専業主婦の家庭で、夫は家事とか育児をどれくらい手伝えばいいのか。我が家では・・・・・。

専業主婦の家庭で、夫は家事とか育児をどれくらい手伝えばいいのか。我が家では・・・・・。

まず、言っておくことがありますが、私は、結婚しても嫁のことが大好きですし、娘のことがもっと大好きです。

ちなみに、娘は2歳。幼稚園はまだなので、まあ手のかかるお年頃です。まあむちゃくちゃ可愛いですけどね。

とりあえず、まあまあ幸せにやれています。

でもね、ふと思ったんですよ。

「あれっ、もう家事手伝うってレベル超えてない?」

そして、

「あれっ、もうこれって家事分担されちゃってない?」

そして、

「あれっ、俺の分担多くない?」

共働きであれば、家事はちょうど半分にすればいいと思うのですが、

嫁が専業主婦の場合ってどう考えればいいのでしょう。

関連:あなたの育児は大丈夫?「スマホで子守り」の悪影響

スポンサーリンク

夫(私)の生活

夫である私の生活はこんな感じ。

平日

AM6:30~AM7:00   起床、準備

AM7:00~PM7:00     会社に行く。

PM7:00~PM7:30        夜ご飯

PM7:30~PM8:30    子供を風呂に入れる等の育児。

PM8:30~PM9:00    子供の寝かしつけ

PM9:00~AM1:00        ブログを書きつつ、副業しつつ、皿洗いしつつ。

AM1:00~       おやすみなさい。

あらためてこう書きおこしてみると、テレビを見たり、ゲームをしたりっていう時間全然ないです。

まあこのブログは趣味として1日1,2時間くらいは使っていますが。

休日

AM7:30~AM8:00:起床、朝食準備。

AM8:00~AM9:00:朝食など。

AM9:00~AM12:00:洗濯、掃除、昼ご飯準備(外食の時もしばしば)。

PM12:00~PM1:00:昼ご飯。

PM1:00~PM5:00:ほぼ家族ででかけることが多い。

PM5:00~PM6:00:子供と遊ぶ。

PM6:00~PM7:00:子供と一緒に風呂や子供と一緒に夜ご飯。ようするに育児の時間。

PM7:00~PM8:30:子供と遊ぶ。

PM8:30~PM9:00:子供の寝かしつけ。

PM9:00~AM1:00:ブログを書きつつ、副業しつつ。

AM1:00~:おやすみなさい。

とりあえず、育児は楽しいです。

嫁の生活

嫁の生活はこんな感じ。昼間の詳細はわからないのでまとめて書いていますが。

平日

AM8:00~AM8:30:起床。

AM8:30~PM7:00:家事(洗濯、料理、掃除)、育児、買い物、子供の習い事、週に2回くらい主婦友達と遊んだりなどなど。

PM7:00~PM7:30:旦那の食事準備などなど。

PM7:30~PM12:00:嫁の自由時間  。

PM12:00~:おやすみなさい。

休日

AM7:30~AM8:00:起床。休日の食事は旦那の仕事。

AM8:00~AM9:00:朝食など。

AM9:00~AM12:00:子供と遊んだり、自由時間だったり。

PM12:00~PM1:00:昼ご飯。

PM1:00~PM5:00:ほぼ家族ででかけることが多い。

PM5:00~PM6:00:夜ご飯準備。

PM6:00~PM7:00:子供と一緒に風呂や子供と一緒に夜ご飯。ようするに育児の時間。これは夫婦2人で。

PM7:00~PM8:30:皿洗いなどの家事。

PM8:30~PM12:00:嫁の自由時間。  

PM12:00~:おやすみなさい。

まとめると

平日の家事、育児は、嫁:私=9:1

休日の家事、育児は、嫁:私=4:6

くらいってところですかね。

睡眠時間は私のほうが圧倒的に少ないんですが、自由時間は嫁が圧倒的に多いということに・・・。

なぜこんな分担に?

我が家はもともとは

夫である私は会社のみ、家事はしない。ごくたまに手伝う。

嫁は家事を全て。パートは週2、3時間程度。

まあよくある家庭なんじゃないでしょうか。

そんな状態から、何が起きたかというと

「出産」

これによって我が家は変貌をとげました。

正直、出産後もあまり手伝ってはいなかったのですが、ある時、嫁が高熱をだして寝込むという自体に。

とりあえず、会社を2日間休んで、看病and家事and育児をしたわけですよ。

そしたら、もうめちゃめちゃ大変

育児しながら、家事ってほんとに大変なんですね。ほんの数日ですが、身を持って知りました。

その結果、「家にいる時くらい、少しは手伝おう」と思い、家事を手伝ってあげるようになったわけです。

ここまでは、いいんですけど、

手伝うようになると、それが徐々に当たり前のようになり、

なんか徐々に数が増えていき、今に至るというわけです。

まあ、我が家はこんな感じですが、実際、どれくらい家事を手伝うのが正解なんでしょうか。

スポンサーリンク

どれくらい手伝うのが適切なのか

こんな記事を見つけました。

「家事の役割分担」は結婚生活に大影響:研究結果

ようやくすると・・・

・夫婦の家事分担の仕方が、結婚生活の満足度に大きな影響を与えている

・家事分担の仕方が夫婦均等でない場合、結婚生活の満足度に悪影響を及ぼす

・女性のほうが、役割がもっと平等でなければならないと感じている

ようするに家事分担は、同じくらいの負荷か、女性がちょっと軽いくらいがいいんじゃないかなって思います。

 

ただ、会社に行って仕事をすることをどう考えるかです。

私が考えるには、家事も会社生活も同等。どっちも大変なんですよ。

家事とか育児のほうが大変だとか、サラリーマンのほうが大変だとか、そんなこと言い合ったって何もいいことありません。

そのように考えた時、平等っていうのは、

自分の時間を同じくらい持てるようにするってことだと思うのです。

 

もちろん、家事は嫁のほうが効率がいいとかあるでしょうが、でもそれはしょうがないこと。

時間で考えましょう。夫が慣れて早くなってきたら、その時もう少し任せればいいだけです。

でも一番大切なのは、相手のことを理解し感謝すること

夫は妻に、以下の言葉を言ってはいけません。

・毎日、自由な時間があっていいね。⇒いいえ、ほとんどありません。

・誰が稼いでると思ってるんだ⇒誰が家事してると思ってるんですか

妻は夫に、以下の言葉を言ってはいけません。

・○○さんの旦那さんはもっと手伝ってる⇒人との比較はダメ

・休みの日くらい手伝ってよ⇒平日に遊んでる?いや、働いてるんです。

 

サラリーマンだって、主婦だって、大変です。

大変さに優劣はあるかもしれないですが、どちらも大変です。

お互いが、相手のほうが大変だと思ってあげ、感謝することが大事だと思います。

スポンサーリンク

じゃー我が家はどうするか

これまで、色々言ってきましたが、我が家の家事の分担は変わりません。

嫁が怖いのです。結局これが一番なのです。

まあ、これで仲良くやれているのならいいのかなと思います。

一応、お小遣いは多めにくれてます。

それでよしとします

関連:夫婦共働きの子育て。大変なことはたくさん。

関連:夫婦共働きで世帯年収1000万円と1人で年収1000万円、どっちが得?

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ