

一方、給食費補助として社員食堂でかかる費用をポイントで利用する場合には非課税となったり、医療費も非課税となります。

領収書が必要

カフェテリアプランを利用して補助を受ける場合、領収書が必要となるこおがほとんどです。

ですから、利用しようとしているものがあるならば領収書は必ず貰うようにしましょう。

宛名は自分の名前でも良いことがほとんどですが、会社によっても様々なルールがあると思いますので、事前に確認するようにしてください。

スポンサーリンク

カフェテリアプランも重視すべき福利厚生

転職の際、住宅手当の有無や退職金の有無といったものは注目しがちですが、このカフェテリアプランというものをよくわかrずにおろそかにしがちです。

しかし、カフェテリアプランはお金と同様のものであり、あれば非常にありがたいですし、付与されるポイントの量によっても全然変わってきます。

最近はこのカフェテリアプランを導入している企業も増えていますから、転職の際には注意してみるようにしてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:中小企業や零細企業に転職する場合の注意点、企業の選び方、リスク

関連:住宅手当がでないのはかなり損!?住宅手当、社宅の概要や相場。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ