営業に多い歩合制の問題点や最低賃金との関係。完全歩合制は違法?

営業に多い歩合制の問題点や最低時給との関係。完全歩合制は違法?

転職活動をしていると、給与体系が歩合制となっている仕事がよく目につきます。

特に営業職に多いですよね。

この歩合制、正しく運用されていれば良いのですが必ずしもそうなってはいないのが現状。

ブラック企業で不適切に使われてしまい、労働者に対して不利益を生じてしまっている場合があるので注意が必要です。

関連:営業の仕事が合わずにストレスが限界に近づいている人は早めに転職を

関連:営業をやってて辛いこと、しんどいこと。辞めたいくらい悩んでいるなら転職したっていい

営業職に多い歩合制とは?

歩合制とは、予め給料が固定されているわけではなく、その人の成果に応じて給料が変動する給与体系です。

通常は1ヶ月○○万円という形で決まった給料が支払われる固定給制が多いですが、営業職だとこの歩合制を取り入れている場合が少なくありません。

歩合給の決まり方は会社によってそれぞれ。

その人個人の売り上げの○%という形になる場合もあれば、1件○○円という形の場合もあります。

歩合制の種類

歩合制と言っても種類があります。

固定給+歩合給

まず一つ目が固定給と歩合給を合わせたものです。

歩合制と呼ばれているもののほとんどはこの給与形態となるでしょう。

固定給があるので毎月最低限の給料は保証されていますし、残業があれば残業代も加算されます。

ただ歩合給がある前提の給与体系となっている為、もし成果を上げることができないと給料はかなり低くなってしまう場合が多いです。

完全歩合制

そしてもう一つが完全歩合制と言われる、固定給が一切ない形態。

固定給がないのでもし成果ゼロならば貰えるお金はゼロと厳しくなっています。

ただその反面、成果を高く上げると固定給のみの場合では絶対に貰えないようなお金を手にすることができる可能性もあるという魅力もあります。

歩合制と最低賃金の関係

歩合制で働く場合、最低賃金との関係についてはしっかり理解しておきましょう。

雇用関係がある場合、最低賃金は絶対に守らなくてはなりません。

現在の最低賃金は全国平均で848円、東京だと958円。

もし1日8時間、月22日稼働だとすると、東京では16万8608円は絶対に支払われる金額となり、残業があれば割り増しされた残業代が支払われなければなりません。

すなわち固定給はこれを下回ることは許されないし、賃金がゼロとなる可能性がある完全歩合制は雇用関係を結ぶ際に利用できません。

もし完全歩合制で雇用関係を結んでいるとなれば違法。

完全歩合制が使われるのは労働者ではなく、個人事業主として企業と契約を結ぶ場合のみとなります。

労働者ではないのでその会社で社会保険へ加入することはできないし、退職金もなければ福利厚生を利用することもできません。

歩合制の問題点

歩合制は場合によっては非常に良いメリットがあります。

個人の頑張りが給料に現れるので仕事に対するモチベーションアップにつながりますし、若くして年収1000万円以上を得る可能性もあります。

ただそのメリット以上にデメリットもあるので注意が必要です。

給料が安定しない

まず一つ目の問題点が給料が安定しない点、

その月に良い成果を上げることができたとしても、次の月に同様の成果を上げることができるとは限りません。

固定給の割合が高く、固定給分だけで生活を安定させることができれば良いのですが、歩合給部分が高くなればなるほど、毎月の給料の変動が大きくなってしまって生活に不安を覚えることが大きくなってしまいます。

人を集める為だけの道具にされる

求人票を見ていると歩合制の仕事が非常に魅力的にうつります。

20代で年収1000万円以上、入社3年目で年収2000万円以上だと書かれている場合もよくありますからね。

固定給で年収2000万円なんて固定給の会社ではほぼありえません。

ただこの数字は完全に信じるのはだめ。

そんなのはずば抜けて優秀な成果を上げることができる人だけで、実際に転職してみると手取りは20万円程度、年収300万円程度しか貰えなかったという人もたくさんいるのが現実です。

また中には実際にそんな成果を上げることができている人は存在していない、そもそもそんな成果を上げるのは不可能なのに単に人を集める為だけのアピール手段として使っている会社もあります。

実際に転職すると給料は低く、ノルマは厳しく、上司から毎日のように罵声を浴びせられるブラック企業だった。そんなことも少なくないのです。

無茶な働き方になり体を壊しやすくなる

ノルマがあることに加えて自分の給料に大きく関わってくる分、思ったように成果を上げることができないとつい長時間労働になってしまいがち。

限界を超えてまで働き続ける結果、体を壊してしまうリスクが高くなります。

それこそ毎日終電近くまで仕事をすることになってしまう場合も少なくないでしょう。

常にプレッシャーを感じ精神的負担が大きい

給料に関わる歩合制の仕事を続けることでの精神的な負担って大きいですよね。

上司からのプレッシャーだけでなく、給料が少なくなってしまうかもしれないプレッシャー。

その月は順調に成果を上げることができたとしても来月はどうなるかわからない。

こんな気持ちを持ちながら何年、何十年と働くのは相当大変なことです。

歩合制の会社に転職する場合は特に注意が必要

歩合制はメリットもある反面、デメリットも多々あります。

そして何より気を付けなくてはいけないのが、ブラック企業も多数紛れていること。

固定給の会社が完全に安心できるというわけでありませんが、歩合制の会社に転職を検討している場合はよく注意し、しっかり情報収集を行うようにしてください。

例えば固定給と歩合給の割合、会社自体の平均年収、離職率や平均年齢などから実情はどうなのか、ある程度はわかるはずです。

また転職活動を行う際には転職サイト、転職エージェントを利用することをおすすめします。

情報収集もしやすくなりますし、様々なサポートを受けることができるのでかなり手間を少なくできるでしょう。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。



このページの先頭へ